就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

仲良し夫婦でいられる確率はどのくらい?円満な夫婦の特徴と秘訣とは

仲良し夫婦でいられる確率はどのくらい?円満な夫婦の特徴と秘訣とは

子どもが生まれたとたん、夫婦仲が悪くなったという話を耳にしたことはありませんか?また、子どもがいる、いないに関係なく、仲の良いご夫婦もいらっしゃいますよね。夫婦ですから仲が良いのが一番です。そんな夫婦円満でいるための秘訣や特徴について、お話ししますね。

円満夫婦の割合と関係を変化させる危機とは

「夫婦円満」と答えた夫婦は約8割

 ゲンナイ製薬株式会社の統計データによると、「夫婦の関係は円満ですか、円満でないですか」といった問いに対して、非常に円満であると答えた人は全体の42.5%、やや円満であると答えた人は40.5%、あまり円満でないと答えた人は12.7%、まったく円満でないと答えた人は4.3%で、約8割の夫婦は「夫婦円満」と答えたそうです。

「夫婦で晩酌をしますか」の問いに対しては、円満夫婦は53.1%、不仲な夫婦は28.2%、「手つなぎデートをしますか」の問いに対しては、円満夫婦は32.3%、不仲な夫婦は8.8%となりました。

夫婦で一緒に過ごす時間を設けることやスキンシップをとることが、円満夫婦の秘訣なのかもしれませんね。

産後クライシスが夫婦円満の確率を下げる

出産をした後、夫婦仲が悪くなる「産後クライシス」という言葉を聞いたことがありますか?特に第1子誕生の後に多いようです。そのころに離婚が頭に浮かんだことのあるママの割合は約半数にものぼるそうですよ。

なぜこのような事態を招いてしまうのでしょうか。それは、パパが「赤ちゃんはママが一番」と思い込み、育児をママ任せにしてしまうことが原因にあるようです。

ママは産後3カ月間、ホルモンの影響で心身が安定していないのに加えて、夜中の授乳や夜泣きへの対応による寝不足状態で疲れ切っています。出産も大変ですが、ママにとっての戦いは産後3カ月なのです。パパもそのことを理解して、積極的に育児をすることができれば、離婚を考えるママの割合は減るのではないでしょうか。

子どもの誕生は夫婦関係にも変化をもたらす

子どもが誕生すると、ママは母親としての責任感が宿り、その責任感からパパよりも子ども優先という思いが強くなります。頻繁な授乳や、睡眠時間の減少、社会からの疎外感など、心身ともに不安定になります。

一方パパは、パパ優先でなくなってしまったことにさみしさを感じるかもしれませんね。仕事の後疲れて家に帰り、慣れない育児で余裕のないママの話を聞くことにうんざりしてしまうこともあるでしょう。お互いに出産前には感じることのなかった思いがあらわれます。

育児に対するストレスが2人の関係を悪化させてしまうのでしょうね。この夫婦関係の変化はパパとママにとっての試練なのかもしれません。夫婦の絆を強めるチャンスと前向きに考えていきましょう。

こんな夫婦なら円満!仲良し夫婦の特徴

感謝の言葉をきちんと伝える

円満夫婦の特徴は、感謝の気持ちや愛情をきちんと言葉にして伝えあっていることです。夫婦だから「あれ」「これ」でわかるということはありません。気持ちは言葉に出してこそ相手に伝わります。

ママが育児や家事をするのが当然、パパが働くのがあたりまえと思っていませんか。どちらも役割を担っているのですが、あたりまえと思うのではなく、「おいしいご飯を作ってくれてありがとう」「今日もお勤めごくろうさま、大変だったでしょう」などとお互いに感謝の気持ちを言葉にすれば、自然と思いやりの心が芽生えてくるのではないでしょうか。

感謝の気持ちは夫婦仲を良好にします。どのような場面においても常にこの意識を持っていたいものですね。

家事の分担をきちんとしている

共働きの夫婦も多い中、家事の分担をしていない家庭は少なくなってきています。夫婦円満を維持していくためには「これはしてほしい」ということをお互いに伝えることが大切です。

手伝う気持ちはあるけれども、何をしたらよいのかわからないというパパの話をよく聞きます。また、手伝おうと張り切ってしてみたら邪魔にされたなどという話も耳にします。

ママから「これをしてほしい」とかわいく頼まれると、きっとパパは手伝ってくれますよ。そして、ママから「ありがとう」の言葉が聞けると、頼られる嬉しさからルーティン化するかもしれません。

家事の分担は、パパとママの共同作業ともいえます。夫婦円満で過ごすためにお互いを思いやるようにしましょう。

日常的にスキンシップが多い

パパと手をつないで歩いていますか?結婚して家庭を持つと、周囲に知り合いも増え、パパと手をつなぐことが恥ずかしいことのように思うママも多いのではないでしょうか。しかし、日常的にスキンシップをとっている夫婦には、円満夫婦が多いようです。

では、どんなときに手をつなぐのでしょうか?散歩中に手が触れたらそのままつないだり、人ごみで離れ離れにならないように手をつなぐそうですよ。

話しているときに自然と肩に触れたり、笑っているときに体を寄せあったり、そのようなことが自然とできるのが、円満夫婦の特徴です。

スキンシップをしばらくとっていない夫婦もいらっしゃると思います。まずは、ソファーで隣に座るといった日常の何気ない場面で始めてみてはいかがでしょうか?

いつまでも仲良し夫婦でいる秘訣を学ぼう

子どもを預けて夫婦二人の時間を作る

ゲンナイ製薬が実施した「夫婦デート」についてのアンケート結果によると、デートをすると夫婦仲がよくなると6割の方が回答し、「惚れなおす」きっかけにもなっているそうです。

子どもと一緒ですと子どもの喜びそうな公園やファミレス、ショッピングモールなどを優先しがちですが、夫婦2人ですと「おいしいお店の開拓」「おしゃれなカフェ」「ちょっと豪華なフレンチ」など、外食をゆっくり楽しめますね。

パパとママ2人だけの時間には、夫婦円満の効果があるようです。夫婦で共通の趣味をみつけてみたり、付き合っていたころに行ったところでデートをしたり、晩酌をしながらじっくりと話をしたり、ずっと仲良しでいられるように夫婦水入らずの時間を作ることをおすすめします。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC