就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

20代で子育てするメリットとデメリット!理想年収や働き方の比較

20代で子育てするメリットとデメリット!理想年収や働き方の比較

20代で妊娠を考えたときに「若いうちに子どもを生んだほうがいいよ」という意見と「妊娠は仕事などが安定してからしたほうがいい」という方がいると、20代で子どもを生んでも大丈夫なのか不安になりますよね。ここでは、20代で子育てをしている方はどのくらいいるのかや、どんな不安があるのかなどをご紹介します。

20代で子育てをする場合の理想年収と現実

20代で結婚している人の割合

「20代で結婚して子どもを生みたい」という女性は多いですよね。周りでは20代で結婚して子どもを生んでいる方ばかりだと、「私も早く結婚しなくちゃ」と焦ってしまうこともあるでしょう。

2015年の「平成27年国勢調査」によると20~24歳までに結婚している割合は、男性で4.9%、女性で8.3%という結果がでています。25~29歳までの割合は、男性で26.4%、女性で36.7%です。

20代前半では男女ともに結婚している割合は少ないですが、25~29歳までの間では約4人に1人が結婚していることが分かりますよね。20代前半とは違い、20代後半になるとお付き合いをするときに、結婚を意識した交際相手を探している方が多いので、結婚する割合が増えているのでしょう。

20代男女に聞く子育て世帯の理想的な年収

日本は長年不景気が続いているので、20代の若い頃から「将来のお金に対して不安がある」という方も多いでしょう。20代で結婚し子どもを育てていくには、どのくらいの年収があると理想的なのでしょうか。

とあるアンケートでは、20~29歳の男女に「結婚したいと思う年収」はいくらなのかを聞いたところ、400~500万円の年収が理想と答えた方がたくさんいました。しかし、「子どもを1人育てていくのに理想的な年収は?」と聞くと半数以上の方が「年収600万円が理想」と、結婚したい年収よりも金額が大幅にアップしたのです。

また、子どもが2人になると理想とする年収は700万円が半数以上という結果がでていて、子どもにはたくさんお金が必要と考えている方が多いことが分かります。

子育て中の20代世帯の年収や金銭的な現実

先ほどは理想としている年収をご紹介しましたが、実際には20代の世帯の年収はどのくらいなのでしょうか。20歳代ですと、大学を卒業した場合は入社してから勤務歴が短いので、実際は理想としている年収よりも給料が低いことが多いでしょう。

20代の年収の現実は、年収250~300万円くらいの方が多いです。手取り(税金や保険などを引いた金額)で見てみると、22万円くらいの金額になるでしょう。

子どもを1人育てるのに理想としている金額は年収600万円なので、現実は20代では約半分くらいの年収の方が多いことが分かりますよね。20代で結婚し子どもがいる家庭では、金銭的な厳しさから共働きをしている家庭が多いのですね。

子育て世帯の夫婦の働き方について

専業主婦のメリットやデメリット

子どもを育てている家庭では、ママが専業主婦の場合と仕事をしている家庭がありますよね。「子どもが生まれてからは仕事を続けるか悩んでいる」という方に、専業主婦のメリットやデメリットをご紹介します。

専業主婦の最大のメリットは、時間がたくさんあるので育児や家事を時間に余裕をもってできることです。ママが専業主婦の家庭では家事や育児をしっかりこなしている方が多いので、パパは家庭のことはママに任せて仕事に集中できますよね。また、子どもとじっくり向き合う時間を作れることもよいでしょう。

デメリットは、お金の余裕がないことです。20代の年収はまだまだ低いので子どもを1人育てていくにも家計はギリギリの状態で、常にお金の不安があるかもしれません。

共働きのメリットやデメリット

最近では年齢に関係なく、共働きをしている家庭が増えてきていますよね。しかし、共働きにもよいところもあれば、「共働きをやめたい」と思うこともあるでしょう。

共働きの大きなメリットは、パパとママ、2人に収入があるので家計が安定することです。20代はパパだけの年収では子どもを育てるのに厳しいこともあるので、ママが仕事をすると収入が増えてお金の心配が減るでしょう。

お金の面で安定することはとても大切なことなのですが、共働きをすると子どもとすごす時間が減ってしまうので、ストレスを感じるママもいます。また、仕事をしながらの育児や家事は、ママが休憩するひまもないくらい毎日忙しいので、体力や精神面で疲れてしまうこともあるでしょう。

専業主婦か共働きかを選ぶ基準

「結婚し妊活を始めたいけど、専業主婦になるか共働きのままで育児をするか悩む」という方も多いですよね。最近では共働き家庭が多くなってきていますが、周りに流されず自分の意思でしっかり選ぶことが大切ですよ。

仕事を続けるか悩んでいる方は、どうして働きたいのかを考えてみましょう。たとえば、マイホームを建てるために貯蓄をしたい・子どもにお金の心配をしてほしくない・家にこもってばかりではなく社会にでたい・好きなことに使えるお金がほしいなど、働く目的は人によって違いますよね。

また、どのような仕事があるのかや、保育園代をだしても働くほうが家計が安定するのかなど、さまざまな方向から考えるとどちらを選べばよいのか分かりやすいでしょう。

20代で子育てをするメリットやデメリット

メリットは体力や将来的な時間の余裕

「20代で子どもを育てたいけど、周りもまだ結婚していないし本当に育てられるか不安がある」という方もいるでしょう。最近では晩婚化が進んでいるので、20代で結婚して出産をする方が少なく「早すぎるかな」と不安になりますよね。

20代で子育てするのは、まったく悪いことではありませんよ。20代はまだまだ若いので、体力がありますよね。ですから、育児での睡眠不足も若さで乗り越えられることが多いでしょう。また、体力のいる子どもの遊び相手もたくさんしてあげられるところもよいですね。

体力面だけでなく、将来的に時間にゆとりができて好きなことを楽しめる時間ができます。25歳で出産すると子どもが20歳になるときにまだ45歳なので、趣味などを見つけて楽しめそうですね。

デメリットは知識や経済力の不足!

20代での出産は、体力面や将来的な時間の余裕などよいこともたくさんあるのですが、若いので知識不足で育児に苦しめられることもあります。

30代くらいでの出産は、周りも結婚や出産をする方が多いので友だちなどに育児の悩みを打ち明けやすいでしょう。しかし、周りにママが少ない20代では子育てのことを話せる相手がおらず、1人で悩みを抱えてしまうママも多いのです。

また、経済力が不足していることも大きな悩みになりやすいですよね。結婚は好きな人とすると幸せですが、やはり生活して子どもを育てるにはお金が必要です。20代では年収がまだまだ低いので、毎月のやりくりが難しくパパとお金の面でケンカになるような場面も多いかもしれません。

子育て支援を知って不安を軽減しよう

20代で出産を考えている方や、現在妊娠中の方も多いでしょう。20代の子育てをストレスなく楽しむために、さまざまな子育て支援を知っておくと安心ですよ。

たとえば、経済的な支援では「児童手当」がありますよね。「児童手当」は、子どもが生まれてから中学校を卒業するまでの間お金がもらえるので、家計の負担を少し減らすことができるでしょう。

また、子育ての悩みに関しては「子育て支援センター」の利用をおすすめします。「子育て支援センター」では地域によって内容は違いますが、若くして出産しているママが集まれるようなサークルが作られていたり、子育ての悩みを聞いてくれるスタッフが常にいたりと、育児の悩みを気軽に話せる場所ですよ。

まとめ

最近では30代で出産する方が多いので、「20代で出産したい」というと「早すぎるんじゃない?」といわれることもあるでしょう。確かに、20代での出産はさまざまな知識不足やお金の面で不安があるなど、大変なことも多いかもしれません。

しかし、子育てには体力が必要なので、20代の元気なママは子どもと一緒にたくさん体を動かして遊んであげられるでしょう。周りにママがいないと悩みを抱え込んでしまうので、パパや家族、地域の子育て支援センターなどに相談しながら楽しく育児ができるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018