就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの布団を暖めるには?暖めのポイントや気を付けたいこと

赤ちゃんの布団を暖めるには?暖めのポイントや気を付けたいこと

寒い冬は布団も冷たく、寝るときにはひやっとして寝づらいこともありますよね。赤ちゃんは足を温めるとよく寝てくれるといわれているそう。そんな赤ちゃんのために布団を暖めるのは大事になります。今回は、赤ちゃんの布団を暖めるときのポイントなどをご紹介したいと思います。

赤ちゃんの布団を安全に暖める方法

毛布など暖かい素材の物を使う

冬になると寝室の温度も下がって、赤ちゃんの寝る布団も、もちろん冷たくなってしまいます。冷たい布団で寝るのは大人でも嫌なことなので、赤ちゃんからしても嫌なことには変わりないですよね。布団を暖めてあげて快適な眠りにつける環境を作ってあげたいですね。

そこで素早くできるのは、敷布団を夏のときのように、ひんやりする素材のシーツではなく、毛布を敷いたり、暖かい素材の敷きパッドに変えたりしてみることです。ひんやりすることがなくなるので、かなり違いがでてきます。

赤ちゃんが使う毛布の素材には、ポリエステル、綿、ウールなどがあります。赤ちゃんは、冬でも汗をかきやすいので、洗濯しやすい素材を選ぶことをおすすめします。

部屋をあらかじめ暖めておく

冬は部屋自体も温度が下がってしまいひんやりと冷たい空気が漂います。部屋そのものを暖めて布団に暖かい空気を入れることも一つのポイントになりますよね。

部屋が暖かくなれば布団も必然に暖かくなります。ただし、睡眠中ですと空気が乾燥するので、睡眠中の暖房の使用はおすすめできません。加湿器と一緒に使うと、乾燥も防げるので、睡眠中に使用するとしたら、加湿器と併用することをおすすめします。

特に部屋の乾燥が気になる方には、暖房機器をオイルヒーターにすることをおすすめします。温風が出ないので、部屋の空気も綺麗さを保ち、さらに、乾燥もしにくいので喉や肌が敏感な赤ちゃんに優しいといわれます。オンオフとタイマーセットしておくと快適に過ごせる空間になるでしょう。

湯たんぽを使って暖める

湯たんぽは容器にお湯を入れて温める昔ながらの方法です。冷たい布団を暖め過ぎてしまうことが無く、ほんのりと布団全体を暖めてくれるアイテムなので、赤ちゃんに使うのがおすすめといわれます。

赤ちゃんは体温の調節がうまくできず、部屋の温度が変化すると、赤ちゃんの体温も変化します。冷たい布団に赤ちゃんを寝かせると、体温が下がってしまうので、なかなか寝てくれなくなることも。そんなとき、赤ちゃんの足を温めるとよく寝てくれることもあります。ですので、湯たんぽを使って、ほのかに快適な温度に暖めておくと、赤ちゃんも心地よい眠りにつくことができるでしょう。

湯たんぽにもいくつも種類があるようなので、ご自分にあったものを使うのがよいですね。

布団を暖めるには湯たんぽがおすすめ!

湯たんぽの温度の目安

赤ちゃんは手足で、体温調節をしているそうです。眠くなると赤ちゃんは手足が温かくなりますよね。それは手足から熱を放出して体温を下げようと働いているからなのです。

湯たんぽは、赤ちゃんのこの体温調節の機能を逆手に取り、足を温めることで、眠りにつきやすくなるように環境を整えてくれています。ただ、あまりに熱い温度は適しておらず、低温やけどになったりする場合もあり、赤ちゃんに危険なことも。

湯たんぽの温度は、60℃以下のお湯が目安とされています。そして赤ちゃんの肌はデリケートなので、直接使用するのではなく、湯たんぽ専用のカバーやタオルなどで包み込んで、熱が柔らかくなるようにしてあげるとよいでしょう。

湯たんぽを置くのによい場所

湯たんぽは直接体に触れさせないように使用します。特に赤ちゃんは「低温やけど」が起こりやすくなってしまうので、注意が必要です。

低温やけどは、体温よりも少し高い温度のものを長時間触れさせておくことでなってしまいます。表面はさほどやけどしたようには見えないのですが、内部のダメージがほかのやけどよりも治りにくく厄介だとされています。

湯たんぽの適温とされている、60℃くらいの温度でも、1分間圧迫しているとやけどしてしまうそうです。ですので、湯たんぽを置く場所も考えなければなりません。湯たんぽは、赤ちゃんの足元から30cm以上離して置くことをおすすめします。これだと赤ちゃんに接触することがなくなるので安心ですね。

湯たんぽの種類と特徴

湯たんぽには、いくつかの種類があります。従来のお湯を入れて使うものから、電子レンジで温める湯たんぽ、さらには充電をすることで温めることができる湯たんぽなど様々です。

また、ポリエチレン・ゴムなど様々な素材でできたもので、形や大きさも幅広くあります。程よく温まり、時間とともに温度が下がっていくことはどのタイプのものも、変わりはありません。赤ちゃんの布団に使っても安心なので、ご家庭にあったものを選ばれるとよいと思います。

最近では、お湯を毎回取り替える煩わしさがないので、簡単に使用することができる、充電して使用する湯たんぽが人気のようです。

いずれにしても、湯たんぽは省エネ、安全などよいことがたくさんありますのでおすすめです。

布団を暖めるときに気を付けたいこと

寒いからといって暖め過ぎない

実は、乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因の一つに、暖め過ぎもあるそうです。

赤ちゃんの体温は、37℃くらいが平均です。大人よりも少し体温が高いので、少し暑がりであると思ってください。赤ちゃん自身、手と足で体温調節をしていますので、寒いからといって、極端に暖め過ぎることはよくないそうです。

赤ちゃんに適した室温は、18~23℃といわれていて、私たち大人にとっては少し寒いかな?と感じてしまう温度ですよね。でも赤ちゃんには、このくらいが快適な温度なのです。

ですので、あまりに暖め過ぎてしまうと赤ちゃんにとってよい環境ではなくなってしまいます。ですので、赤ちゃんにとって快適な環境を作ってあげてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC