就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママになっても時短メイクで綺麗でいたい!忙しいママ必見のメイク術

ママになっても時短メイクで綺麗でいたい!忙しいママ必見のメイク術

朝から大忙しのママは、ゆっくりメイクに時間をかけることもできませんね。どうしても後回しになってしまいがちな自分のことですが、いつも綺麗でいたいという女心は忘れたくないですね。そんなママのために時間がなくても簡単に綺麗が叶う時短メイクのテクニックをご紹介します。

時短メイクにおさえておきたいポイント

紫外線対策のベースメイク

メイクの肝になるのがベースメイクです。なめらかで色むらのない肌を最初に作っておくことがポイントメイクを際立たせる秘訣になります。

さらに、未来の肌に自信を持つためにも紫外線対策は必須です。一般的に、ベースメイクには時間をかけるべきという考えが浸透していますが、忙しいママにはこのベースメイクこそ時短で仕上げてほしいポイントです。

最近では日焼け止めや化粧下地、ファンデーションの役目も1本で果たすBBクリームやCCクリームがたくさんあります。朝の忙しい時間でも洗顔後にはオールインワン化粧品とBBクリームがあれば2ステップで基礎化粧とベースメイクが完成します。

時短アイテムでも使い心地や美肌効果が高い商品もあり、あなどれませんよ。

眉毛は生やしておこう

顔の印象を大きく変えるのが眉です。メイクでも眉を忘れただけでなんだかぼんやりした顔になってしまいますね。

ですが、ばっちりメイクのために眉を細く整えすぎると、ノーメイクとのギャップが大きくなります。かといって、眉だけしっかり描いてしまうとほかとのバランスが崩れ、結局はフルメイクをしなくては違和感のある顔になってしまいます。

最近ではナチュラル系の眉も流行っていますので、自然な形を生かすような眉メイクのテクニックを覚えるとママにもピッタリのナチュラルメイクになります。もちろん、眉が濃い人は普段から形を整えるだけでOK。

もとの眉毛がしっかりあると、パウダーで濃さを足したり、ペンシルで眉尻を足すだけで一気にあか抜けた顔になります。

頬と口元の血色でイメージアップ

疲れた印象を与えてしまう原因は顔色にあります。血色が悪い顔は元気なママにはふさわしくありませんので、若々しく、はつらつとしたイメージになるためにも頬と口元の色を整えることが大切です。

とくに血色のよさが表れるのが唇です。唇が青ざめていたり紫色だと周りから心配されてしまうかもしれませんよね。

ですが、口紅を使う前、唇の血色の悪い人は意外と多くいます。普段の唇の色が肌色と同じ、またはワントーン暗いというママは口紅を使うだけで一気に華やかになります。

頬にも赤みがあるとかわいらしさがアップします。チークの入れ方によっては小顔効果もありますので、なりたい自分に合わせてメイク方法を変えてみるのもよいですね。

パーツ別おすすめの時短メイク術

時間をかけない【ベースメイク】

女性がメイクにかける平均時間は15分だそうです。意外と早い印象ですが、時短メイクはそれよりも短い5分以内を目指しましょう。

スピーディーにメイクを完成させるためには一番時間のかかるベースメイクを見直すのが効果的です。ここで活躍するのがBBクリームやCCクリームといった複数の機能が入ったファンデーション。

時短のための塗り方にも一工夫してみましょう。パール大のクリームを手に取り、両手で広げてから顔全体を包み込むようにクリームをなじませます。

手に残ったクリームで小鼻などの細かい部分、色むらなどの気になる部分を押さえていけば完成です。クリームが毛穴をしっかり隠すのに薄づきも叶うテクニックです。

時間をかけない【アイメイク】

目力という言葉もあるように、アイメイクがうまくいくと魅力はますますアップします。アイメイクには眉メイクやまつげメイクなども含まれます。

眉はナチュラルがブームなので、時短メイクにも追い風ですね。そのままの形を生かし、パウダーでふんわり仕上げるなどあまり手を入れないように注意しましょう。

時間をかけたくないときでもビューラーとマスカラはマストなアイテムです。ここで手を抜かないのが完成度をあげるポイントです。

アイシャドーは思い切ってスキップしてもよいですが、アイラインは目力アップに効果絶大ですので、ナチュラルメイクであってもペンシルでまつげの間を埋めるようにラインをひきましょう。ブラウンを選ぶとより自然な仕上がりです。

時間をかけない【口元メイク】

顔色をパッと華やかにするのが口紅の効果です。ですが、口元のメイクに使えるのは口紅だけではありません。

グロスや色付きリップ、ペンシルなどいくつか種類がありますが、時短メイクの視点から見るとどれを使ってもあまり違いはありません。口元メイクで重要なのは何を使うかではなく、ベースとなる唇の状態です。

どんなに美しい色の口紅を塗っても、唇が乾燥してガサガサだったら余計に痛々しさが目立ってしまいます。何も塗っていなくても、プルっとした血色のいいつややかな唇であればそのままで問題ありません。

唇の状態に合わせて、ケアもできる色付きリップなどをこまめに使うとよいですね。マットなものよりも、つや感のあるアイテムの方が若々しく見えますよ。

時短メイクにおすすめのアイテム

ベースアイテムは一つでしっかりカバー

時短メイクのためにはアイテム選びが重要です。どんなに便利なアイテムでも、使い方に慣れなかったりうまく使えなかったりすると意味がありません。

時短アイテムの定番といえばBBクリームですが、これはオールインファンデーションと呼ばれるメイク用品の中の一つで、BBクリームという名前がついていなくてもたくさんの機能を備えたベースメイク用のアイテムがあります。

美容液、日焼け止め、化粧下地にファンデーションを一つにまとめられるので、複数のアイテムを使うよりもスピーディーにメイクが完成します。コンパクトタイプやチューブ入り、プレストパウダータイプなど形状やテクスチャーもさまざま。

カバー力や保湿力など好みに合わせて選びましょう。

マスカラで手抜き感ゼロに!

まつげがしっかり上がっていると目力アップ、まぶたも持ち上げられて二重がくっきりしてくる人もいるようです。

まつげをしっかりカールさせるためにはビューラーが必要です。根元からしっかりはさんだ後、毛先に向かってスライドさせながら2、3回はさむと美しいカールができます。

このカールを長時間キープするために欠かせないのがマスカラです。カールの維持、長さやボリュームアップなど種類がありますが、意外と見逃しがちなのが色選びです。黒は定番でくっきりとした目元に仕上がりますが、ブラウンを選ぶと柔らかくナチュラルな印象になります。

メイクの最後にやりがちなマスカラですが、思い切って一番最初にすると目元に合わせたメイクができますよ。

リップ&チークで血色のよい印象に

頬や唇は内側から血色のよさが浮き出たような仕上がりを目指すと自然です。チークが濃すぎると一気に派手になってしまうので気をつけましょう。

色味を使ったメイクがリップとチークだけの場合、二つの色味をそろえるのがまとまりよく仕上げるポイントになります。そこでおすすめの時短アイテムが、リップとチーク両方の機能を備えたクリームチーク。

パウダーではなくクリームなので、指にとってポンポンと馴染ませるだけでチークに、唇に乗せればリップに早変わりします。化粧直しも1アイテムで2パーツできますので、大きな時短になりますね。

普段使っている口紅などのリップアイテムも頬に乗せてチークとして使えることを覚えておきましょう。

まとめ

時短メイクだけでなく、時短スキンケアができるアイテムもブームなのでうまく組み合わせるとメイク時間もどんどん短くできるかもしれません。普段の生活から綺麗を意識することは、いつまでも若々しくいるために効果的です。

メイクをパパっと済ませるためには、素肌の美しさも必要不可欠です。スキンケアやリップケアも綺麗なママでいるためには頑張りたいですね。

時短メイクでもママの美しさを最大限引き出すことは可能なので、自分なりの方法でメイクを楽しみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018