就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの調味料に酒を使っても大丈夫?注意点やレシピの紹介

赤ちゃんの調味料に酒を使っても大丈夫?注意点やレシピの紹介

母乳やミルクで大きくなってきた赤ちゃんが、初めて口にするのが離乳食です。ママが手作りする場合、普段の料理にはない注意点や作り方があり迷ってしまうことも多いですね。とくに調味料の扱いは慎重にしたいものです。離乳食作りを頑張るママの「調味料に酒を使っても大丈夫?」という疑問に答えます。

注意事項を守れば離乳食にも酒が使える

少量を9カ月以降に使おう

離乳食のレシピ本をみていると、月齢ごとに食べられないもの、使ってもよい食材、ふさわしい調理方法など細かく説明されていますね。ママは赤ちゃんの月齢に合わせて、これらの情報からぴったりの献立を用意しているのではないでしょうか。

離乳食が大人の食事と違う点は軟らかく薄味、調味料などを極力控えているところです。離乳食作りに慣れてくると、大人の料理から取り分けて赤ちゃんの分を仕上げることも多くなりますが、そのとき気になるのが下味として使うことが多い「酒」ですね。

調味料として使う酒は、できれば1歳を過ぎてから。魚の臭み消しなどでどうしても使いたい場合は、ほんの少しであれば生後9カ月以降から使っても問題ないでしょう。

しっかり加熱してアルコールを飛ばそう

赤ちゃんが生後9カ月を過ぎていて、順調に離乳食が進んでいれば料理に酒を使うことができます。酒の使い方にもいろいろありますが、しっかり加熱をして完全にアルコールを飛ばしてから食卓に上げるようにしましょう。

アルコールを飛ばすのに長い時間はかかりませんので、3分以上加熱調理をしていれば完全にアルコールが飛んだといえます。酒を隠し味程度に加える場合でも、気になるときは蒸気が上がったかどうかを目安にしてみましょう。

アルコールは水よりも沸点が低いため、蒸気が上がった状態であればアルコールは飛んでいます。酒はアルコールを飛ばした方がうま味が増すので、加熱しない和え物やすし酢などに使う場合も煮切りをするとよいことを覚えておきましょう。

アレルギー反応に気を付けよう

はじめての食材を口にするときはアレルギー反応が出たときのために、病院の開いている平日の午前中に食べさせるのが望ましいですね。煮切りをしていたとしても酒に含まれるアルコールでアレルギー反応が出ることがありますので、少量であっても離乳食後は注意深く赤ちゃんの様子を見守りましょう。

万が一、舌や口の周りが赤く腫れる、発疹が出る、目の充血や鼻水などが出てきた場合は速やかに小児科を受診してください。強いアレルギー反応が出ると呼吸困難に陥るリスクもありますので、油断は禁物です。

赤ちゃんをアレルギーから守るためにも、新しい食材を同時に複数与えたり、小さなアレルギー反応を見落としたりしないように気を付けましょう。

赤ちゃんの離乳食に使う酒の選び方は?

調味料には料理を美味しくする効果がある

一口に調味料といってもさまざまな種類があり、国によっても使われるもの、好まれるものも違いますね。日本独自の調味料といえば醤油や味噌、そして米から作られる酒があります。

とくに料理に使われる酒は、酒そのものの味はほとんど感じさせずに利用することから、縁の下の力持ち的存在といえます。酒にはうま味成分もしっかり含まれているため、料理を美味しくする効果はもちろん食材を柔らかく仕上げる、肉や魚の生臭さを消す、食材に味を染み込みやすくする効果もあります。

酒は入っていることを感じさせませんが、使うのと使わないのでは料理の仕上がりが違ってきます。離乳食で無理に使う必要はありませんが、繊細な味を楽しむという意味では上手に使っていけるとよいですね。

添加物の少ない「日本酒」を使おう

日本の酒といえば「日本酒」ですが、「料理酒」との違いはどこにあるのでしょうか。料理酒を飲んでみたことがあるママは分かると思いますが、日本酒と違いそのままでは飲めたものではありません。

この「飲みにくい」ことが最大の特徴で、添加物のない日本酒は酒税がかかり、一般的に料理酒よりも価格が高いはずです。しかし、料理酒には食塩やうま味成分、甘味料などが添加されているため酒とはみなされず酒税がかかりません。

価格が安いことから料理に気軽に使えますが、添加されている塩分は意外に多く2%ほどあります。離乳食に使う程度であれば塩辛くなりすぎることはありませんが、赤ちゃんが口にするものですので、なるべくなら添加物の少ない日本酒を使用したいですね。

甘酒やみりんにはノンアルコールのものも

「甘酒」は飲む点滴とも呼ばれ、健康や美容にもよいとブームになりましたね。一般的な酒粕から作られる甘酒にはアルコール分が含まれているものがあり、離乳食には向きません。

しかし、米そのものから作られる米麹甘酒にはアルコールは含まれないため、離乳食に使っても安心です。ただし、砂糖がたくさん添加されている場合がありますので、ラベルをよく確認してママが味見してからあげるようにしましょう。

料理酒と同じようにアルコールを含む調味料に「みりん」があります。少し甘みがありお正月の「お屠蘇(とそ)」にも使われますね。

ノンアルコールの「みりん風調味料」もありますが、料理酒と同じく添加物が気になる場合は使用を控えましょう。

料理酒を使った美味しい離乳食のレシピ

手づかみ食べしやすい「ひと口ハンバーグ」

料理酒を使ってふっくら焼き上げる「ひと口ハンバーグ」は離乳食後期から食べることができます。

作りやすい分量(5個分)
牛豚合いびき肉100g、玉ねぎ25g、パン粉大さじ3、料理酒大さじ1と1/2、植物油少々

1.皮をむいた玉ねぎは細かなみじん切りにし、耐熱皿に入れてから水大さじ1を振りかけラップをしてから柔らかくなるまでレンジにかける。
2.ひき肉に玉ねぎ、パン粉、料理酒を加えよく練り混ぜる。
3.種に粘りが出てきたら5等分にして丸める。
4.フライパンに油をひき、ハンバーグを両面焼く。

ハンバーグを押してみて透明な肉汁が出てきたら焼き上がりのサイン。大人用のハンバーグと違い塩、コショウ、牛乳などを使わないのがポイントです。

優しい甘さ「さつまいもの肉じゃが」

ほんのり甘い「さつまいもの肉じゃが」は、ママが食べても十分美味しい仕上がりです。

材料
さつまいも50g、にんじん50g、玉ねぎ50g、豚小間肉50g、しらたき20g、醤油小さじ2、砂糖小さじ2、みりん小さじ2、料理酒小さじ2、だしの素少々、水150ml

1.鍋に少量の油をひいて豚小間肉を炒めます。
2.肉の色が変わったら小さめに切ったさつまいも、にんじん、玉ねぎを入れてよく炒めます。
3.水とすべての調味料、短く切ったしらたきを加えて野菜が柔らかくなるまで煮込みます。

調味料として入れたみりんの効果で照りがでます。離乳食完了期1歳から1歳半ごろの赤ちゃん向けですが、煮込み過ぎず薄味に仕上げましょう。

栄養満点「ひじきの炊き込みご飯」

離乳食完了期1歳ごろからの赤ちゃんだけでなく、妊婦さんにも嬉しい鉄分たっぷりの「ひじきの炊き込みご飯」です。赤ちゃんでも食べやすいように柔らかめに炊き上げましょう。

材料(10食分)
米2合、ツナ水煮1缶、ひじき50gまたは乾燥ひじき7~8gを水で戻したもの、にんじん1/2本、酒大さじ1、みりん大さじ1、醤油大さじ2、水2.5合分

1.にんじんは細かく切る、ひじきは長ければ短く切る、ツナのかたまりをほぐしておく。
2.米を研いで炊飯器に入れ、酒、みりん、醤油を入れてから炊飯器の目盛2.5合分まで水を入れる。
3.具材を上に乗せ、混ぜずに炊飯をスタートさせる。
4.炊きあがったら軽く混ぜて完成です。

まとめ

普段何気なく使っている調味料も、赤ちゃんの離乳食に使うとなると「いつから?」「どれくらい?」と疑問が湧きます。離乳食前期は塩を含むほとんどの調味料を使うことはありませんが、後期からは量と使い方に気を付ければ「酒」も使用可能です。

離乳食はたくさんの味を覚えて、大人の味覚に近づいていくときでもあります。子どものころの味覚は大人になっても残るといわれていますので、繊細な味や素材の味、ママの味を大切に離乳食作りに励みましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR