就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママチャリは危ない乗り物?安全対策をしっかりして事故を防ごう

ママチャリは危ない乗り物?安全対策をしっかりして事故を防ごう

自転車事故は、自分が気をつけていても起こることがあります。事故に遭ったときのために、自転車保険に加入しましょう。2018年の4月からは、自転車保険への加入を義務化している地域もあります。自転車保険加入の義務化を検討している地域も多いので、自転車に乗る方は保険に入っておくと安心ですよ。

自転車保険に加入していなくても罰則はありません。しかし、万が一事故を起こしてしまったとき、保険に加入していないと高額の賠償金を支払わなくてはいけなくなるケースもあります。少ない保険料で入れるものもたくさんあるので、自転車に乗る方は保険に入りましょう。

自転車事故は、毎日のようにどこかで起こっています。「自分は大丈夫」と思わず、万が一に備えることが大切ですよ。

子どもにはヘルメットを着用させよう

子どもと一緒にママチャリに乗るときは、子どもにヘルメットを着用させることが大切です。ヘルメットは、2008年から13歳未満の子どもが自転車に乗るときに着用するように指導されています。

自転車はバランスをとることが難しく、転倒しやすい乗り物です。転倒すると体よりも頭を強くコンクリートの道路に打つ可能性が高いので、頭を衝撃から守ることが大切ですよ。

ヘルメットを着用しているときと、着用していないときでは、受ける衝撃がまったく違います。ヘルメットを着用していないことで失われた命もあるので、子どもの命を守るためにもヘルメットは必ず着用させましょう。ヘルメットはサイズがあるので、子どもの頭のサイズに合ったものを選んでくださいね。

1年に一度は自転車の点検をしよう

自転車は車と違って、一度購入すると車検がありません。しかし、毎日自転車に乗っていると知らない間に部品が壊れていたり、タイヤが悪くなっていたりする可能性もあります。1年に一度は自転車の点検に行くとよいですよ。

自転車の点検に行くと、素人では気づけない細かなところまでチェックしてくれます。故障している部分や劣化しているところがあれば、すぐに直してくれますよね。自転車の故障によって事故が起きることも少なくありません。

自転車は子どもの命を乗せている大切な乗り物なので、1年に一度のメンテナンスと思って点検に行きましょう。プロに点検してもらうことで、安心して子どもを自転車に乗せることができますよね。

まとめ

車には細かなルールがあり違反すると罰金があるので、ルールを守っている方がほとんどです。しかし、自転車には違反しても罰金がないことが多いので、ルールを知らない方も多いでしょう。

子どもを乗せるときには、乗る自転車や子どもの人数、年齢などに細かいルールが決められています。自転車事故は年々増加しているので、子どもの命を守るためにもルールを知り守ることが大切ですよ。子どもと一緒に自転車に乗るときは、安全運転を心がけ快適に乗れるようにしましょう。
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版