就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の体重の平均値はどれくらい?新生児の体重変化と健康管理

新生児の体重の平均値はどれくらい?新生児の体重変化と健康管理

出産の入院中は産院でこまめに新生児の体重をはかってくれますが、退院をして自宅に戻ったあと、しっかり体重が増えているか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、月齢別の平均体重や簡単に体重をはかることができる方法、また、新生児の体重に関するさまざまな悩みなどについて調べてみました。

新生児の体重はどれくらい?1日の目安

1日にどれだけ体重は増えるのか

生まれてから4~5日の間は、生理的体重減少と呼ばれる現象により、出生時体重の約1割にあたる約200~300g体重が減ります。

これは、赤ちゃんの体内に蓄積されていたおしっこやうんちなどの排せつ物が外に出るためです。自然現象で、どの赤ちゃんにもおこることなので心配の必要はありませんよ。

生理的体重減少が終わった後は、生後2カ月までの間は毎日約20~40gずつ体重が増えていくといわれています。大体生後2週間ほどで出生時の体重に戻りますよ。

1カ月健診のときに出生児体重から700g~1kg増えているのが目安とされています。しかし、赤ちゃんによって個人差があり、必ずこの範囲内でないといけないということはないので心配しすぎないようにしましょう。

新生児の平均身長と平均体重

新生児期の平均身長と平均体重は次のとおりです。

<男の子> 身長:44.0~52.6cm/体重:2,100~3,760g
<女の子> 身長:44.0~52.0cm/体重:2,130~3,670g

新生児のころから男の子のほうが女の子よりも身長・体重ともに少しですが大きめなのが分かりますよね。当たり前のことですが、赤ちゃんによって身長や体重には個人差があります。

単胎だったのか多胎だったのかや、妊娠何週のときに生まれてきたのかなどによっても、この差はとても大きくなりますよ。

生まれてから少しずつ身長も体重も大きくなっていきます。赤ちゃんは日々すくすくと成長していくので、上記の数値はあくまでも参考としてみてくださいね。

1カ月健診時の体重はどれくらい

『1日にどれだけ体重は増えるのか』でもご紹介しましたが、生後1カ月健診時に出生時体重から700g~1kg増えていれば問題なしとされています。目安となる平均体重は次のとおりです。

<男の子> 3,000~5,170g
<女の子> 2,900~4,840g

この1カ月の間は急激に体重が増加するときでもあります。全体的にムチムチしてきて赤ちゃんらしい体型になってくる子も多いですよ。

新生児期と比べて、男の子も女の子も平均体重の差が大きくなっています。極端に体重増加が少なすぎなければ心配する必要はありません。体重という数値だけで成長しているかどうかを判断せず、発育曲線に添って大きくなっているかどうかをチェックするようにしましょうね。

睡眠、授乳などの生活サイクルと体重増加

新生児の生活サイクル

新生児の赤ちゃんはだいたい3時間おきに寝たり起きたりを繰り返します。1日の内16時間ほど寝ているといわれており、20時間ほど寝る子もいるそうです。また1日に8回程度授乳をおこないます。

おっぱいを吸うのが上手にできない子や、1回でたくさん飲めない子だと、授乳回数がもっと多くなることもありますよ。

「昼間はよく寝てくれるけど、夜になると寝てくれない」と悩んでいるママはいませんか?昼夜逆転現象といわれ、生後2カ月くらいまでの赤ちゃんによくみられます。

ママが疲れを感じていたり、不安を感じていたりするのが赤ちゃんに伝わって、泣いてしまうこともあります。ママが穏やかな気持ちでいると、赤ちゃんも穏やかな気持ちになって泣くことが少なくなるそうですよ。

体重測定のタイミング

ミルクだと1回に飲んだ量も分かりますが、母乳だとどれくらい飲んだのか確認することができません。飲んだ量を確認するためにも体重測定は大切になってきます。

しかし毎日測定するのはあまりよいこととはいえません。赤ちゃんによって増える体重はそれぞれです。1日に増える平均の体重より少ないと、「ちゃんと母乳が飲めていないのかもしれない」と心配しなくてもよい状況でも、不安になってしまうママもいます。

不要な心配をしないためにも、母乳を飲む量が安定してくるまでは1週間に1度測定するくらいで大丈夫ですよ。毎日の増加量ではなく、トータルでどのくらい増えたかを気にするようにしましょうね。測定する時間帯に特に決まりはありません。

体重が増えない場合の受診の目安

体重がなかなか増えなかったり、減ってしまったりしているときは、病院を受診したほうがよいでしょう。

・おっぱいやミルクを毎回勢いよく吐き出してしまう
・おしっこがあまり出ていない
・うんちの回数が少ない
・顔色がよくなく、機嫌も悪い
・あまり泣くことなく、いつも寝ているように感じる

しっかりおっぱいやミルクが飲めていて、おしっこやうんちが頻繁に出ていれば元気な証拠です。しかし上記のような症状があり、「何かおかしいかもしれない」と直感で感じたら、1カ月健診前でも病院で相談をするほうがよいかもしれません。

体重が少しずつしか増えていなくても、食欲や排せつがしっかりあり、機嫌がよければあまり心配しなくても大丈夫ですよ。

新生児の体重測定。ベビースケールは必要?

ベビースケールと普通の体重計の違い

普通の体重計は立った状態ではかりますが、ベビースケールは赤ちゃんを寝かせた状態ではかります。寝かせた状態ではかりやすいように乗せる部分が大きいものや、転がり落ちないように受け皿がしっかりしたものもあります。

普通の体重計は100g単位のものが多いですが、ベビースケールは最小表示単位が1~50g単位ではかれるものがほとんどです。最小単位が細かいものほど、授乳量をはかるときにとても役立ちます。また、より正確に赤ちゃんの体重をはかることも可能です。

受け皿を外すことができるタイプのものもあり、寝かせてはかることが難しくなっても、座らせたり立たせたりしてはかることができます。1歳を過ぎてからも、立ってはかることができるタイプだと長く使えますよ。

おすすめのベビースケールをご紹介

タニタのベビースケール「BD-815」は、医療機関での赤ちゃんの体重証明にも使用可能です。赤ちゃんを降ろした後も体重が表示され、ゆっくり確認をすることができます。6kgまでは2g、15kgまでは5g単位で測定が可能です。

SISのベビースケール「EB524」は厚さが5cmととても薄手で、本体の重さも1.4kgと軽量なのが特徴です。本体に150cm/60inchのメジャーが内蔵されており、体重をはかるだけでなく身長もはかることができます。薄手なので赤ちゃんが落下する心配がないのも嬉しいポイントです。

kerataの「パンダベビースケール」は受け皿を外すと、かわいいパンダの顔の体重計になります。9歳(30kg目安)ころまで長く使えますよ。

ベビースケールをレンタルする

ベビースケールを使用するのはだいたい新生児期~1歳ころまでといわれています。「母乳をしっかり飲めるようになったら使わなくなった。実際使ったのは4カ月ころまでだった」とブログに書いているママもいました。

短期間しか使用しないのであれば、購入するよりもレンタルするほうがよいでしょう。必要な間だけレンタルをし、使わなくなったら返却することができます。もう少し使いたいときはレンタル期間を延長することも可能です。

ベビースケールは精密機器なので、精度が高いものほど高額になり、購入する場合、中には10万円程するものもあります。レンタルであればレンタルをする会社や商品によっても異なりますが、3カ月間借りても1万円以内で納めることが可能です。

簡単!新生児の体重を測定する方法

家にある体重計をつかって計測する

赤ちゃんの体重は必ずベビースケールでしかはかることができないわけではありません。ベビースケールがなくても自宅にある体重計ではかることができます。はかり方はまったく難しくないので、ぜひ一度試してみてください。

まず、ママの体重をはかります。次に赤ちゃんを抱っこして体重をはかってください。赤ちゃんを抱っこした体重からママの体重を引くと赤ちゃんの体重になりますよ。難しい手順などなく楽に体重をはかることができますね。

ただし、この方法では赤ちゃんの正確な体重をはかることはできません。あくまで目安の体重だと思っておきましょう。

体重をはかるときは服を着たままでもよいですが、お風呂あがりなど、ママも赤ちゃんも裸の状態ではかるとよりよいでしょう。また、ご飯を食べる前なのか後なのか、朝起きた後なのか夜寝る前なのかなど、はかるタイミングによって数百グラムの誤差がでます。なるべく毎回同じタイミングではかるとよりよいですよ。

簡単な方法ですが、意外と思いつかないママも多いのではないでしょうか。ぜひ周りのママ友にも教えてあげてくださいね。

外出先で計測できる場所

外出先でも赤ちゃんの体重をはかることができる場所がいくつかあります。そのなかからいくつかご紹介しますね。

ショッピングモールやデパートには授乳やおむつ替えに使える、赤ちゃん専用の休憩室を設けていることが多くあります。そのなかに体重計を置いてあることもよくあります。

休憩室によっては、月に数回、保健師さんや助産師さんに直接相談ができる時間を設けているところもあるので、体重が気になるときは相談することも可能です。

自治体の役所や保健センターに体重計を置いてあることもあります。自由に使うことができるところもあれば、事前予約が必要なところもあるので、お住まいの自治体に確認してみるとよいかもしれませんね。

病院のなかには1カ月健診を受ける前でも、赤ちゃんが飲んでいる母乳量を確認するために体重をはかってくれるところもあります。また病気などで診察を受けたり、予防接種をしたりするときにはかってもらえることもあります。

すべての病院ではかってもらえるとは限らないので、かかりつけの病院ではかってもらえるかどうか確認しておくとよいでしょう。

成長過程!身長体重の平均値を確認

生後0カ月~生後4カ月

生後0~4カ月の平均体重は次のとおりです。

<男の子>
・0カ月:2.10~3.76kg
・1カ月:3.50~4.84kg
・2カ月:4.40~7.20kg
・3カ月:5.10~8.10kg
・4カ月:5.70~8.70kg

<女の子>
・0カ月:2.13~3.67kg
・1カ月:3.40~5.50kg
・2カ月:4.20~6.70kg
・3カ月:4.80~7.50kg
・4カ月:5.40~8.20kg

0カ月のときは男の子も女の子もほぼ同じくらいの体重ですが、月齢が上がるにつれ、男の子と女の子では差が出てきます。そのなかでも、1カ月の平均体重は女の子のほうが幅が広くなっていますよ。4カ月で約2.5倍ほどの体重になっていきます。

生後5カ月~生後8カ月

生後5~8カ月の平均体重は次の通りです。

<男の子>
・5カ月:6.1~9.2kg
・6カ月:6.4~9.6kg
・7ヶ月:6.7~9.9kg
・8カ月:7.0~10.1kg

<女の子>
・5カ月:5.7~8.7kg
・6カ月:6.1~9.1kg
・7カ月:6.3~9.4kg
・8カ月:6.5~9.6kg

生後4カ月までと比べ、体重増加は緩やかになってきています。手足を動かすようになったり、寝返りをしたり、おすわりができるようになったり、ハイハイをしたりと、少しずつ動けるようになってきて、運動量が増えるためです。なかなか体重が増えず悩むママもいるかもしれませんが、少しずつでも増えていれば問題ないので安心してくださいね。

生後9カ月~生後12カ月

生後9~12カ月の平均体重は次の通りです。

<男の子>
・9カ月:7.2~10.4kg
・10カ月:7.3~10.6kg
・11カ月:7.5~10.8kg
・12カ月:7.7~11.0kg

<女の子>
・9カ月:6.7~9.9kg
・10カ月:6.9~10.1kg
・11カ月:7.0~10.3kg
・12カ月:7.2~10.5kg

つかまり立ちや伝い歩きなど、今まで以上に運動量が増えるときなので、体重が増えにくい時期でもあります。1歳が近づくにつれ、身長は伸びても体重が増えず、幼児に近い体型になっていきますよ。腕に感じる重さで成長を感じることができますね。

成長スピードは個人差が大きいので、周りの子とあまり比べないようにしましょうね。

成長曲線は絶対?はみ出た場合の考え方

成長曲線でわかること

成長曲線とは身長と体重を記すことで成長の度合いを示すもので、横軸には時間(月齢や年齢)、縦軸には身長や体重を記録し、グラフに記したものです。このグラフは母子保健法によって母子健康手帳に必ず掲載されています。

成長曲線を記すことには次の二つの意味があります。

1.成長異常の早期発見・早期治療
2.その時点での成長が適正であるという保証

1.の成長異常とは、成長ホルモンや脳腫瘍などの病気が原因となります。多くは早期発見することで対処することが可能です。2.は将来は別として、記録をしたときまでは適正な成長をしている判断の根拠になります。

母子健康手帳に記録する方法以外にも、携帯のアプリを使う方法や、成長日記にあるグラフに記録する方法などがあります。

標準範囲をはみ出た場合の許容範囲

標準範囲はSD(標準偏差)といわれる数値を基に決められています。この数値は「同性・同年齢の子どもの平均からどれくらい離れているか」をみるものです。

標準の成長曲線には、平均値・+1SD・+2SD・-1SD・-2SDの曲線があります。-2SDから+2SDの間にはいっていて、曲線に沿うかたちで成長をしていれば心配ありません。

身長の場合、-2SDより上の数値であっても年間身長増加率(1年間に伸びる身長の数値)が、2年続けて基準値以下の数値の場合は注意が必要です。

また発育状態を表す数値にカウプ指数というものもあります。やせすぎ・やせぎみ・普通・太りぎみ・太りすぎの五つで判断されます。この基準はあくまでも目安として使われています。

標準範囲をはみ出た場合の対処法

身長が-2SD以下の場合や、2年続けて年間身長増加率の基準値以下の場合は、発育に影響を及ぼす疾患がないかしっかりと調べることが大切です。

成長ホルモンや甲状腺ホルモンの病気なのか、染色体の病気なのか、子宮内発育不全なのか、骨や軟骨の病気なのか、心臓や肝臓などの臓器の異常なのかなどによっても、治療方法が変わってきます。

体重についてもなかなか増えなかったり、急激に増えたりと、明らかに様子がおかしいなと思うことがあれば、医師に相談するようにしましょう。

「なかなか体重が増えず、健診で心臓雑音がするといわれ病院へ行ったら、心臓の壁に穴が開いていることが発覚した」と体験談をブログに書いているママもいましたよ。

体重が増えない場合の原因と対策

体重が増えないときに確認すること

生理的体重減少をする期間が終わってからもなかなか思うように体重が増えなかったり、順調に増えていた体重が急に増えなくなったりしたときは心配になりますよね。そんなときは次のことを確認してみましょう。

・ミルクや母乳を機嫌よく飲んでいるか
・授乳回数は少なくないか
・ミルクや母乳を上手に飲めているか
・顔の血色が悪くなく、色つやも大丈夫か
・身長は伸びているか
・部屋の温度は低すぎないか

毎日一番長い時間赤ちゃんと接しているママだからこそ、ほかの人では気づけないちょっとした違和感を感じるかもしれません。その違和感が体重がなかなか増えない原因だったりしますよ。何か気になることがあれば医師や保健師に相談してみてくださいね。

原因1 母乳やミルクが不足している

体重が増えない原因の一つに母乳やミルクが足りないことがあります。不足しているかどうかは次のことで確かめることができますよ。

・1日に5~6回以上おしっこをしているか
・便秘ではないか
・生後2週間ころであれば、1日あたり15g以上体重が増えているか
・生後1カ月ころであれば、1日あたり25g以上体重が増えているか

上記の項目が該当していれば、母乳やミルクが足りないということはないでしょう。

母乳の場合は、母乳自体のカロリー不足も考えられますよ。出始めのおっぱいは薄く、カロリーは低くなっており、後からカロリーの高いおっぱいが出てきます。カロリーの低い母乳はたくさん飲んでいるけど、カロリーの高い母乳を飲んでいないのが原因の場合もあるかもしれません。

原因2 身長、運動など成長速度が速い

体重が増えない原因として、成長速度の速さも考えられます。

体を動かすことが大好きな赤ちゃんの場合、しっかり母乳やミルクを飲んでいても摂取するカロリーよりも消費するカロリーのほうが多くなることもあります。

大人でも、よく動く人とまったく動かない人では消費するカロリーは異なりますよね。赤ちゃんも同じでよく動く赤ちゃんほどなかなか体重が増えないことがあります。

体重が増えないけれど、身長はグンと伸びているということもよくあります。赤ちゃんは体重と身長が交互に成長するといわれているのをご存知ですか?

体重が増えないなと思ったときは、身長が伸びているかチェックしてみましょう。どちらかが少しずつでも増えていれば心配する必要はありませんよ。

体重が増えすぎた場合の原因と対策

新生児にも肥満はある?将来への影響は

今までは1歳までの赤ちゃんは体重がかなり多くても、ハイハイをしたりつたい歩きを始めると活動量が増え、すっきりした体型になるので気にしなくても大丈夫といわれていました。

しかし最近では、乳幼児期の栄養状態や胎児のときの栄養状態が、生活習慣病ともいわれているメタボリック症候群の原因となるという仮説があります。

2歳までに増加した脂肪細胞は小型脂肪細胞ですが、学童期に栄養を摂取しすぎると大型脂肪細胞に変化をし、それがメタボリック症候群の発症につながるとされています。また乳幼児期に増えた脂肪細胞は減少することはなく、大人になってもその数は維持されるそうです。

この「成人病胎児期発症(起源)説」は国際的にも広く受け入れられているものになります。

原因1 母乳の飲みすぎ、カロリーが高い

体重が増えすぎる原因の一つに、母乳の飲みすぎや、母乳のカロリーが高いことがあります。「赤ちゃんが泣いているのはお腹が空いているからだ」と、頻繁に母乳を飲ませているママもいるかもしれません。

お腹が空いて泣くことはもちろんありますが、お腹が空いていなくてもおっぱいがあると咥える習性が赤ちゃんにはあります。1回の授乳でしっかり飲ませるようにすることで、お腹がいっぱいになり授乳間隔も空けることができますよ。

また母乳はママが食べたものを原料としています。つまりママの食生活が直接母乳の成分に影響をしているのです。脂肪分や糖分が多い食事が続くと、母乳自体が高カロリーになり、飲む量が少なくても体重が増える要因になりますよ。

原因2 ミルクの足しすぎ

「母乳の量が足りているか心配だから、ミルクも飲ませている」というママもいらっしゃるでしょう。実は母乳で十分足りていたのに、ミルクを飲ませていたことが体重が増えてしまう原因になっているかもしれません。

出産直後は母乳があまり出ないので、入院中は母乳とミルクを飲ませていても、授乳を続けることで母乳がよく出るようになっていることもよくあります。母乳がどれくらい出ているか目で見てわかるわけではないので、心配でミルクを飲ませ続けていることもあるのではないでしょうか。

吐き戻すことが多ければミルクの足しすぎなのかもしれませんよ。そんなときは一度母乳を飲ませた後に、どれくらい体重が増えているかはかってみて、母乳量をチェックするとよいでしょう。

まとめ

日々成長をしていく赤ちゃんは体重もグングン重くなっていきます。とくに体重は増えすぎていないか、減っていないか心配になるママも多いですよね。

生まれたときの体重がみんな違うように、体重の増え方も人それぞれで個性があります。少しずつでも増えていればしっかり成長している証拠なので、あまり心配しなくて大丈夫ですよ。

万が一増えすぎてしまったり、全然増えないようなことがあれば、まずはその原因を探して対策をしてあげてくださいね。 

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018