就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

結婚記念日を夫婦でお祝いしよう!覚えておきたい知識と過ごし方とは

結婚記念日を夫婦でお祝いしよう!覚えておきたい知識と過ごし方とは

新婚の頃は、「結婚記念日は必ずお祝いをしている」という方が多いでしょう。しかし、子どもが生まれると育児の忙しさを理由に、お祝いを忘れることがあるかもしれません。ここでは、いつまでも仲のよい夫婦でいられるように、結婚記念日についてや、記念日にどう過ごすとよいのかなどをご紹介します。

結婚記念日は夫婦にとって大切な日

結婚記念日の成り立ちを知ろう

最近では、結婚記念日には夫婦や家族みんなでお祝いをしている方も多いでしょう。しかし、日本で結婚記念日のお祝いが始まったのは明治になってからなのです。夫婦2人だけではなく家としての絆を大切にしていた日本では、結婚式や子どものお祝いなど、お祝いごとがあると夫婦だけでなく家族みんなでお祝いする習慣があったのでしょう。

結婚記念日をお祝いする習慣はイギリスから始まり、日本では初めて結婚記念日をお祝いしたのが明治天皇といわれています。明治27年に明治天皇が銀婚式をお祝いしたのがきっかけで、結婚記念日をお祝いする習慣が一般市民にも少しずつ広がりました。

結婚記念日のお祝いは、外国から伝わった素敵な習慣なのですね。

みんなはどんな日を結婚記念日にしている?

結婚したときは、「いつまでも結婚記念日を夫婦でお祝いしたい」と思いますよね。入籍した日と結婚式を挙げた日が違う夫婦の場合は、どちらを結婚記念日としてお祝いしているのでしょうか?ゼクシイのアンケートでは、70%くらいの方が入籍した日を結婚記念日としてお祝いしているという結果が出ました。

入籍をすると「結婚した」という実感がわくので、婚姻届を出した日を夫婦のスタートした日として記念日にしている方が多いのでしょう。結婚式を挙げた日に記念日のお祝いをしている方は14%いますよ。

そのほかの回答では、結婚式を挙げた日や入籍をした日など、1日にしぼらずにそれぞれの記念日をお祝いしている、付き合い始めた日を結婚記念日としてお祝いしているという方もいます。

結婚記念日のお祝いで夫婦の愛を確認!

新婚の頃は、結婚記念日を迎えるたびに「今日は結婚1年の記念日」などと、夫婦で食事をしたりプレゼントを贈ったりしている方も多いでしょう。しかし、子どもが生まれて子ども中心の生活になっていくと、「子どものお祝いはしても、結婚記念日のお祝いをしなくなった」という夫婦もたくさんいます。

記念日をお祝いすることで、お互いに「愛し合っている」と、気持ちを確認することができますよね。結婚生活が長く続くと一緒にいることが当たり前になってしまうので、新鮮さがなくなり相手を思いやる気持ちが少なくなることがあるかもしれません。

毎年ある記念日に「この人と結婚してよかった。いつもありがとう」と感謝できるとよいですよね。

1年ごとに名前がある結婚記念日の呼び方

5年目までは絆をはぐくむ柔らかい名前

銀婚式や金婚式は知っているという方が多いと思いますが、ほかにも、結婚記念日には年数によって素敵な名前があります。結婚5年目までの名前や意味を知ることで、記念日を迎えるまでの1年間を大切に過ごしましょう。

・結婚1周年は紙婚式
結婚してから1年の夫婦は、まだ白紙の状態でこれからが大切な年

・結婚2周年は藁婚式、綿婚式
2年目は身の丈に合った生活を心がけたほうがよい年

・結婚3周年は革婚式
夫婦の関係に慣れてきてよい反面、喧嘩も増える時期。革のように使うほど味が出る関係が大切

・結婚4周年は花婚式
夫婦の関係にも花が咲くような幸せを感じられるとよい

・結婚5周年は木婚式
1本の木のように何があっても安定した関係の2人でいられるように

年月を経ると硬いものや宝石の名前へと変化

結婚5年目までは年数を重ねていくたびに夫婦の絆を深めていけるように、柔らかい名前が多いのが特徴です。結婚5年を過ぎてからは、夫婦の絆を表すように硬いものや宝石の名前に変化していきます。

たとえば、結婚6年目は絆の固さを感じる鉄婚式という名前です。結婚5年目までとは違い、ささいなことでは夫婦の絆は崩れないことが名前から伝わってきますよね。

結婚30周年は真珠婚式、珊瑚婚式、ルビー婚式、サファイヤ婚式など、結婚生活が長くなるにつれてキラキラした名前が多いですよ。結婚60年は、宝石のなかでも高価なダイヤモンド婚式という素晴らしい名前が付けられているので、お祝いすることを目標にすると楽しいでしょう。

仲よし夫婦のまま目指したい銀婚式と金婚式

銀婚式と金婚式くらいは、家族みんなでお祝いしたいという夫婦も多いかもしれませんね。銀婚式と金婚式をただお祝いするのではなく、結婚した当時と変わらず仲のよい関係が続いていると素敵でしょう。

銀婚式は結婚25年、金婚式は結婚50年をお祝いします。最近では結婚した3組に1組が離婚しているという時代なので、何十年も夫婦でいられることだけでもすごいことなのかもしれません。

しかし、何十年も夫婦を続けるのであれば、仲がよいほうが幸せを感じながら生活できますよね。夫婦になることはとても素晴らしいことなので、結婚したときの気持ちのまま銀婚式と金婚式を迎えることを目標に、お互いを思いやり日々を大切に過ごしたいですね。

ママたちの結婚記念日の過ごし方

ホテルやレストランなど外食デートでお祝い

普段は子育てや家事に忙しいママですが、1年に一度の結婚記念日は夫婦のものなので、パパと2人で記念日をお祝いしてみてはいかがでしょうか。パパと2人で過ごすことで、付き合っていた頃のような新鮮な気持ちでお祝いできるとよいですよね。

パパと2人でお祝いしたいと考えている方は、外食デートが素敵でしょう。子どもが一緒だと外食も行けるところが限られますし、ゆっくり食事ができないことも多いですよね。ホテルやレストランなど、デート気分を味わえるところがおすすめですよ。

パパと2人で美味しい料理を食べながらゆっくり会話ができる貴重な時間なので、結婚生活を振り返りながら、日頃の感謝をお互いに伝えられるとよいですね。

お家で特別な食事を用意してお祝い

「子どもを預けられないので、外食デートに行くのは難しい」という方もいるでしょう。結婚記念日をお家でお祝いするのも素敵ですよ。

お家でお祝いする方は、特別な食事を用意してお祝いしてみてはいかがでしょうか。「手作り料理でお祝いしたい」という方は、コース料理やパーティー料理のように少し豪華な食材を使って、こだわりの料理でお祝いするとパパも喜んでくれるでしょう。

「子どもが小さいので、凝った料理が作れない」という方は、デパ地下やお取り寄せグルメなどで特別な食事を用意すると手間や時間がかからずに済みますよ。テーブルコーディネートや飾り付けなどをすると、お店に行ったような感覚でお家で記念日を過ごせそうですね。

お互いにプレゼントを贈ってお祝い

付き合っていた頃は記念日や誕生日、クリスマスなどにプレゼントをお互いに贈っていたという方が多いでしょう。しかし、結婚してから何年も経つと子どもにプレゼントを贈ることはあっても、夫婦でプレゼントを贈り合うことが減った気がしませんか?

結婚記念日はお互いに感謝を伝え合える日でもあるので、プレゼントを贈り合ってお祝いするのも素敵ですよ。プレゼントを買うときは「何を贈ると喜ぶかな?」と相手のことを考えながら選ぶので、お互いのことを考える時間が自然と増えますよね。

パパやママになるとプレゼントをもらう機会も減るので、結婚記念日だけは日頃の感謝を込めてプレゼントを贈るとよいでしょう。プレゼントと一緒に「いつもありがとう」と言葉で伝えることも大切ですよ。

まとめ

子育てに追われていると、結婚記念日のお祝いを忘れてしまうパパやママも多いでしょう。しかし、夫婦がいつまでも仲よしでいることは、子どもにとっても大切なことですよね。結婚記念日は夫婦がスタートした日でもあるので、毎年かかさずに記念日をお祝いしましょう。

銀婚式や金婚式を迎えるときに「今年はどうやって記念日を過ごす?」と、夫婦でお祝いすることが当たり前になっていられると素敵ですよね。結婚記念日を迎えるまでの1日1日を大切に過ごしましょう。
28 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj