就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

後期つわりでも仕事を乗り切ろう!その症状や緩和方法を紹介

後期つわりでも仕事を乗り切ろう!その症状や緩和方法を紹介

つわりが続いていたり妊娠後期につわりがぶりかえしたりすると、仕事が続けられないのではと不安になることがあります。ここでは後期つわりの症状や仕事を続けるための注意点、つわりを緩和させる方法をご紹介します。知識を持ち、無理しすぎたり悲観的になったりせず、上手につわりに対処する助けになればと思います。

後期つわりに現れるさまざまなつらい症状

お腹が大きくなるにつれ吐き気が増す

妊娠後期のつわりは、医学的には妊娠初期のつわりとは違うものだといわれます。しかし症状としてはほとんど同じで、吐き気などの胃の不快症状が現れることが多いです。

妊娠初期のつわりの原因は、妊娠したときに増加するホルモンがその一つだといわれますが、つわりのない人もいるので、それだけが原因とはいえません。しかし、妊娠後期のつわりは原因がだいたいわかっているようです。

主な原因としては子宮が大きくなることです。お腹の赤ちゃんが成長し、子宮もそれに合わせて大きくなり、胃を圧迫するようになります。

胃が押さえられ、よく動かない状態で食事をすれば、あまり食べられない上にうまく消化できません。ですから胃に不快感を覚え、吐き気まで催すこともあるのです。

胃もたれや胃痛を感じることが多くなる

子宮が胃を押し上げるようになる妊娠後期には、胃もたれや胃痛を感じることがあります。先ほどご説明した胃が動かないことのほかに、妊娠中に多く分泌されるプロゲステロンというホルモンも消化機能を低下させる原因になるといわれます。

これらが原因で消化に時間がかかり胃液が増えたり、胃が持ち上げられたりして胃液が食道に逆流して胸やけを起こすことがあります。胃の粘膜も荒れてしまい、胃がきりきり痛むこともあるのです。

また、妊娠後期になると分泌されるオキシトシンというホルモンは、筋肉を収縮させる作用があり、胃痛の原因といわれます。初期のつわりが終わり食べ過ぎてしまっていたり、ずっとつわりが続いていて、胃が荒れていたりすることも原因かもしれません。

便秘になったり息切れや動悸の症状も

大きくなった子宮は腸も圧迫します。妊娠後期には子宮は縦36cm、横24cmほどになり、妊娠前の大きさの5~6倍ほど、重さは約20倍になるといわれています。

そのような大きさや重さで圧迫されれば、腸の動きが悪くなり、便秘になることがあるのもうなずけますよね。さらに、便秘は吐き気にもつながります。

動悸や息切れは、子宮が肺を圧迫したり、赤ちゃんをお腹に抱えることで血流量が増え、心臓に負担がかかっていたりすることが原因です。また、出産に向けての緊張や不安がストレスになっていることがあるかもしれません。

ただし、動悸、息切れ、そのほかに頭痛やむくみなどがひどい場合は、妊娠高血圧症候群の可能性もあります。気になる場合は早めに産婦人科で相談してくださいね。

後期つわり中に仕事を続ける注意点

時間に余裕を持ち、人混みを避ける

後期のつわりがつらくても、仕事を休むほどではないこともあります。しかし、お腹が大きくなると、いつもの調子で仕事ができないことが多いです。

そんなときに仕事で焦ってしまうと、気持ちにも余裕がなくなり体調がさらに悪くなってしまう場合があります。特に急いで歩くとつまずきやすいですし、お腹が張ってしまうこともあります。なるべく時間に余裕を持って、心身ともにゆったりと行動できるとよいですね。

満員電車での通勤は、押されるなど心配な要素がありますよね。つわりのときは人混みの匂いもつらいことが多いです。

早めに家を出たり遠回りでも座れる電車を選んだりして、極力混雑が少ない交通機関を利用した方が負担が少なくなります。マスクやエチケット袋を携帯すると安心ですよ。

楽な服装にし、こまめに休憩をとる

妊娠後期でつわりがあるときは、できれば職場でも、締め付けがないゆったりしたワンピースなどを着用すると楽ですよ。締め付けがない服であれば、子宮で圧迫されている体にさらに負担をかけずにすみ、体はもちろん気分的にもほっとします。

体を冷やすと、血行が悪くなり余計につわりの症状が出ることがありますし、赤ちゃんにもよいとはいえません。締め付けの少ないタイツなどで下半身を保護したり、カーディガンなどを持参したりして冷えないようにしましょう。

産休中、職場に迷惑がかからないように仕事を頑張る人もいるかもしれませんが、つわりを我慢しすぎると体調を崩してしまいかねません。妊娠中と割り切って、体調が悪いときは職場でもこまめに休憩がとれるとよいですね。

座り仕事を増やし、ストレスをためない

立ち仕事は、座り仕事よりも妊娠中の負担が大きいといえます。動悸や息切れがする場合、お客様への対応などで急に立ったり座ったりすると、立ちくらみを起こすことがあります。万が一転倒したら大変です。

立ちっぱなしだとお腹が張りやすく、赤ちゃんに影響がないか心配になりますよね。たくさん動いて疲れてくると、吐き気の症状が強く出ることもあります。

できればこの時期デスクワークをメインにしてもらう、こまめに座って休憩をとらせてもらうなど、無理のない範囲で仕事をしましょう。忙しいときでも落ち着いてゆっくりと動き、ヒールの高い靴を履くのは避けた方がよいですね。

家では家事をなるべくパパに代わってもらうなどして、よく休んで疲れやストレスをためないようにしましょう。

後期つわりを緩和させる方法とは

食事量を調整し、食間は水分を多くとらない

後期つわりで吐き気や胃もたれなどを感じるときは、一度にたくさん食べないことです。消化力が弱くなっている胃に多くの食べ物を入れるのは負担が大きく、吐き気がひどくなります。1日3回の食事を6回くらいに分けて、少しずつ食べると、胃が重くなりにくく症状が楽になることが多いです。

食事中は水分も少しずつとりましょう。食事中に水分を一緒にとると、胃液が薄まって食べ物を消化しにくくなるからです。また、胃が食べ物を消化している食後3時間くらいも、水分を一度にたくさんとらず、少しずつ胃に入れるようにしましょう。

職場では、ランチを少量ずつ2~3回に小分けにして持っていき、短めの休憩をこまめにとらせてもらいながら、少しずつよく噛んで食べられるとよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC