就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが冬でも寝汗をかくのはなぜ?原因や対策を知って快適な睡眠を

子どもが冬でも寝汗をかくのはなぜ?原因や対策を知って快適な睡眠を

寝ている子どもの様子をみて、冬なのに汗ダクで寝ている子どもの姿に驚いてしまったママも多いでしょう。冬の大量の寝汗は、風邪や肌トラブルにも繋がってしまうので、しっかりと対策をしてあげる必要があります。冬の寝汗の原因と、子どもの快適な睡眠のために「今日からできる寝汗対策」をご紹介します。

寝汗の原因と汗をかいたら気を付けたいこと

大人も子どもも体温調節のために寝汗をかく

冬なのに汗ダクになって寝ている子どもに、驚いてしまうこともありますよね。

私たちは、大人も子どもも睡眠に必要なホルモン分泌のために、自然と発汗をして深部体温を下げる機能を持っています。ですが、同じ室温の部屋で寝ていても、子どもの方がたくさん寝汗をかきがちです。

大量の寝汗をかいてしまう原因は、大人よりも代謝が活発なので体温が上がりやすい、体内の水分量が多い、体温調節機能が完全ではないという理由が挙げられます。

また、寝ている間に頭に汗をかく子どもも多いですよね。「冬なのになぜ、枕が湿るほどに汗をかくの?」と思いますが、これは脳が温まってしまうことで、体の各機能への伝達が鈍り、各部に悪影響が起こるのを防ぐために発汗し、頭を冷却しているからなのです。

熱や病気が寝汗の原因のときもある

通常の寝汗と違って、熱や病気が原因になっていることもあります。

お部屋の温度は涼しいぐらいなのに、大量の寝汗をかいている、長時間にわたって寝汗をかいている、呼吸が荒いなどの様子が見受けられた場合には、発熱や病気が原因で寝汗をかいている可能性があります。

「いつもの様子とちょっと違うな」と感じたら、発熱していないか・呼吸が荒くないかを30分おきや1時間おきなどで、小まめにチェックしてみましょう。発熱している場合は、熱を下げようとして発汗しています。しっかりと汗を拭き取ってから、着替えさせてあげるとよいですね。

また熱がなくても、緊張や疲れが溜まっているときにも、寝ている間に汗をかきやすいといわれています。

汗をかいたら風邪やあせもに注意しよう

子どもが汗びっしょりで寝ているのに気が付いたとき、ママとしては「眠っているのに着替えさせるのは、かわいそうかな?」と対処に迷ってしまうこともあるでしょう。

確かに、スヤスヤと眠っている子どもを起こすのはちょっと気が引けますが、やはり早めに対処してあげたいですね。

見た目で寝汗を確認できるということは、肌の表面が汗でかなり濡れている状態です。肌表面の汗を放置してしまうと、必要以上に体温を奪ってしまい風邪をひきやすくなります。

また、汗の成分や吸着されたホコリが残ることで、肌に刺激を与えてしまうことも。その結果、あせもやアトピーの悪化にも繋がってしまうので、汗をきれいに拭いてから着替えさせてあげましょう。

子どもが冬に大量の寝汗をかく理由とは

寒さ対策をしたパジャマや布団、室温が暑い

寒い季節に大量の寝汗をかいているのを見ると、なんだか心配になりますよね。

冬の寝汗は、「着せすぎ・掛けすぎ・暖めすぎ」が原因になっていることがほとんどです。寝冷えをしないようにと、暖かい素材のパジャマを着せて、さらにしっかりと布団をかけてあげていませんか。子どもは熱がこもりやすいので、パジャマと布団のダブルの暖かさで汗をかいてしまうことがあります。

暖かい布団を掛けるならパジャマは通常の素材にする、布団を蹴ってしまうことが多いならパジャマを厚手にして毛布だけ、など工夫をしてあげると大量の寝汗を防ぐことができます。

そして、暖房は代謝のよい子どもには暑すぎることもあります。寝る前に寝室を暖め、就寝時にはOFFにしてもよいですね。

寝る前に水分を摂りすぎてしまったため

着せすぎや暖めすぎ以外に、寝る前の水分の量も発汗に繋がります。

私たちの体は、摂取した水分のうちの余分な水分を、尿として体から排出してます。しかし睡眠中は、尿を作る腎臓の機能も休憩しているため、発汗することで体内の水分量を調節しているのです。

着せすぎや布団の掛けすぎ、などの就寝時の環境や風邪などの症状もないけれど、日によって多めの寝汗をかく場合は、就寝前に多めに摂ってしまった水分を発汗している、という可能性もおおいにあります。

空気が乾燥する時期なので水分を摂りたくなりますが、「温かい飲み物を少しずつ飲むほうが喉が潤うよ」など声掛けをして水分の摂り過ぎに注意してあげましょう。そして布団に入る前にトイレに行くのを忘れずに。

実は寒くて汗をかいていることも

汗をかく=暑いと思いがちなので、ママにとっては意外な原因に感じると思いますが、寒くて汗をかいているという可能性もあります。

実は体内の水分が多すぎると、体は冷えていきます。寒い日に風邪でもないのに鼻水が出続けてしまう、という経験をした方も多いと思いますが、それは余分な水分を汗として排出し、体が冷えるのを防いでいるのです。「寒い=寝汗」も、それと同じ作用が働いているという訳です。

「子どもの体温は高い」というイメージがあるので、子どもと冷えはミスマッチな気がしますよね。しかし、ひと昔前の子どもの平熱が37℃台前半だったのに比べ、現在では平熱が36℃台前半の子どもが増えていることからも、子どもの体が冷えやすくなっていることが分かりますね。

子どもの寝汗、対応と対策はどうする?

寝るときは暖めすぎ注意!子どもに合わせて

子どもの寝汗への対応や、対策に悩んでしまうママも多いでしょう。ここからは対処方法についていくつかご紹介していきます。

まず寝室の環境についてですが、寝室の暖めすぎに注意してみましょう。ママの感覚で寝室の温度を上げているご家庭も多いと思いますが、女性の体は冷えやすいので、子どもにとっての適温よりも、室温を上げすぎてしまっているケースが多くあります。できるだけ「子どもがちょうどよい」と感じる程度にしてあげてください。

また、スチーム式やハイブリッド式の加湿器を使用している場合は、子どものそばに置かないようにするのもおすすめです。上記の加湿器は温かい蒸気を放出するので、蒸気で蒸し暑さを感じることがあり、寝汗をかいてしまうこともあります。

汗取りパッドや着替えで寝冷えを予防しよう

あれこれと工夫をしていても、「やっぱり寝汗をかいてしまった!」ということもあるでしょう。寝汗をそのまま放置してしまうと起こるのが、寝冷えです。体調を崩してしまうこともありますので、あらかじめ寝冷え予防をしてあげるとよいですよ。

例えば、シーツの上にバスタオルや汗取りパッドを敷いて汗を吸収しやすくしておく、下着と背中の間にガーゼやタオルを入れて汗を素早く吸収できるようにする、というのもおすすめです。寝ている子どもをママ1人で着替えさせるのは大変なので、こうした工夫で寝冷え予防&対処の軽減を計るのもよいと思います。

パジャマが湿るほどの寝汗をかいていたら、温かいお湯で濡らしたタオルで汗を拭き、着替えさせてあげましょう。

寒さが原因の寝汗は冷やさないことが大切

寒さが原因になっている場合には、とにかく体を温めることを意識して対処してあげましょう。

就寝時に体を冷やさないように、湯たんぽで布団を温めたり、暖房で室温を上げる工夫も大切ですが、冷えが原因の寝汗は、日常生活から冷えを改善することも重要になってきます。

散歩や外遊びなどで運動を心がけ筋肉量を増やす、毎日湯船に浸かり体を温める、薄着をし過ぎず汗をかいた場合はすぐに着替えさせる、ミネラルを多く含む食品を摂り体を温めるといった工夫もしてあげるとよいですね。

体を温めることで、冷えやすい子どもに多いとされる「お腹の不調・疲れやすい・風邪をひきやすい」といった体質も改善しやすくなります。根気よく続けていきましょう。

まとめ

冬の子どもの寝汗は、室温や布団の調整など、子どもにとって最適な環境を整えてあげることで改善できることがほとんどです。薄着をさせたり、布団を少なくしたり、あれこれ試して最適な環境を探ってみてくださいね。

寒さによる冷えからの寝汗は就寝時の対策とあわせて、少し気長に生活習慣の改善にもとりかかってみましょう。

色々な対策や対処をしてみても、大量の寝汗が改善されない場合や気になる症状がある場合には、医療機関を受診し専門医に相談してみると安心です。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR