就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児の男の子の遊び方。遊びで学ぶことや屋内、屋外の遊びをご紹介

5歳児の男の子の遊び方。遊びで学ぶことや屋内、屋外の遊びをご紹介

1人やみんなで遊ぶ!5歳男の子の屋内遊び

想像していろいろ作ろう!ブロック遊び

今度は屋内で楽しめる遊びをご紹介したいと思います。雨の日で外遊びができないときなど、ぜひ参考にしてみてください。

まずはブロック遊びです。5歳になると手先が器用になってくるので、小さいブロックでも上手に扱うことができます。ブロック遊びは指先をよく使うので、脳へのよい刺激となるのです。自分のイメージしたものを作るときには、たくさんの色や形があるパーツの中から、作るものに合わせたものを選びます。そのため組み立てには、様々な能力を必要とするのです。

想像力を高め独創性を養うにはぴったりの遊びといえるでしょう。またブロック遊びには、集中力を高める効果もあります。黙々と遊べるよう、ママは環境を整えるようにしましょう。

みんながヒーロー!戦いごっこ

多くの男の子が、「戦いごっこ」を経験するのではないでしょうか。戦隊ものやライダーもののキャラクターになりきって戦いを真似してみたり、ときには時代劇をみて刀の使い方を真似してみたり。とにかく男の子は強いヒーローになって悪を倒すことが大好きです。

戦いがヒートアップしてくると、力を入れ過ぎてしまうこともあるかもしれません。せっかくの楽しい遊びで怪我をするなんてことがないよう、戦いごっこをするときにはルールをしっかりと決めて遊ぶようにしましょう。

ママからすると、乱暴で危ない遊びに見えるかもしれません。しかし戦いごっこは相手の痛みを知ったり、手加減や仲間意識を学んだりすることができるものです。ママやパパはしっかり見守りながら遊ぶようにしましょう。

足元など周囲に気をつけて!風船遊び

室内でも体を動かせる「風船遊び」もおすすめです。膨らました風船をバレーボールのように床に落とさないようにトスしあったり、サッカーのリフティングのように足だけで何回風船を落とさずられるか挑戦してみたり。ふわふわ浮かぶ風船の動きに、いつものボール遊びとは違った楽しさを感じることでしょう。

風船を膨らませるときには、腹筋や肺活量を鍛えることができます。膨らますことは大変な作業ですが、できないからといってママが全部してしまうのではなく、子どもにもチャレンジしてもらいましょう。

5歳児は自分で遊びを考え出すことができます。ママでも思いつかない風船を使った遊びがひらめくかもしれません。足元に気をつけてみんなで楽しみましょう。

遊ぶ5歳の男の子とママとの関わり合い方

危ない遊びも少し見守ろう

身体を動かすことが好きでとにかくじっとしていない5歳の男の子は、遊び方もダイナミックになっていきます。気がつくと落ちている枝を拾って剣に見立て、周りの友だちと戦い始めることも多いでしょう。普段は仲がよい友だちとでも、戦いごっことなれば真剣です。ママからみるとハラハラするような戦いを繰り広げますよね。

もしかしたら友だちに怪我をさせてしまうかもしれませんし、逆に我が子が怪我を負うかもしれません。戦いごっこがトラブルに発展することもあるでしょう。ですが、男の子は危ない遊びを通じて多くのことを学びます。大きな危険に発展しない間は、子どもを信じてママは見守ることに徹しましょう。そして子どもが手助けを求めてきたときに、手を差し伸べましょう。

ほかの子と違っても気にしない

5歳ごろになれば友だちと一緒に協力して遊ぶ様子が見られるようになってきます。ですが、中には一人で黙々と遊ぶ子どもや、周りの誘いをものともせずに好きな遊びに熱中する子どもがいます。何となく我が子が周りと一緒に遊ばない様子を見ると、ママは心配になるかもしれませんね。

ですが「この年齢ではこのように遊ぶのが一般的」といった基準は、あくまでも基準です。それに当てはまらないからといっても何ら問題はありません。ほかの子と違っても、ママが気にする必要はありませんよ。

子どもが興味を持つ遊びは、自分が今どのようなことに興味を持っているのかにより変わります。今やりたい遊びで遊んでいるだけなので、周りと違ってもよいとおおらかに見守りましょう。

好きな遊びに没頭する年ごろ

ヒーローごっこが好きな子、電車が好きな子、工作が好きな子など、5歳ごろの男の子は好きなことがはっきりとしてきて、好きな遊びばかりに没頭する年ごろです。ママがよかれと思って買ってきた知育玩具には目もくれず、同じ遊びを繰り返すこともあるでしょう。

親が与えた遊びではなく、子どもが自分で面白いと感じて遊ぶことは、子どもが成長する過程の中で重要なステップです。自分で考え、工夫を凝らしながら遊んでいるのですから、遊びに没頭する子どもの脳はフル回転していることでしょう。

今日もまた同じ遊びをしているとママが感じても、男の子は日々真剣に考え遊んでいるのです。たくましくなってくる想像力や発想力で、さらに深く没頭することもありますよ。

まとめ

5歳になると遊び方も上手になってきます。無限に湧き出る想像力で、次から次へと楽しいことが思いつき、熱中して遊ぶことでしょう。ママは、集中して遊べる環境づくりを意識してみるとよいかもしれません。

男の子は遊びに夢中になると、周りが見えにくくなります。ママがドキッとするような危ないことをしようとするかもしれません。子どもだけで上手に遊べるようになったとしても、目を離さず見守りましょう。この時期に遊びで「楽しい」と思う経験がたくさんできるとよいですね。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND