就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと暑い夏の過ごし方。服装や家での遊び方を紹介

赤ちゃんと暑い夏の過ごし方。服装や家での遊び方を紹介

暑い夏は、大人でも過ごしにくいですよね。でも初めての赤ちゃんとの夏、一緒に楽しみたいですよね。赤ちゃんと快適な夏を過ごすためには、どんな対策をしたらよいでしょうか?日常生活の過ごし方、赤ちゃんの服装選び、夏の遊びなど、快適に夏を過ごす工夫をご紹介します。

赤ちゃんとの夏。どんな過ごし方をしてる?

エアコンは暑過ぎず、寒過ぎずの温度設定

赤ちゃんは体が未発達なため、大人よりも体温調節することが苦手です。室内の温度はしっかりと管理してあげましょう。

赤ちゃんにとって快適な室温は、夏は26〜28℃といわれています。真夏には30℃を超える日も多くなるので、扇風機だけと思わずに、エアコンをしっかりと活用してくださいね。

気をつけたいのは、赤ちゃんに直接エアコンの風が当たらないようにすることです。特にまだねんねの赤ちゃんにとっては、直接風が当たると体が冷え過ぎてしまいます。

大人が快適に感じる温度設定は、赤ちゃんにとっては寒いかもしれません。反対に、赤ちゃんは暑がっていると汗をたくさんかくので、エアコンの温度設定と合わせて赤ちゃんの様子を見ながら室温調整してくださいね。

外出対策。時間と持ち物をよく考えて

天気がよい日には、お散歩したくなりますよね。でも暑すぎるときに外出すると赤ちゃんにとって負担になってしまうので、対策をして出かけましょう。

1日の中で、最も紫外線が増えるのは正午です。その前後2時間も紫外線の量が多い時間帯になるため、午前10時〜午後2時の間に出かけるのは控えましょう。比較的涼しくなる早朝や夕方がおすすめですよ。

また、赤ちゃんは大人よりも汗っかきです。汗をかいたまま放置するとあせもの原因になるため、外出時にはこまめに汗をふき取ったり、汗取りパットを利用したりしましょう。

赤ちゃんは脱水症状にもなりやすいため、こまめな水分補給も大切です。近場のお出かけでも、必ず水分補給できるものを持っていきましょう。

お風呂は毎日入って快適に

先ほども述べたように、赤ちゃんは大人よりも汗っかきです。体温調節が未熟なのと、もともと体温が高いというのも理由の一つです。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、汗をかいたまま放置すると、すぐにあせもになってしまいます。特に汗をかきやすい夏場には、毎日お風呂に入れてあげるほうがよいですね。

そして、できればシャワーだけでなく、夏場でも湯船に浸からせるとよいでしょう。湯船に浸かることで、すすぎ残した洗浄剤もきれいに洗い流すことができ、より赤ちゃんの肌を清潔に保つことができます。

お風呂から上がった後には、保湿クリームを塗ってあげましょう。保湿することで肌のバリア機能が高まり、あせもや肌荒れしにくい肌になりますよ。

赤ちゃんは夏に何を着せたらいい?肌着は?

夏の赤ちゃんの外出着、部屋着

夏の赤ちゃんの服装は、月齢と成長に合わせて考えてあげましょう。

〜生後1カ月

新生児期の赤ちゃんは、室内ならコンビ肌着1枚でよいでしょう。エアコンで室内が冷え過ぎないように気をつけましょう。

生後1〜3カ月

ねんね時期の赤ちゃんは、部屋着はコンビ肌着1枚、またはロンパース1枚でよいでしょう。外出のときは肌着の上にロンパースなど、大人と同じ枚数を着せてあげましょう。

生後4カ月〜

寝返りやハイハイをして活発に動き出す頃には、部屋着は肌着1枚、またはロンパース1枚でよいでしょう。外出のときは大人より1枚少なめを目安にしましょう。

それに合わせて、外出の際には体温調整ができる薄手のパーカーやレッグウォーマーを持ち歩いてもよいですね。

肌着は?着せるならどんなものがいいの?

夏場の赤ちゃんはとにかくよく汗をかくので、肌着は通気性がよく吸湿性に優れたものが理想的です。通気性の悪い肌着だと、汗をかいたときに熱がこもり、赤ちゃんが不快に感じてしまいます。

肌着の素材は、綿100%やガーゼなどが肌にも優しくおすすめです。ポリエステルは通気性が悪いため、夏にはおすすめしません。

ノースリーブの肌着も売られており涼しそうですが、脇の汗もしっかりと吸収できるよう、半袖の肌着がよいでしょう。薄手のものを選んであげたいですね。

また、赤ちゃんが汗をかくと肌着がぐっしょりと濡れることもあります。お出かけのときには肌着の替えを持っておいて、こまめに着替えさせてあげれるとよいですね。

パジャマはお腹が出ないことが重要

赤ちゃんは、寝るときにもたくさんの汗をかきます。夏のパジャマには、薄手で通気性のよいものを選んであげましょう。

ただ、赤ちゃんは寝相がとっても悪いので、掛け布団が脱げてしまうこともあるかと思います。夜中に何度かけ直しても、足で蹴って脱げてしまう…なんて悩むママも多いですよね。

クーラーが効いた部屋でお腹が出たまま寝ていると、風邪をひいたりお腹を壊したりする原因になります。掛け布団がなくてもお腹が冷えないように、腹巻付きパジャマを選ぶとよいですね。

持っているパジャマがそうでない場合には、腹巻を別でつけてあげるとよいでしょう。腹巻の部分が汗で濡れていないかだけチェックして、濡れていたら着替えさせてあげてくださいね。

暑い夏。赤ちゃんと家での遊び方

猛暑対策!水を使った遊びで親子で涼しく

やっぱり暑い日には、水遊びがしたいですよね。赤ちゃんの水遊びは、しっかりとお座りができるようになった生後5、6カ月以降がよいでしょう。

初めての水遊びはお風呂ですると、準備が少なくて始めやすいですよ。25〜30℃のぬるめの水を少量はって遊びましょう。

水に慣れてきたら、ビニールプールで水遊びも楽しいですね。プールの中で使える小さいおもちゃがあると赤ちゃんも楽しめますよ。

水遊びで気をつけたいのは、赤ちゃんは頭が重く少しの水でも溺れる危険性があるので、絶対に目を離さないことです。また、水遊びした後にはしっかりと体をふき、体が冷えないようにしてあげましょう。遊んだ後は疲れるので、お昼寝もさせてあげてくださいね。

家にある不要物を使ったエコ遊び

猛暑の日には無理に外に出ず、家の中で遊ぶのもいいですよね。どの家庭にもある、いらなくなったものを活用したエコ遊びを2つご紹介します。

「ペットボトルでマラカス」

空いたペットボトルの中にビーズや鈴など音が鳴るものを入れてキャップをすると、ガシャガシャ音がするマラカスになります。中身が出ないようにしっかりテープで止めてくださいね。カラーテープで飾り付けをしてもかわいいですよ。

「ダンボールトンネル」

大きめのダンボール2つを筒状にしてつなぎ合わせると、くぐると楽しいトンネルの出来上がりです。側面を切りとって窓を作ったり、出口にひらひらをつけたりするともっと楽しくなりますね。

誰でも簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

やっぱり市販のおもちゃは最強

赤ちゃんは成長するにつれて、どんどんと興味が変わっていきます。今の月齢だとどんなおもちゃに興味があるんだろう?と悩んだときには、市販のおもちゃの対象年齢を参考にすると探しやすいですね。

市販のおもちゃは種類が豊富にあるため、いろいろな形状のものを試してみるとよいですよ。安全性も確保されているので、安心して遊ばせることができます。

「知育玩具」と呼ばれるおもちゃは、人気がありますよね。指先を使ったり、お音楽が流れたりするおもちゃには赤ちゃんも興味津々です。

ただし、赤ちゃんには好みもあり、せっかく買ったのに遊んでくれない…ということもよくある話です。お気に入りの一品を見つけてあげれるとよいですね。

まとめ

暑い夏は、大人も同じですが赤ちゃんもたくさんの体力を消耗します。まだ話すことができない赤ちゃんは体調を伝えることができないので、こちらで紹介した内容を参考に、ママがよく赤ちゃんをみてあげてください。

もちろん、ママも無理をしてはだめですよ。赤ちゃんと一緒に暑さ対策をして、夏を快適に過ごしてくださいね。

そして何より、夏しか遊べない遊びを取り入れて、赤ちゃんと初めての夏を思いっきり楽しみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018