就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児と家事にイライラ。上手に両立させるコツとストレス解消法

育児と家事にイライラ。上手に両立させるコツとストレス解消法

毎日育児に家事に忙しいママ。気がついたら一日中眉間にシワが寄っていたなんてことはないでしょうか。ママがイライラしていると、子どもにもそれが伝わり悪影響となってしまいます。家事と育児で手一杯と感じているママに見てほしい、二つを両立させるコツと今から実践できるストレス解消法をご紹介します。

育児と家事の両立でイライラする原因は?

思うようにいかない育児とはかどらない家事

子どもが生まれる前から熟読していた育児書にある「赤ちゃんの一日のスケジュール」に期待していると、実際の育児の慌ただしさにがっかりしてしまうことがあります。すべてが計算通りにいかず、不測の事態のオンパレードです。

赤ちゃんが成長するにつれ、徐々に時間的な余裕は出てきますが、それでもすべてが思うようにいかないのが育児というものです。育児に多くの時間が割かれると、どうしても家事に手が回らなくなってきます。

なにかをやり始めても、子どもに呼ばれれば中断することになってしまいます。無理やり強行しても子どもが泣きだせば、さらなるイライラにつながってしまうので、家事がはかどらないこともストレスの原因になります。

大変さをわかってくれないパパ

確かに、女性だけが子どもを産むのは真実ですが、そのことが子育てや家事が男性にできないということにはなりません。男女平等の現代、家事を分担するのは珍しいことではないはずです。

それでもなお、パパの育児参加や家事の分担がうまくいかないのは、パパがママの大変さを理解していないからかもしれません。パパからはママが意気揚々と子どもの世話をして、家のことも難なくこなしているように見えます。

仕事に行っている間の戦争のような毎日は見えないので、大変さを実感するきっかけがないのです。ママの方にも、仕事に行っているパパに任せるのが申し訳ない気持ちや、慣れない手つきで家事や育児をしてもらうことに抵抗がある場合があります。

いつも時間に追われて余裕がない

決まった就業時間がある仕事と違い、家事や育児には始まりも終わりもありません。休みだってありません。

夜中でも子どもが泣けば起きなくてはいけませんし、寝不足だからと昼まで寝ているわけにもいかないのが普通です。朝から育児と家事両方をこなしていると、当然時間的な余裕がなくなってしまいます。

自分のことよりもまず、子ども優先、家族優先が当たり前の感覚になってしまいがちです。幼稚園や保育園の送り迎え、買い物や掃除、洗濯、数えたらきりがないくらい一日にやらなければならないことがあるように感じますが、すべてを完璧にこなそうとすればするほどママは追い詰められてしまいます。

完璧主義のママほどストレスがたまりやすくなりますので注意しましょう。

無理しない。家事と育児の考え方を変えよう

育児も家事もほどほどがちょうどいい

完璧主義のママにはほどほどがものすごく難しいことのように感じます。「適当」という言葉がありますが、この言葉に罪悪感を感じる人はその意味についてもう一度考えてみましょう。

適当は、中途半端に物事を済ませたような感覚を持ちますが、実は「適度にこなした」場合に当てはめられる言葉です。つまり可もなく不可もなく。

ほどほどとはそういうことで、極端に完璧だけを目指してしまうと息が詰まる家事に、ぜひ当てはめてほしい言葉です。育児もスケジュール通り、完璧になど行くはずがありません。

経験者なら当たり前にわかることも「なぜうちの子はそうじゃないの?」「なぜ私はこうできないの?」と感じてしまうママは多くいます。それで普通ですよ。

家事の手抜きはわるいことじゃない

ちり一つない部屋、手の込んだ食事や手作りのおやつ。いつもきれいで手入れのゆき届いた庭や整理整頓されたキッチンなど、「主婦としてこれだけはやっておかないと恥ずかしい」、と思うものがあるママは要注意。

そうした自分の決め事が自分の状況を苦しくしている原因かもしれません。もしも、忙しくて疲れ切ってしまったと感じたら、やるべきこととやらなくてもいいことを分けて、その日にすることを決めてみましょう。

やらなくてもいいことに当てはまるのはズバリ「健康を著しく害しない」ことを目安にします。部屋が多少散らかっていても、夕食の献立に冷凍食品が混ざっていても、少しくらいは大丈夫です。

それでママに心の余裕が生まれるのならば、家事の手抜きも必要です。

1人で頑張るのはやめよう

家事も育児も全部1人で頑張ろうとしていませんか?家族とはどんなときも協力し合って、お互いを助け合って生活していくものではなかったでしょうか。

その「助けて!」の気持ちを一番出しやすいのがパートナーであるパパです。パパの仕事が忙しいのは十分承知の上です、ストレスもたまっているでしょう。たまの休みも寝て過ごしたいでしょう。

でも、それとママが年中無休で育児と家事をしていることを比べることはできません。助けてほしいときは助けてと、素直にママがいわなければパパには一生伝わらないかもしれないと思ってみてください。

助けてもらうことは恥ずかしいことではありません。まずはママから、そこの意識改革をしていくことが大事です。

頑張りすぎない!家事を手抜きする方法

食事準備はまとめ作りして冷凍や総菜を利用

できたて熱々の料理をテーブルに並べることが妻としての役割なんて古臭いことを考えるのはやめましょう。今は電子レンジもあるし、おいしい料理をスーパーやコンビニで買うことだってできます。

お総菜を多めに作って小分けで冷凍しても、温めなおせばそれは立派な手作りの料理です。便利なもの、簡単なものを使うことに罪悪感を感じてしまうのはとてももったいないことです。

日本ほど便利で簡単、おいしくて安心して食べられるレトルト食品やお総菜がそろう国はありません。もちろん、毎日同じものが続くようになると飽きてしまうかもしれませんが、計画的に献立を考え、便利なものを組み込みながら手抜きするのも賢い主婦の技になりますよ。

便利な家電を使ってすき間時間を作ろう

もちろん経済的にこうしたものを買うのが不可能という家庭もあるかもしれませんが、もしも選択の余地があるのなら「お掃除ロボット」「食器洗い乾燥機」「乾燥機付き洗濯機」は家事の負担を減らすのに絶大な効果があります。

全部そろえなくても、どれか一つだけでもずいぶん家事が楽になったと感じるはずです。お掃除ロボットは、掃除機をかける手間がほぼなくなりますし、ゴミを求めて部屋中を動き回る姿に癒されるママまでいるほどです。

毎回の食事の後の皿洗いも、食洗器があれば簡単です。手洗いするよりも綺麗になり、哺乳瓶の消毒にも使えるのは本当に助かります。

乾燥機付き洗濯機は、梅雨時期だけでなく、忙しくて外に干すひまがなかったときにも大活躍しますね。

ついで掃除や一日1カ所掃除で無理しない

家中の掃除を毎日欠かさないママはとてもえらいと思いますが、そこまでしなくても、ついで掃除や計画的な掃除方法で時間を有効に使うことを試してみましょう。

ついで掃除とは、入浴の後にお風呂掃除をしてしまう、歯磨きした後は洗面台の掃除をする、料理をしながらキッチンを磨くなどその場その場に合わせた状況で掃除をしていく方法です。

一日1カ所掃除もおすすめの方法です。1週間で分割して、月曜日は玄関、火曜日はリビング、水曜日は水回りと一日ごとに掃除する場所を決めていきます。

毎日違う場所を掃除するので飽きずに掃除ができますね。細かな部分はながら掃除、家全体を一日1カ所掃除で綺麗にしていけば、負担も少なくきれいがキープできそうです。

パパも戦力に!家事分担がうまくいく方法

パパは何をしたらいいかわからない

「うちのパパはイクメン!」といえる家庭はどのくらいあるでしょうか。自他ともに認めるイクメンでも、厳しい言い方をすると現実はできることだけ、楽しいところだけのいいとこどりをしているなんてことはありませんか?

家事に至っては、料理はするけど後片づけはできない、掃除は見えるところしかしていない、などママから見たら十分ではないこともあります。しかし、もしかしたらやってくれるだけマシなのかもしれません。

ほとんどの男性が家事や育児に対して消極的なのは、シンプルに何をしていいかわからないからです。パパの中には、手伝ったことに対してママが「そうじゃない!」と注意したことでやる気をそがれてしまったケースもあります。

家事を書き出して見える化する

やる気はあるのに何をしていいかわからないパパには、毎日の家事や育児を書き出して見える化する方法を試してみてはいかがでしょうか。紙に書きだして、パパとママの役割分担を目に見えるようにすると、いかにママだけに負担がかかっているかを目の当たりにすることができます。

たとえば「料理をしている」パパでも、ママの項目には「買い物」と「皿洗い」「キッチンの掃除」などが割り振られているので、やっているつもりでも平等ではなかったことにパパが気付きやすくなります。

もちろん、すべてを半分ずつ、平等にする必要はありませんが、ママが負担に感じていることを知ってもらい、できることから手を差し伸べてもらえるきっかけを作りましょう。

パパへのありがとうを忘れない

家事が苦手な女性、仕事が嫌いな男性がいても不思議ではないように、性別だけで役割を決めることはできません。パパが家事と育児を手伝ってくれたときは、当たり前と思わずに感謝の気持ちをきちんと表すようにしましょう。

そのときに「そうじゃない!」「やり方が違う!」とママが否定的な発言や態度をとってしまうと、パパのやる気がそがれるだけでなく「もう手伝わない方がいいかもしれない」と思わせるきっかけにもなってしまいます。

誰でも初めてのことに挑戦するときはうまくいかなくて当たり前です。パパが家事や育児に挑戦する姿を温かく見守ってあげましょう。

たとえうまくできなくてもママからの「ありがとう」の言葉があるだけで次回のやる気につながります。

ママの笑顔を取りもどすイライラ解消法

家事はやめてスキマ時間に好きなことをする

やらなければいけないことだけを効率よくこなしていく毎日ではストレスもたまる一方。たまには息抜きになる楽しみの時間が必要です。

家事をテキパキこなし、空いた時間ができたときにほかの家事をねじ込むのではなく、スキマ時間を利用して好きなことをする時間にあてましょう。読書やテレビを見る時間でもいいですし、ティータイムやコーヒーブレイクもいい気分転換になります。

生活の中に楽しみがあることは、モチベーションアップにもつながり毎日を生き生きと過ごすのに欠かせないアクセントになります。小さなことでもいいので、何が自分にとって楽しいことか、何が頑張っている自分に対してのご褒美になるのかを考えてみましょう。

意外な方法!泣ける映画でストレス発散

ストレスがたまると心の中にモヤモヤとしたものがたまったような感覚になります。なんとかこれを発散しようと試してみるのにおすすめなのが、「思いっきり泣く」ことです。

泣くことは一瞬ネガティブな行動にも思えますが、自分の感情に素直になり、涙を思い切り流すことで泣き終わった後は意外とスッキリするものです。ただ、自由自在に泣ける人も少ないので、悲しい映画を見て感情移入するのがもっとも簡単な方法ではないでしょうか。

人によっては、悲しい絵本を読んだり、悲劇的な結末の小説を読んだりとさまざまな方法が考えられます。1人になれる時間があったら思いっきり声をあげて泣いてください。

泣ける映画ランキングを早速チェックしてみましょう。

パパに任せて、1人で出かけてみよう

家事と育児に追われているママに一番足りないもの。それは、自由です。

自由にショッピングをしたり、カフェで1人でお茶をしたりという当たり前のことからどれくらい遠ざかっていたでしょうか。

用事もないのにパパに子どもを任せて出かけるなんてできない。まずは、この意識から変えていきましょう。

1人で外出したいから、という理由でパパに任せていいのです。息抜きしたいからパパに子どもを任せて遊びに行ってもいいんですよ。

パパにどうしても頼れない場合は、実家に預ける、ベビーシッターを頼むなど方法はいくつかあります。ママの心が押しつぶされそうなときに、まず助けてあげられるのは自分自身です。

自分の気持ちに素直になることもときには必要ですね。

まとめ

家事と育児にイライラしてしまうことは多くのママが経験済みです。イライラしないで、おおらかな気持ちだけですべてをこなせる人の方が少ないはずです。

毎日積み重なったストレスは、膨れ上がると精神的にも肉体的にもつらい状況になってしまいます。適度に発散して、気持ちを切り替えて日々を過ごせるような工夫が必要ですね。

そんなときに頼りになるのはやっぱりパパであってほしいものです。上手に甘えて家族の絆も深めましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018