就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

時短テクで料理を楽にしよう!仕込みの方法や時短グッズもご紹介

時短テクで料理を楽にしよう!仕込みの方法や時短グッズもご紹介

子どもの相手をしながら毎日の料理を作るのは大変ですよね。料理が苦手なママだけでなく料理が好き・料理が得意なママであっても、子どもがいると料理はできるだけ手早く済ませたいと思うのではないでしょうか。ここでは、忙しいママを助けてくれる料理の時短テクニックや時短グッズを紹介します。

平日の時短に向けて週末にしたいこと

1週間分の食材を買っておこう

毎日の料理に欠かせないのが買い物。とくに小さい子どもを連れていると、自分のペースで買い物できず時間がかかりますよね。スーパーへの行き帰りや、帰ってから買ったものを仕分けて収納する作業も時間がかかるものです。

そんなときは、週に1度買い出し日を決めて、1週間分まとめて買い物しておきましょう。パパに子どもを見てもらって、ゆっくり買い物するのもいいですね。

まとめて食材を買っておけば、平日は基本的に買い物に行かなくてよくなるので、かなりの時短になります。後から足りないものに気づいたときにも、それだけを買い足せばいいので買い物もスムーズです。

買い出しの代わりに生協などの食材宅配サービスを利用してもよいですね。

野菜の下ごしらえをしておこう

食材をまとめ買いしたら、時間のあるときに野菜の下ごしらえをしておきましょう。下茹でなど面倒な手間をかけなくても、あらかじめ切って保存しておくだけで時短効果絶大ですよ。

・玉ねぎ
みじん切りにして冷凍しておきましょう。チャーハンやハンバーグなどにすぐに使えます。

・キャベツ
千切りにして冷蔵しておけば、料理の付け合せやサラダに便利です。

・白菜、人参
使いやすい大きさに切って冷凍しておきましょう。しんなりして味がなじみやすくなります。

・ネギ
刻みねぎや鍋物用などに切って冷凍しておきます。自然解凍ですぐに使えて便利ですよ。

ただし、保存期間が長くなると味・栄養価ともに落ちてくるので、早めに使い切るようにしましょうね。

下味冷凍で平日のメイン料理が完成

まとめ買いした肉類は、調味料や野菜とあわせてジップロックなどの保存袋に入れて冷凍しておく「下味冷凍」が便利です。使うときは、数時間前に冷蔵庫に移動して解凍しておき、焼くだけでメイン料理が完成します。

・豚肉
しょうが焼き、ポークチョップ、味噌豚、塩こうじ漬け、塩ガーリックなど

・鶏肉
照り焼き、トマトチキン、甘辛味噌だれ、バジル風味漬け、タンドリーチキンなど

・牛肉
牛丼風、焼肉風、おろし玉ねぎ漬けなど

作り置きとは違い、調理したてを食べられるのが嬉しいですよね。一つの食材を様々なバリエーションの味付けで保存しておけば、その日の気分で選べます。小分けで下味冷凍しておくとお弁当のおかずにも便利ですよ。

平日は時間との勝負!段取りのポイント

メニューを事前に決めておく

買い物に行って、並んでいる食材を見ながらその日のメニューを考える、というママもいるのではないでしょうか。「メインの食材はお肉?お魚?どっちがいいかな」「あの野菜があると彩りがきれいかも」「そういえばあの調味料を買い足さなきゃ」など、スーパーの中を行ったり来たりしている、ということもあるかと思います。

事前にメニューを決めておくと、買い物も調理もスムーズに行きますよ。

・家にある食材を生かしたメニューを決める(クックパッドなどのレシピサイトも参考に)
・足りないものがあればその分だけ買いに行く
・調理の段取りを頭の中でシュミレーションしてから取りかかる

これだけでもトータルでずいぶん時短になるはずです。

複数の調理器具を使って同時進行でつくる

加熱調理にはコンロのほか、魚焼き用のグリル、電子レンジなどもフル活用しましょう。また、鍋やフライパンなど、使った後の後片付けが大変な大型の調理器具をなるべく使わないで仕上げるのもポイントです。

時短で作る3品のアイデアをご紹介しましょう。
・コンロでメインの肉料理(フライパン一つで仕上げます)
・グリルで野菜とキノコのマリネ(グリルにアルミホイルを敷いて焼き、マリネ液と和えます)
・レンジでポテトサラダ(耐熱容器で野菜を加熱し、その中で仕上げます)

加熱調理が同時進行でできるうえ、大型の洗い物はフライパンだけで済み、片づけも楽々ですよ。時間のあるときに下ごしらえした野菜と下味冷凍した肉を使えば、あっという間に完成です。

簡単なメニューを取り入れて品数を稼ぐ

栄養バランスなどを考えると、品数を多くそろえたいものですよね。そんなときに活躍するのが、のせるだけ・和えるだけの簡単副菜メニューです。

【のせるだけメニュー】
・冷奴
定番のネギやおかかのほか、キムチやザーサイ、とろろ昆布など、のせるものを変えればバリエーションも豊富です。

【和えるだけメニュー】
・胡瓜の塩昆布和え
・スライスたまねぎのおかかしょうゆ和え
・お好きな野菜の甘酢和え
ビニール袋の中で和えてかるく揉めば、片付けも楽で味もなじみやすいですよ。

レシピサイトなどを検索してみると、たくさんの簡単メニューが紹介されていますよね。冷蔵庫の中にあるもので簡単に作れる1品を試してみてはいかがでしょうか。

時短のおともに手に入れたい調理家電

煮込み料理が一気に仕上がる圧力鍋

時短調理グッズの代表格といえば、圧力鍋でしょう。何時間もコトコト煮込まないといけないようなかたまり肉や鶏の手羽元なども10分ほどの加圧でホロホロ柔らかく仕上がります。鯖の味噌煮のような骨の硬い魚を使った料理も、骨まで食べられる仕上がりになりますよ。

カレーやシチューなどの定番料理も、切ったものから鍋に放り込み、一気に煮込んでしまっても柔らかくコクが出るため、炒めてから煮る、という手間が省けます。そのほか、火の通りにくい根菜を時間のあるときに下茹でして保存しておけば、毎日のお味噌汁や根菜を使った副菜などに活躍してくれます。

本格煮込み料理だけでなく、さまざまな料理に力を発揮してくれる圧力鍋は、一つあると料理の幅が広がりますよ。

調理の仕込みが楽になるハンドブレンダー

食材を刻んだり、すりつぶしたり、といった調理の仕込みが楽にできるアイテムといえばハンドブレンダーです。野菜のみじん切りや肉や魚のミンチなどの仕込みに使いたい場合には、チョッパー(カッター)のアタッチメントがついたタイプを買うと便利でしょう。

小さな子どもがいる家庭だと、ハンバーグや鶏だんご、つくねやつみれなど、ミンチに刻んだ野菜を混ぜた料理の出番が多くなりませんか。毎回包丁でさまざまな具材をみじん切りにするのは手間もかかるし時間もかかります。

そういったとき、ハンドブレンダーがあれば、必要な具材を詰め込んで、ミンチにしてこねるところまでを一気に仕上げてくれます。ポタージュスープなども作りやすく、あると便利ですよ。

面倒な食後の片付けは食洗機にお任せ

子どもの相手をしながら料理をして、子どもに食事を食べさせながら自分も食事を済ませたら、もうぐったり…というママも多いのではないでしょうか。それなのに、シンクには、家族が増えたぶんだけ増えていく食器がどっさり。忙しいママには、食器洗いだけでなく、子どもの寝かしつけまでまだまだやることがたくさんあることでしょう。

そんなときに強い味方になってくれるのが、食洗機です。軽く汚れを拭きとって並べれば、あとは食洗機にお任せして、別のことに時間が取れるようになります。

手洗いより節水になったり、高温で洗うため殺菌効果があったり、油汚れがきれいになったりといったメリットもある食洗機。未導入の方は検討してみてもよいかもしれません。

まとめ

料理の時短テクニックや時短グッズを紹介してきましたがいかがでしたか。家族の健康を考えての毎日の食事作りは、重要な仕事の一つとしてママにのしかかっていることでしょう。離乳食や幼児食の時期にはさらに手間がかかってしまいます。一方で、「ママ遊んでー」「ママ、トイレー」「ママ抱っこー」といった子どもの要求をおろそかにすることもできませんよね。

時短に役立つグッズやテクニックを駆使しながら、料理はなるべく手早く済ませ、効率よく家事を進めて子どもと向き合う時間が取れるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018