就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

健康を保ちたい40代ママへ!女性によくあるトラブルの原因と解決法

健康を保ちたい40代ママへ!女性によくあるトラブルの原因と解決法

40代のママにとって美容と健康をキープすることは、今までよりもちょっと難しくなります。これまでと同じような美容法やダイエット方法では効果が出ない、なんだかすぐに体調を崩してしまうなどの経験をしているママも多いのではないでしょうか。今回は、40代ママの美と健康を保つ秘訣をご紹介します。

40代ママにありがちな健康の悩み

太りやすくなかなか痩せられない

20代、30代のころはダイエットをしてもすぐ効果が出ていたのに、40代になると減量がうまくいかないことがあります。むしろ、全然食べていないのに太っていくという不思議な現象に悩まされているママもいるかもしれません。

実は40代の女性が太りやすく痩せにくいのは、基礎代謝の低下や女性ホルモンの減少、筋肉量の低下などが原因となっています。基礎代謝とは人が生きていくために必要なエネルギー量ですが、40代になると筋肉量も減るため消費カロリーが減ります。

若いころと同じように食べているつもりでも、カロリーオーバーになっている場合が多いのです。また、女性ホルモンの減少により、内臓脂肪がつきやすくなるので、お腹周りの贅肉も気になりはじめます。

体調の乱れが多く育児が大変

40代は女性としての大きな身体の変化を感じることが多く、誰も避けてとおれないのが閉経を前にした「更年期」です。平均的な日本人女性の閉経期は50歳前後で、更年期はその前後10年の45歳から55歳までの間といわれています。

まだまだ先と思っていたママもいるかもしれませんが、最近ではそれよりももっと若い30代や40代前半での更年期障害も報告されています。更年期でないとしても、女性ホルモンの減少により生理の乱れやPMS(月経前症候群)の症状の変化なども現れる場合があります。

ホルモンの変化は体調の変化にも大きな影響を与えますので、疲れやすかったりイライラを感じたりして、育児が大変になってしまう原因にも繋がるのです。

疲れが取れず子どもの体力に追いつかない

子育ては体力勝負ともよくいわれますが、40代ママの悩みで多いのが「子どもの体力に負けてしまう」「日々の疲れが取れない」というものです。

子どもを走って追いかけようにも息が続かない、ぐったり疲れて就寝しても翌朝疲れが残っている…そんな日々が続くといつまでも疲れがとれず悪循環になってしまいますね。

体力をキープするためには筋肉をつけることが大事ですが、その筋肉量が減りだすのが40代です。体力が落ちてくると階段よりもエレベーターを使うなど、つい楽をしてしまいたくなるため知らないうちに運動量が減っていることがあります。

疲れやすさを改善するために運動やエクササイズをしなくてはいけないと思っても、すでに疲れているママには難しい課題ですよね。

40代ママならではの不調の原因

ホルモンバランスの変化

40代は女性ホルモンが減少するとありましたが、具体的には卵巣から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が45歳ごろから急激に少なくなることを指します。40代になると、卵巣機能の低下によりエストロゲンの分泌が少なくなりますが、脳からはエストロゲンの分泌をするように命令が出続けます。

しかし、脳からの指令が出ていても卵巣にうまく伝わらないため、命令を出している脳の視床下部は混乱し自律神経が乱れてしまいます。エストロゲンは月経を起こすだけでなく、感情の動きを整える作用などもあります。

自律神経が乱れること、そしてエストロゲンそのものが減少することで、ほてりやイライラなど様々な症状が現れるようになってしまいます。

産後太りと基礎代謝の低下

40代で未就学児を育てている多くのママは、高齢出産を経験したと考えることができます。リスクがある高齢出産ですが、無事に出産を終えホッとしたのではないでしょうか。

しかし、体力的な子育ての難しさを感じるだけでなく、ママの体型を戻すことの難しさも同時に感じることになるのが高齢出産ではよくあることです。産後太りは、放っておいても元どおりになることがありますが、基礎代謝が低下した40代のママには難しい場合があります。

40代になったら、体型を維持するだけでも、以前よりも少なめに食べることを心がける必要があることを覚えておきましょう。もちろん体質の差はありますが、ただでさえ太りやすく痩せにくい世代ですので、産後太り解消には食事管理だけでなく運動も必要です。

やることが多く責任もあり忙しい時期

育児に追われ、家事に追われ、ママは忙しいものですが、働くママは仕事というもう一つのタスクもこなさなければいけません。高齢出産をした理由に「仕事が忙しかった」というママも珍しくないかもしれませんね。

働く女性がある程度の地位を確立するためには、結婚や出産を後回しにする傾向があるのも事実です。このように、やっと出産できた40代ママの中には、会社の中で責任のあるポジションにいる方も多いようです。

また、パートやアルバイトだったとしても「働く」ことに違いはありませんし、働いていなくても上の子のPTAの役員、幼稚園の役員などを任されれば大忙しです。忙しくストレスが多いことも、40代ママの身体の不調の原因になっているかもしれませんね。

健康と若々しさを保つためにやりたいこと

子どもと一緒に毎日の運動を心がける

体力がないからといって、家の中に閉じこもっていても問題は解決しません。子どもの体力に負けずに動くためにも、日々の運動量を増やしてスタミナアップ、筋肉量アップを目指しましょう。

とはいえ、特別になにかをはじめる必要はありません。運動量を増やすには、まず子どもに協力してもらいましょう。毎日公園に遊びにいって一緒に遊べばかなりの運動量になりますよ。

今までは公園のベンチに座って見守っていただけというママも、あえて子どもを追いかけて積極的に身体を動かしましょう。家の中で音楽に合わせて踊ったり、DVDをみながらヨガやエクササイズをしたりすると子どもも楽しめ、ママも人目を気にせず気兼ねなく身体を動かせるのでおすすめです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC