就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが転がるのに適したマットは?用意したい理由と選び方

赤ちゃんが転がるのに適したマットは?用意したい理由と選び方

ベビーベッドやお布団の上から動けなかった赤ちゃんも、寝返りができるようになったらいよいよ出動です!あっという間にころころ転がって、家じゅう行きたいところへ探検がはじまります。今回は動き出した赤ちゃんが安全で快適に過ごすために用意しておきたいマットについてご紹介します。

マットを用意する時期と必要な理由とは?

赤ちゃんが寝がえりを始めたらマットを用意

新生児期の赤ちゃんはほとんど自分で動くことができないので、ベビーベッドやお布団があれば日中も安全に過ごすことができます。しかし赤ちゃんが寝返りを始めたらぜひマットを用意してあげてください。

自分で動けるようになった赤ちゃんは、好奇心のおもむくままいろいろなところへ転がっていきます。キッチンや階段など危険なところには入れないように柵などを設置して、冷たくて固いフローリングにはマットや絨毯などを敷いてあげてくださいね。

このとき、やわらかい布団やクッションでは、うつ伏せの状態で顔を突っ込んでしまうと窒息してしまうので注意が必要です。

赤ちゃんが寝返りし始める時期には個人差がありますが、一般的には生後5~6カ月頃といわれています。

赤ちゃんのけが防止のためにもマットは必須

マットを敷くのは、フローリングの上を直接転がると痛くて寒いからということもありますが、赤ちゃんのけがを防止してくれるというメリットもあります。

動いて家じゅうを探検したい赤ちゃんですが、寝返りも練習を重ねなければうまくできるようになりません。寝返りをマスターしても、次はハイハイやお座り、つかまり立ち、そしてしっかり歩けるようになるまで毎日練習が続きます。

その練習の途中で赤ちゃんは何度も転びます。けがをしないようにと転び方もだんだん上手になってくるのですが、寝返りやハイハイが安定してできるようになるまでは、顔面や頭を床で打ってしまうこともあります。フローリングのような硬い床にはマットなどを敷いて赤ちゃんを守ってあげてくださいね。

マットは床の傷防止や防音対策にも役立つ

床が傷つくのを防いだり、防音対策にもマットは大活躍です。生まれたばかりの頃は、おもちゃを握ることもできない赤ちゃんですが、物をつかめるようになると、床に打ちつけたり投げたりすることもできるようになります。

積み木やプラスチック製の硬いおもちゃは、床に打ちつけたり引きずったりすると赤ちゃんの力でも床に傷がついてしまいます。また、少し大きくなって子どもがクレヨンなどを使うようになると、気づかないうちに床にまで色がついてしまった…なんていうことも。そんなときもマットを敷いていれば安心です。

ジョイントマットなどクッション性の高いマットは音も吸収してくれるので、マンションなどの集合住宅では特に、隣や上下階への配慮のためにもおすすめです。

赤ちゃんが転がるのに適したマットの選び方

けが予防や防音にはジョイントマットが便利

赤ちゃんのけがの予防や防音対策におすすめの敷物はジョイントマットです。ジョイントマットは、スポンジ(ポリエチレン発泡体)素材のものとEVA樹脂素材のものがありますが、どちらのタイプもスポンジのように柔らかいです。

ジョイントマットは、直径30cm程の正方形のマットをパズルのようにつなぎ合わせて使うので、部屋の広さや家具の配置に合わせて自由に大きさを調整することができます。厚さは10~12mmが一般的ですが、中には16mmのものもあります。

このようにジョイントマットはスポンジのように柔らかくて、ウールや綿の絨毯と比べると厚みがあります。そのため、赤ちゃんが転んだときの衝撃や物音をしっかり吸収してくれます。

ジョイントマットは用途や環境に合わせ選ぶ

素材や大きさなどたくさんの種類があるジョイントマットですが、購入する際には使う目的や敷く部屋に合ったものを選びたいですよね。ここでは赤ちゃんに優しい部屋づくりにぴったりなものをご紹介します。

●寝返りやハイハイで床に密接している赤ちゃんにおすすめなマット
表面や全体がコルクでできたコルクマットです。通気性や保温性にすぐれており、触りごこちもよく、ダニを寄せ付けないのも嬉しいポイント。また、赤ちゃんのよだれも色の変化でわかりやすいので、すぐに掃除できます。

●少し大きくなった赤ちゃんや子どもにおすすめなマット
プレイマットにもなるパズルマットです。キャラクターがはずせたり、車のコースになっていたり、夢中になること間違いなしです。

ねんね期から使えるプレイマットも重宝する

寝返りができるようになる前の赤ちゃんには、プレイマットやプレイジムもおすすめです。かわいいキャラクターやおもしろい仕掛けが盛りだくさんなので、ねんね期の赤ちゃんも楽しく遊ぶことができます。

赤ちゃんの耳はママのお腹の中にいる頃から発達していますが、目は生まれてすぐはほとんど見えていません。周りの景色がなんとなくわかるようになるのは生後3カ月のころからといわれており、それからだんだん色や形、距離感がわかるようになっていきます。

プレイマットやプレイジムの仕掛けも、はじめは手足が偶然当たって鈴の音が聞こえてきたり、布が擦れる音を楽しんだりするだけですが、だんだんと五感が刺激されて一人遊びも楽しめるようになってきます。

マットを部屋で使う際に気をつけたいこと

部屋全面に敷き詰める場合はサイズに注意

マットを部屋全体に敷き詰める場合おすすめなのは、やはりサイズの調整を思うままにできるジョイントマットです。パズルのように組み合わせて形を作ることができ、必要な枚数だけ買い足したり、ちょうどよい大きさにハサミで切ったり、端の部分は直線になったパーツを取り付けることができたりもします。

1枚の大きさは直径30cmの正方形のものが一般的で、大きいものでは直径が60cm前後のものまであります。広い部屋に敷く場合にはどのサイズのものを選べばよいのでしょうか。

小さいマットのメリットは、色や柄などの種類が豊富な点や、動かせない家具の周りなど狭いスペースにも対応しやすい点です。一方、大きいマットは敷くのが楽で掃除が簡単なところが助かりますよ。

マットは敷きっぱなしNG!こまめに掃除を

ジョイントマットは、丸洗いすることができるのでとても衛生的です。一度敷いたら敷きっぱなしにせず、こまめに掃除してあげてくださいね。

赤ちゃんはジョイントマットのつなぎ目に入った小さなゴミや髪の毛などをみつけて、つまみ出すのが大好きです。そしてなんでも口に入れて確かめようとします。

洋服についた離乳食の食べこぼしや、お菓子のかすが気づかないうちにマットの隙間に入り込んでいることがあるので、掃除のときは持ち上げたりマットどうしを外したりして清潔に保つようにしましょう。水洗いして天日干しするとより衛生的です。

また、素材にもよりますが、ウイルス感染の予防のために消毒液(次亜塩酸ナトリウムなどを薄めたもの)で除菌することもできます。

ジョイントマットは赤ちゃんの誤飲に要注意

赤ちゃんのけがの防止や床が傷つくのを防ぐなど、たくさんのメリットがあるジョイントマットですが、赤ちゃんが誤飲してしまっては大変です。

キャラクターなどが取り外せるようになっているパズルマットは、赤ちゃんが少し大きくなって、口に入れてはいけないとわかるようになってからがおすすめです。何にでも興味深々の赤ちゃんはすぐにパズルをバラバラにしてしまいます。パズルのパーツが細かくなっていたら噛みついたり、丸ごと口の中に入れてしまったりしてとても危険です。

また、マットの端を直線にするためのサイドパーツも、赤ちゃんはすぐに取り外しておもちゃにしたり口に入れたりしてしまうかもしれません。その場合、サイドパーツは外しておくようにしましょう。

まとめ

赤ちゃん用のマットの特徴や選び方についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

今回、主にご紹介したジョイントマットは、ネットショップや量販店、100均でも購入することができます。暖房機器に強い素材や起毛になったもの、丸形のものなど本当に種類が豊富です。

赤ちゃんのためには柔らかい素材をおすすめしましたが、子どもの成長に合わせて簡単に素材を変えていけるところが嬉しいですね。

ぜひお気に入りのマットを見つけて、赤ちゃんが安全に過ごせるお部屋を準備してあげてください。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR