就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティタイツの効果や役割って?選ぶポイントやタイツの楽しみ方

マタニティタイツの効果や役割って?選ぶポイントやタイツの楽しみ方

臨月近くなるとズボンを履くのも辛くなってくるので、ワンピースを着ると楽ですよね。ワンピースには冷え防止に、マタニティタイツを活用しましょう。マタニティタイツは様々な効果や役割があり、オシャレなものもたくさんあります。ここではそんなマタニティタイツの効果や役割、選び方のポイントをお伝えします。

マタニティタイツの効果や役割とは

産前から産後まで履けるすぐれもの

マタニティタイツはその名前から想像すると、妊娠中にしか履けないものだと思いますよね。しかし、履ける期間というのは特になく、産前から産後まで長く使えるものです。妊娠中は大体、寒くなってきた秋から冬にかけて履く方が多いようです。

それでは一般的なタイツとマタニティタイツとではなにが違うのでしょうか。それは、お腹周りの部分が大きく伸びやすく、妊娠中の大きくなったお腹でも楽に履くことができるという点です。

その分、一般的なタイツよりもお値段が高めではありますが、産後も履けるため、コストパフォーマンスはよいですね。最近はオシャレなデザインのものも多く、産後に着たいオシャレな服にも違和感なく合わせることができます。

マタニティタイツは冷え対策にも効果的!

妊娠中の体に冷えは大敵です。妊娠中の体はママの血液中の酸素や栄養を赤ちゃんへ送っています。そのため、ママの体が冷えると血流が悪くなり、赤ちゃんへ届く酸素や栄養も少なくなってしまいます。

また、ママの体が冷えると体の免疫力が低下します。するとママが体調を崩しやすくなり、お腹が張りやすくなるようです。妊娠中は体を冷やさないように注意しましょう。

冷え対策にはマタニティタイツが効果的です。マタニティタイツは大きなお腹を締め付けないように、よく伸びる構造になっています。お腹を締め付けることもお腹の血流を悪くするため、一般的なタイツよりマタニティタイツがおすすめです。

裏起毛のものなど、保温効果が高いものもたくさんあります。

つわり対策での着用も効果あり

妊娠すると大体の方が悩まされるつわり。このメカニズムは詳しくわかってはいませんが、妊娠初期の3~4カ月になる方が多いようです。

つわりはなにもしていなくても辛いものですが、冷えや締め付けによって悪化してしまうことも。特に足首、腰回り、下半身を冷やすこと、締め付けることがよくないようです。

お腹がまだ大きくなっていなくても、お腹周りがゆったりとしたものを身に着けるとよいですよ。マタニティ用のショーツ、タイツ、ズボンなどに切り替えましょう。

冷え込む冬は、マタニティタイツを履いて腰回りや足首を温めるとつわりに効果的です。最近ではゴムがよく伸びるタイプや、ゴムの長さを調節できるタイプなど種類も様々。自分の好みに合ったものを選びましょう。

マタニティタイツを選ぶポイント

季節にあった素材を選ぼう

マタニティタイツは寒い季節だけのものではありません。妊娠中は季節を問わず、冷えや締め付けに注意する必要があります。

春は少し肌寒いと感じることもありますし、夏でも冷房のきいた部屋にいると知らない間にお腹周りが冷たくなっていることもありますね。季節にあった素材のマタニティタイツを選び、冷え防止を心がけましょう。

春や夏は、吸放湿性の高いシルクや汗をよく吸い取る綿素材のものを選ぶとよいですよ。これらの素材は肌の弱い方にも優しいので、快適に履くことができます。

秋や冬は、80デニール以上や裏起毛タイプのものを選びましょう。各社で保温効果の高い素材を使ったマタニティタイツが販売されています。手触りを確かめて、履き心地のよいものを選びましょう。

着圧の効果があるマタニティタイツも

妊娠中は体内の水分量が増えるため、足のむくみが気になる方も多いようです。また、血流が悪くなりやすく、血管が詰まりやすくなるトラブルも。着圧効果があるマタニティタイツを履くことで、それらを予防する効果が期待できます。

着圧効果があるタイツを履くと、脚全体を圧迫することで脚の筋肉が血液を送り出す機能を高めます。それによって、むくみや血管の詰まりを予防する効果があるようです。さらに、脚を細くスッキリとみせることができます。

ワコールのタイツは大き目につくられていて、つま先から股下まで3段階の着圧効果があります。足首から上へ段階式に圧力が弱まるようにデザインされているため、お腹を締め付けず、履き心地がよいと高評価です。

ストッキングやレギンスタイプと種類も豊富

妊婦さんもときと場合によって着る服も様々です。マタニティタイツも様々なシーンに合わせて使い分けて楽しむことができます。

通勤やフォーマルな場所に行く場合におすすめしたいのが、ストッキングタイプのマタニティタイツです。程よく素肌が透ける20デニールほどのものを選ぶと、脚全体がスッキリ、上品にみえます。さらに着圧効果があるものは、むくみやすい立ち仕事や座り仕事が長い方にはピッタリです。

普段着として、とにかく暖かさを重視する方におすすめしたいのが、レギンスタイプのマタニティタイツです。160デニールほどのものや裏起毛タイプのものを選ぶと、抜群の暖かさです。黒を選べば、どんな服にも合って重宝しますよ。

マタニティタイツでもオシャレを楽しもう

春~夏は薄いデニールでオシャレに

冷えからお腹を守るために履くだけでなく、どうせ履くならオシャレを楽しみたいですよね。春~夏は汗をかく季節ですので、なるべくデニール数が小さめのストッキングを選びましょう。

デニール数とは、ストッキングを編んでいる糸の太さの単位です。この数値が大きいほど厚手のストッキングとなります。

デニール数が小さめのストッキングは、通気性がよい上に素肌がうっすら見えることでオシャレに見えます。春のスカートに合わせるにはおすすめです。

夏にも冷房対策かつオシャレを楽しむためにストッキングを履きましょう。どうしてもお腹までのものは暑すぎる場合は、ももまでのストッキングもよいですね。編み模様も様々なものが販売されていて足元のオシャレを楽しめます。

秋~冬は濃いデニールや裏起毛で暖かく

肌寒くなり始める秋から寒さが厳しい冬にかけては、しっかりとした防寒対策が必要です。マタニティタイツは、80~160ほどの濃いデニールのものを選びましょう。しっかりとした厚手の生地なので、冷たい風から守ってくれます。

濃いデニールのものは防寒性に優れていますが、伸びづらく締め付けが気になる方もいるようです。80デニールのものは伸びもよく、見た目の濃さもちょうどよいので、様々な服に合わせやすく重宝します。

しかし、真冬に80デニールでは寒さが気になるという方は、裏起毛タイプを選ぶとよいですよ。肌に直接触れる面がフワフワしているので、体温を逃がしにくく、保温効果に優れています。オシャレを楽しみつつ防寒対策をするにはピッタリですね。

色や柄も豊富!タイツもファッションの一部

最近のマタニティタイツは、普通のストッキングのように色や柄が豊富です。妊娠中もオシャレを楽しみたい方が多いことがわかりますね。

色のラインナップはビビットなものから落ち着きのある色まで、幅広いものが販売されています。オシャレはしたいけど、ビビットな色だと服と合わせるのが難しいと抵抗がある方には、さりげないオシャレができるアースカラーがおすすめです。

また、柄のラインナップも豊富で、ちょっとお出かけしたいときに履くと一気に華やかな印象に。可愛らしい雰囲気にしたいときはドット柄、フォーマルな場所への服装にはダイヤ柄などを選んでみましょう。

マタニティタイツも今やファッションの一部です。様々な装いに合わせて選んでみましょう。

まとめ

妊娠中は冷えや締め付けによって、お腹が張ったり、つわりが酷くなったり、むくんだりと、様々なトラブルが起きます。そんなトラブルから身を守るために、マタニティタイツは有効です。妊娠中の大きなお腹を優しく包み込み、温めてくれます。

昔は妊娠中に着る服に種類はさほどありませんでしたが、今はその種類も豊富で、気軽にオシャレを楽しめる時代です。好みや季節に合わせて素材や色、柄などを上手に選んで、一年中快適で素敵なマタニティライフを楽しみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR