就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦が雪道を歩くときに適した靴!滑らない歩きかたと安全な転びかた

妊婦が雪道を歩くときに適した靴!滑らない歩きかたと安全な転びかた

体の力を抜いてお尻で転び足のほうを見る

転ぶときは足のほうを見るようにすると自然に頭を守る体勢になります。さらに、体の力を抜いてお尻で転ぶとダメージを抑えられるでしょう。

転びそうになって焦っているときに、体の力を抜くというのは難しいかもしれませんが、力を抜くことで衝撃が吸収されるので忘れないでくださいね。力を入れていると直接地面に打ち付けたところ以外のところまで痛めてしまう可能性もあります。

また、転んだときに手をつくと手首を骨折したり捻挫したりする可能性が高いです。転び方にもよりますが、腕は体の側面か頭をカバーするように上げると体のクッションになりますよ。

凍結した場所で転ぶととても痛いので、できるだけ雪がやわらかそうな場所を見つけて転びましょう。

状態を確認して不安があれば病院に連絡する

転んで「ケガがなく、頭を打っていなければ安心」だとはいいきれません。ママが大丈夫でも、胎児に負担がかかってしまっていることも考えられます。ママひとりで判断せずに、状態を確認して不安があれば病院に連絡してみましょう。

病院で相談して、ママにも胎児にも異常がないと分れば不安がなくなりますし、なにか対処しなければならないことがあればすぐに対応することができます。

妊娠8カ月頃に滑ってお尻を強打した友人ママがいるのですが、「転んだときはとにかくすぐに胎児が動いているかを確認した」といっていました。それから不安だったので病院で診てもらったようです。転んだこととは関係ないですが、そのときついでに逆子になっていることに気付けたそうで安心していました。

まとめ

雪道を安全に歩くための1番の対策は、滑り止めがついている靴を履くことですね。普段の靴に簡単につけられるものや目立たないものなどもあるので、どの靴を履いてもよいように準備しておくとよいでしょう。

雪道に慣れていないと「ちょっとぐらいの雪だったら大丈夫だろう」と思って油断してしまうかもしれないですが、万が一のことを考えて、転びにくい歩き方を意識したり、「もし転んでしまったらこうしよう」とイメージしたりしておくと安心です。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版