就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠線にマタニティクリームは必要?しっかり予防するための基礎知識

妊娠線にマタニティクリームは必要?しっかり予防するための基礎知識

妊娠中のトラブルの一つである「妊娠線」は、多くの妊婦さんの悩みの種ではないでしょうか。妊娠線は「ママになった証」ともいえますが、できないならそれに越したことはないもの。そんな「妊娠線」をできにくくするためには、どうしたらよいのでしょうか?今回は、妊娠線をしっかり予防するための基礎知識をお伝えします。

妊娠線ができてしまう原因と時期

妊娠線はいつからでき始める?

妊娠線とは、妊婦さんのお腹や太ももの皮膚などに、筋状や網目状の線ができる症状をいいます。妊娠線は、一度できてしまうと完全に跡が消えることは難しく、妊婦さんの7割以上の人が経験するものといわれています。妊婦さんにとっては、他人ごとではすまされない話ですね。

この妊娠線はいつからでき始めるのでしょうか?明確な時期はないものの、一般的にお腹が目立ち始める妊娠中期(5~7カ月)からできる傾向にあり、お腹の赤ちゃんが一番成長する妊娠後期(8~10カ月)がもっともできやすい時期になります。

そのため、多くの妊婦さんにおいては、赤ちゃんが成長するタイミングと妊娠線ができ始めるタイミングは、大体一致しているといってよいでしょう。

妊娠線はなぜできるのか

では、なぜ妊娠線はできるのでしょうか?一番の原因は、妊娠によってお腹の皮膚が急激に引っ張られるからです。皮膚の表面にある表皮は弾力性があり、急激な伸びにも比較的対応できます。しかし、その下の真皮や皮下組織は弾力性が乏しく追いつくことができません。そのため、亀裂を起こして妊娠線ができてしまうことがあります。

もう一つの原因は、ホルモンバランスの崩れによるものです。妊娠中は、肌の新陳代謝を抑制し、修復を遅らせる働きのある「コルチコステロイド」というホルモンが大量に分泌されます。その結果、肌の弾力がなくなり妊娠線ができやすくなるのです。

新陳代謝の悪化は、骨盤の圧迫や、妊娠中の栄養不足でも起こるので注意が必要ですね。

妊娠線と正中線の違いとは

妊娠線が一番できやすい「お腹」。しかし、お腹にできる線は妊娠線だけではありません。「正中線」と呼ばれる線もありますので、違いを見ていきましょう。

「正中線」は、男女ともに生まれながらにしてあるもの。それが妊娠により、メラニン色素が増加することで濃さが増し、目に見えるようになるのです。正中線は、お腹に縦一本の線が現れます。色は、こげ茶や薄茶色。凹凸はなく痒みもともないません。妊娠5カ月頃からでき始め、正しいケアをすることで1年後には消える人が多いようです。

それに対して「妊娠線」は、お腹の周りに現れる線です。色は、紫や赤や青っぽい色。凹凸があり、かゆみをともなうことも。妊娠後期にもっとも多く現れ、完全に消えるのは難しいといわれます。

マタニティクリームを使っての予防方法

マタニティクリームはいつから使い始める?

妊娠線の予防には、肌の保湿が大切です。そのため「マタニティクリーム」を使用してみましょう。肌の変化は、妊娠初期から始まっています。妊娠線の予防を高めるためにも、妊娠初期からのケアがおすすめです。

肌は一日で整えられるものではありません。初期から使うことで、いざお腹が大きくなり始めたときに、肌をベストの状態にしておくことができます。また、妊娠中は肌が敏感になるため、クリームがあわないなんてこともあるかもしれません。そんなときも、妊娠初期であればゆっくりクリームを選別する時間がありますね。

しかし、妊娠初期はつわりがあったり、体がとても不安定だったり母子ともに大切な時期です。無理せず、調子のよいときに使用しましょうね。

マタニティクリームの効果的な塗り方

マタニティクリームの効果を最大限に得るためには、効果的な塗り方をしましょう。まず、クリームの量はたっぷりと、お腹だけではなく全身に使ってください。少量を無理に伸ばそうとすると肌の負担になり、クリームの効果も十分得ることができません。使用量の目安が書かれているものもあるので、参考にしてくださいね。

次は、出産のその日まで気を抜かずにケアを続けることです。出産が近づくとお腹はどんどん下がってきます。大きくなったお腹で見えにくい部分もしっかり忘れずに塗ってください。

最後は、塗る回数です。一日2~3回、朝起きたとき、昼、お風呂上りに塗るのがおすすめです。さらに秋冬など乾燥の気になる時期は、もう少し回数を増やして乾燥を防ぎましょう。

マタニティクリームを塗るときの注意点

マタニティクリームを塗るときは、低刺激で安全性の高いクリームを使用するほかにも、注意点がいくつかあります。

まず、温かい手にクリームを出し、手のひらで伸ばしてから塗っていきましょう。冷たい手だとクリームが伸びにくいだけでなく、お腹など冷やしてしまいます。塗るときは上下に擦らず、外側から内側に向けて一方方向に伸ばします。また、マタニティクリームは基本的にマッサージ用ではないので、マッサージは控えた方が無難です。マッサージによってお腹が張りやすくなったり、気分が悪くなったりする可能性があります。

さらに、臨月近くは、クリームが塗りにくくなります。そのときは、無理に自分で塗ろうとせず、パパや家族に手伝いをお願いしましょう。

マタニティクリームのおすすめ3選

ママ&キッズナチュラルマーククリーム

ここからは、おすすめのマタニティクリームをいくつか紹介します。まずは、助産師さんと先輩ママの協力で生まれた妊娠ボディ用クリーム「ママ&キッズナチュラルマーククリーム」です。

肌を柔らかくする成分と、潤い成分をバランスよく配合。そのため、妊娠線ができにくい肌へと導きます。また羊水と同じ8種類のアミノ酸も配合されていて、お腹の赤ちゃんにも安心ですね。無香料なので、つわりの時期からも使いやすい点もよいですよ。

そして余ったクリームは、赤ちゃんの保湿クリームとして使うこともできます。大容量のお徳用サイズがあるので、たっぷり使えますね。人気マタニティ雑誌でも、「妊娠中によかったランキング」5年連続1位を誇る、人気のクリームです。

ベルタマザークリーム

次は、2016年、2017年と2年連続モンドセレクション銀賞を受賞した「ベルタマザークリーム」です。肌に優しいオーガニックのマタニティクリームです。もともと美容に長けているブランドらしく、高品質でこだわりの美容成分が配合されています。

通常のヒアルロン酸の2倍の保湿力があるスーパーヒアルロン酸、アミノ酸を豊富に含んだプラセンタ、匂いが少なくなじみのよい魚由来のコラーゲン配合。妊娠線予防だけでなく、張りと潤いを与え、つるつるすべすべの肌へと導いてくれるのが特徴です。

オーガニック成分も5種類配合。さらに無添加にもこだわっており、妊娠中も安心ですよ。産後は、美容クリームとして使い続けることができるのも嬉しいですね。

miteteマタニティクリーム

最後は、数多くの雑誌に取り上げられ注目を集めるAFCの「miteteマタニティクリーム」です。一番のこだわりは、プレママの大切な栄養素として有名な「葉酸」を配合している点。葉酸には肌の成長を促し、肌がきれいになる手助けをしてくれる働きがあり、健やかな肌を維持します。

また、妊娠中のイライラや不安を和らげるために、天然アロマオイルのネロリを配合。香りに敏感な妊娠中でも心地よく使えますよ。さらに肌に潤いを与え滑らかにする「ライマメ種子エキス・ダーマクロレラ」や、肌を整える「アラントイン」を含み、産後の肌にも嬉しい成分が配合されています。

国内製造で、香料、着色料、鉱物油無添加の点も安心して使用できるポイントですね。

まとめ

マタニティクリームは妊娠線を予防するだけではなく、妊娠中に起こりやすい肌トラブルも抑える効果があります。妊娠中は肌が敏感になるので、普段使っているボディクリームで代用しようとせず、妊娠中のママにも赤ちゃんにも、安心して使えるマタニティクリームを使うようにしましょう。

マタニティクリームによっては、肌にあわなかったり、香りが苦手だったりすることがあるかもしれません。まずは、自分にピッタリあうクリームを探してみてください。ケアする時間がリラックスできるように、お気に入りが見つかるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018