就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ友作りの入口は会話が基本!きっかけの作り方をご紹介

ママ友作りの入口は会話が基本!きっかけの作り方をご紹介

ママ同士で友達を作りたいけれど、どうすればよいのか分からない…というママは多いはず。今回はママ友作りの基本や育児イベントでのきっかけの作り方、子どもの遊び場での関わり方などをご紹介します。ママ友作りのきっかけや話題に悩んでいるママはぜひ読んでみてください。

ママ友作りは難しくない!基本を押さえよう

出会ったらまずは挨拶をしよう

ママ友作りに限らず、「挨拶」はとても大切な習慣ですよね。初対面の相手でも、「こんにちは!」と元気に挨拶をされて、嫌だなと感じる人は少ないはずです。

相手の顔をきちんとみて挨拶をすることで礼儀正しい印象を与えますし、そこから会話が続いていくことも珍しくありません。話しかけるきっかけとして挨拶はとても有効な手段です。

1度挨拶を返してくれたママには、次回から声を掛けやすくなると思います。初めは話しかけやすそうな雰囲気のママに挨拶をしてみるのもよいでしょう。

自分から挨拶をすることはもちろん大切ですが、相手から挨拶をしてくれた場合にきちんと挨拶を返すことも大切です。はっきりとした口調とよい笑顔で挨拶ができれば、いうことなしです。

笑顔は基本中の基本!

誰でも不機嫌そうな相手より、優しい雰囲気の相手と話したいですよね。「話しかけやすいママ」という印象を持ってもらうには、柔らかい雰囲気となにより笑顔でいることが大切です。

笑顔がうまく作れないというママは、両方の口角を意識して上げるようにしてみましょう。歯を見せて笑う必要はないので、リラックスした表情に微笑みをプラスするだけで優しいイメージを出すことができます。

また、笑顔だけでなく話し方にも気を配ってみましょう。偉そうな態度や見下したような発言は相手を嫌な気分にさせてしまいますし、言葉遣いがキツイとママ達に敬遠される原因になってしまうことも。

第一印象は出会って3~5秒で決まるそうなので、笑顔でいて損をするということはありません。

受け身ママが大多数!自分から話しかけよう

ママ友は欲しいけれど、「自分から話しかけるのは苦手だし、向こうから話しかけてくれないかな…」と思っているママは多いと思います。ですが、それは周りのママたちもきっと同じ気持ちなのではないでしょうか。

自分と同じように、相手も話しかけてくれるのを待っているかもしれません。最初は勇気がいるかもしれませんが、自分から積極的に話しかけてみましょう。

いきなり会話に持ち込むのが難しければ、目があったママに軽くおじぎと会釈をしてみましょう。相手のママが話しかけられるのを待っているタイプなら、そこから会話が生まれるかもしれません。

最初の一歩さえ踏み出せれば、「一度話したことがある」という安心感があるので、次に話しかけるハードルはグッと低くなります。

育児イベントでのきっかけの作り方

相手の子どもの月齢を聞く

具体的な会話内容に迷ったときには、まず相手の子どもの年齢や月齢を聞いてみるのがよいでしょう。「はい」や「いいえ」で答えられる質問は、すぐに会話が終わってしまう可能性があるからです。

会話が続きやすくて、なおかつ相手のママも答えやすい質問なのでおすすめです。返事を聞いたあとの反応も大切で、「そうなんですか~」で終わらせるのではなく、そこから話を膨らませるようにしましょう。

基本的には相手の子どもを褒めるのが好印象です。自分の子どもよりも月齢が高いなら「うちよりお兄ちゃんですね!」月齢が低い場合は「うちよりもシッカリしてて羨ましいです」などがベター。

間違っても「うちの方が上ですね」などマウントを取るような発言はつつしみましょう。

子どもに関する悩みを話してみる

まず月齢のことなどを話題にして、会話がスムーズになってきたら、育児で悩んでいることを相談してみるのもよい方法です。夜泣きや離乳食については、どのママも悩んでいるか悩んだ経験があるものなので、共感を呼びやすい話題といえます。

「〇〇ちゃんは夜泣き大丈夫ですか?うちは全然泣き止んでくれなくて…」など、自分が悩んでいることを話しつつ、相手のママも話しやすいように促してみるとよいでしょう。具体的なアドバイスではなくても、お互いの経験談を話すことで会話がはずみます。

とはいえ、あまり重い相談はもっと仲がよくなってからの方が無難です。みんなが不安に思いがちな話題を選ぶようにして、「お互いに頑張りましょうね!」と励ませる内容がよいですね。

地域の子育て情報をやりとりする

同じ地域のママと地元の情報を交換すると、仲よくなれるだけでなく子育てに関する情報を得ることができるかもしれません。お互いのいきつけのお店や、便利な施設などをやりとりできれば「また今度いっしょに行きましょう」という流れになる可能性も。

小児科や歯医者は、実際にかかりつけとして利用しているママに評判を聞くのが確実です。医療機関だけではなく、お買得なスーパーや授乳室やおむつ替えの設備が充実している場所など、子ども連れなら知っておきたい情報はたくさんあります。

子育て中のママ同士なら、チェックする場所や目線も近いので参考になるはずです。ただし、評判に関してはあくまで相手のママの主観であることは頭の隅に置いておきましょう。

公園や支援センターでのきっかけの作り方

子ども自身に話しかけてみる

公園や子育て支援の施設などで子ども同士が遊んでいる状況ならば、親同士でも話しやすいと思います。それでも直接ママの方に話しかける勇気が出ないときは、まず自分の子どもに話しかけてみましょう。

自分の子どもに話す延長で、一緒に遊んでいる子どもにもさりげなく話しかけます。「じょうずだね」「それいいね!」など優しく話しかけましょう。もちろん上手にお話できることは少ないので、その子のママが間に入ってくれることが多いのです。

大人同士でいきなり会話を始めるのはハードルが高いですが、子どもを介してならばお互いに気負わずに話をすることができるはずです。ママの反応が好感触なら、そのままお名前や年齢をたずねるなどして話題を膨らませていくとよいでしょう。

子どもの着ているものなどを褒める

初対面のママとの会話では、相手に不快感を与えないことが重要です。子どもの服装や身に着けている小物などは、ママのこだわりが出やすいもの。初めての子どもならばなおのことオシャレにこだわっているママも多いはずです。

自分が選んだものを褒められれば嬉しいはずですし、かわいい服を売っているお店の情報もゲットできるかもしれません。服だけでなく、帽子や靴などの小物類なども褒めやすいグッズです。「いい色だね!」「よく似合ってるね」など相手のセンスを褒めましょう。

買ったお店を聞くくらいならば問題ありませんが、値段をしつこく聞くのはやめておいたほうがよいでしょう。お金に汚い人だと思われかねませんし、金銭感覚は人それぞれなので初めての話題には向きません。

公園にはおもちゃ持参がよいきっかけになる

子ども同士でのおもちゃの貸し借りはトラブルになりやすいもの。しかしそれを逆手にとれば、大人同士のコミュニケーションに繋げるきっかけにもなります。

子どもだけではうまくいかない、「貸して」「いいよ」がスムーズにいくように、ママ同士のやりとりが自然に生まれます。なにより相手から関わってきてくれるので、人見知りなママでも話しかけやすいですよね。

小さめの調理器具を砂場遊び用に用意したり、子どもに人気のキャラクターが描かれたボールを持って行ったりすると、興味を持ってもらいやすくなります。逆に自分の子どもがほかの子どものおもちゃに興味を持った場合も、「一緒に遊ばせてもらってよいですか?」と話しかけるきっかけになります。

まとめ

ママ友を作るために会話は必須ですが、そのためには「話しかけやすい雰囲気」や「優しい表情」が大切だといえます。まずは笑顔を忘れずに、明るい挨拶できっかけを作りましょう。

月齢や子どもの名前などは会話の入り口として使いやすいですし、ママ同士ならではの子ども関連の話題を選んで話を膨らませてみましょう。暗くならないように、ポジティブな内容にすることも大事です。

どうしても自分から話せないママは、子ども同士の関わりをきっかけにしてみましょう。きっと気の合うママ友に出会えますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018