就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの声はなぜ裏返る?赤ちゃんの気になる声を聞き分けよう

赤ちゃんの声はなぜ裏返る?赤ちゃんの気になる声を聞き分けよう

赤ちゃんがいつもと違った裏返るような声を出しているとき「急にどうしたの?」「体調が悪いのかな?」など、心配になるママは多いかもしれませんね。赤ちゃんは言葉を話すことができないので、いつもと声が違うと不安になりますよね。ここでは、赤ちゃんの声が裏返る理由や、声を聞き分ける方法などをご紹介します。

赤ちゃんの泣く声には様々な種類がある

生理的に不快なものを訴えている

赤ちゃんは泣くのが仕事といわれていますが、抱っこしてもなかなか泣きやまないと「どうして泣いているの?」「体調がよくないのかな?」など、ママは焦って対応に悩みますよね。

赤ちゃんは様々な理由で泣きますが、生理的に不快なことがあったときはママに気づいて欲しくて大きな声で泣き出します。たとえば、おむつが汚れて気持ち悪い、汗をかいて服が濡れている、暑い寒いなど、不快を感じたときは泣いてママに必死で訴えますよ。

子育てに慣れていないと、赤ちゃんがなぜ泣いているのか見分けるのが難しいですよね。赤ちゃんが泣き始めたら、まずはおむつや服が濡れていないかなど、不快に感じているところがないかをチェックしてみましょう。

ただママの気を引いているだけ

赤ちゃんはママに抱っこされるのが大好きなので、できればずっとママとくっついていたいと思っています。しかし、ママは赤ちゃんのお世話以外にも家事をこなさなければならず、常に赤ちゃんを抱っこするのは厳しいですよね。

「ママに抱っこして欲しい」「ママに構って欲しい」など、ママの気を引くためでも赤ちゃんは泣き始めますよ。赤ちゃんと少しでも離れるだけで「うぁー」「キャー」などと大きな声で泣かれると、ママも疲れてしまいますよね。しかし、ママの気を引きたくて泣くのも成長の証でもあるので、おおらかな気持ちで受け止めましょう。

赤ちゃんが泣いているときは「もう少し待っててね」とこまめに声かけすると、赤ちゃんも安心しますよ。

異変のサインや黄昏泣きの場合も

赤ちゃんは泣くことで、ママに様々なことを教えてくれますよね。構って欲しい、おむつが汚れているなどで泣くのが多いですが、体に異変を感じて泣いている可能性もありますよ。

いつもと泣き声が違うと感じたら、赤ちゃんのそばでしばらく様子を見ましょう。赤ちゃんの体調を確認するために体温を測ったり、全身に異常がないかをチェックしたりして、少しでもおかしいと思ったらすぐに病院に行ってくださいね。

また、夕方ごろに赤ちゃんが泣き出す場合は、黄昏泣き(夕方ごろになると急に寂しくなって泣き出すこと)が始まった可能性があります。黄昏泣きは成長すれば治まってくるので「大丈夫だよ」と優しく赤ちゃんとふれあうことが大切ですよ。

赤ちゃんの声はどんなときに裏返る?

叫んでいる裏声のような赤ちゃんの奇声

生まれたばかりの赤ちゃんには泣き声に違いを感じていなかったママでも、成長していくにつれて「ギャー」「うぁー」など、叫び声のような裏声を発する赤ちゃんにびっくりする方もいますよね。耳がキーンとなるような奇声に「急にどうしたの?」と心配になるママも多いでしょう。

赤ちゃんが奇声を発することは、成長している証拠なので心配はありません。「大きな声だね。すごいね」「どうしたのかな?」など、優しく話しかけるとよいですよ。

しかし、なかなか奇声が収まらないと「いい加減に静かにして」「うるさいな」とイライラしてしまいますよね。ママのイライラが伝わると余計に泣きやまないことが多いので、おもちゃや絵本など、赤ちゃんが気分転換できるアイテムを活用しましょう。

嬉しさや楽しさで興奮している

赤ちゃんは成長してくると聴覚がさらに発達して、自分の声と周りの音を聞き分けられるようになります。「自分の声はこんな声なんだ」と知った嬉しさから、声を出して楽しんでいる可能性があります。

赤ちゃんが「キャー」「ギャー」など、大きな声を出して喜んでいるときは「そんなに大きな声を出してどうしたのかな?」「すごい大きな声だね」など、話しかけてみましょう。パパやママに褒められると、やる気になってたくさん声を出してくれますよ。

また、おもちゃで夢中に遊んでいるときや、何かに興味を持ったとき、初めて見た物を触ったときなども、興奮して奇声を発するときがあります。奇声を発する以外にも、手足を嬉しそうにバタバタ動かしたり、笑ったりなど、全身で表現してくれるでしょう。

自分の思いを主張している

赤ちゃんは成長とともに「今はこれで遊びたくない」「離乳食を食べたくない」「これで遊びたい」など、自己主張が出てきますよね。自分の思いをママに伝えたくて、奇声のような高い声を出す場合がありますよ。

赤ちゃんの欲求をすべて通すことができれば、赤ちゃんは奇声を発さずに済みますよね。しかし、すべてにおいて赤ちゃんに合わせることは難しいので、欲求が満たされないときに「ギャー」と大きな声を出してママに訴えるでしょう。

欲求がすべて通るわけではないと教えることも大切なので「もっと遊びたかったよね。お風呂に入ってからまた遊ぼうよ」「もうねんねの時間だから、明日にしよう」など、赤ちゃんの気持ちを受け止めてから、今やるべきことを説明するとよいですよ。

赤ちゃんの声を聞いて気持ちに寄り添う方法

裏声が病気に関係している可能性を考える

先ほどご紹介したように、赤ちゃんが裏声を発することが病気に関係しているときもあります。裏声を発しているときは、赤ちゃんの体に異常がないかをチェックすることが大切ですよ。

発熱や全身に異常がない場合は、音声障害の可能性も考えてみましょう。音声障害とは、音声が正常に働かなくなり、いつもとは違った発声になってしまうことです。

たとえば、難聴(言語発達が遅れることが多い、普段の声が大きくなりがち)や声帯ポリープ(風邪を引いたときに無理に発声を繰り返すことで起こりやすい)などの病気が関係していることもあります。ほかにも、声に異常が出る病気はいくつかあるので、赤ちゃんの様子を普段からしっかり見ておきましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC