就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦におすすめの楽な体勢を紹介!妊娠時特有のつらさを和らげよう

妊婦におすすめの楽な体勢を紹介!妊娠時特有のつらさを和らげよう

妊娠してから「座っても寝ても楽な体勢がなかなか見つからない」ということはありませんか?体勢によってはつわりが悪化したり息苦しさを感じたりするママもいて、これだと十分な休息が取れないですよね。そこで今回は、妊娠時のつらさを和らげるおすすめの体勢を紹介します。妊婦に楽な体勢でゆっくり休息を取りましょう。

妊娠初期のつわりが和らぐ体勢は?

横になるときは右向きがベスト

妊娠初期の代表的な症状「つわり」は、人によって程度はあるものの多くのママを困らせる問題ですよね。つわりのときはどんな姿勢が楽なのでしょうか?

まず横になるときは、体の右側を下にする「右向き」がベストです。胃は十二指腸と体の右寄りの部分でつながる形をしています。そのため右向きで横になると胃で消化された食べ物が十二指腸へと流れやすく、消化がスムーズになるのです。

通常ならどの体勢で横になっても問題ありませんが、つわりなどで胃の働きが低下している妊娠中は体勢によってもたれや吐き気などを起こしやすくなります。また消化が悪く食べ物が胃に残っていると、つわりをさらに悪化させてしまうのです。そのためつわりのときは、右向きで横になってみましょう。

抱き枕を使うと気持ちもリラックス

つわりで気分が悪いと、横になっても落ち着いて休めないですよね。そんなときは「抱き枕」を使用してリラックスしてみましょう。抱き枕を抱く姿勢は、人がもっとも安心する姿勢「胎児姿勢」と同じといわれています。そのためリラックスを促してくれますよ。

また人はなにかに抱きついて寝ると、不安やストレスを緩和させるオキシトシン(別名:幸せホルモン)が分泌されると考えられています。そのため、抱き枕に抱きついて眠ると落ち着いた気持ちになれるのです。

ほかにも抱き枕を使用することで「腰痛の軽減」や「体の負担を分散して寝姿勢を安定させる」など様々なメリットがあります。抱き枕は心身とともにリラックスでき、安眠におすすめのアイテムといえるでしょう。

吐きつわりのときは頭を高くする方法も

つわりの症状は色々ありますが、なかでもムカムカや吐き気をともなう「吐きつわり」はつらいですよね。もともと妊娠中は胃の働きが鈍くなるといわれ、これによって胃酸が食道に逆流しやすい状態です。そのうえ吐きづわりの症状があると、胃酸や食べ物がすぐ上がってきて横になれないというママもいるのです。

吐きつわりがつらいときは、頭を高くして横になってみましょう。頭だけを高くすると首に負担がかかってしまいます。そのためバスタオルやクッションなどを使って、上半身から傾斜をつけて頭を高くするのがポイントです。

また食後すぐ横になると、よけい嘔吐などを起こしやすくなります。そのため、食後はソファに座るなど体を起こした体勢で休息を取るとよいですよ。

お腹が目立ってきたら座り方も工夫しよう

ソファやイスは柔らかすぎないものを選ぼう

つわりが治まりホッとしたのも束の間、お腹が目立ってくると今度は腰痛やお腹の張りなど座る体勢にも頭を悩ませますよね。

お腹が大きくなってきたら、ソファやイスは柔らかすぎない物がおすすめです。一見柔らかい方が体を包み込んで楽に感じるかもしれません。しかし座面が柔らかいと座ったときに猫背になりやすく、腰やお腹に負担がかかってしまうのです。

また柔らかなソファやイスは、立ち上がるときに不安定になりやすく必要な力も大きくなります。そのため、ただでさえ大きなお腹でバランスが取りにくいママには好ましくないですよね。お腹が目立ってきたら、ソファやイスは少し固めの座面を選びましょう。背筋を伸ばして深く腰がかけられる物が楽ですよ。

正座やあぐらの姿勢はお腹を圧迫しない

ソファやイス以外にも、畳や絨毯の上など床に直接座る場合もありますよね。床に座る際は骨盤が傾いたり猫背になったりしやすい「横座り」や「アヒル座り」は避けましょう。妊娠中はお腹を圧迫しない「正座」や「あぐら」で座るとよいですよ。

特におすすめは「あぐら」です。あぐらで座るとお腹に負担がかからないうえに、背筋もまっすぐ伸ばせるので腰痛も軽減できます。さらに股関節を柔らかくするストレッチにもなり、安産にもよい影響がありますよ。

正座で座る場合も同様に背筋を意識してみましょう。ただし、妊娠中にむくみが気になる場合は、正座で座ると余計悪化させる恐れもあります。そのため無理せずあぐらで座るようにしましょうね。

足を組むクセがあるママは意識づけを

ソファやイスに座ったときに、足を組むクセがある人は多いですよね。お腹が大きくなってくると自然と足を組みにくくはなりますが、クセでどうしても組んでしまうというママもいるかもしれません。足を組むことで直接赤ちゃんに影響が出るわけではないですが、ママの体を考えると避けた方がよいといえるでしょう。

たとえば足を組むと足の血流が悪くなり、足がむくみやすくなります。またむくみは冷えと関係しているため、冷えによるお腹の張りが起きる可能性もあるのです。

さらに骨盤や背骨など、体の歪みが起きやすくなります。すると肩こりや腰痛、関節痛などを引き起こすのです。そのため足を組む癖がある人は、意識して組まないようにしてみましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND