就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんへの布団の掛け方とは?冬も快適に眠れる環境をつくろう

赤ちゃんへの布団の掛け方とは?冬も快適に眠れる環境をつくろう

腹巻はオールシーズンの鉄板アイテム

スリーパーのほかに、赤ちゃんの寝冷え対策によく利用されるのが腹巻です。肌に直接付けることもできますし、パジャマの上から着用すれば、はだけるのを予防することもできます。

とくにお腹周りはたくさんの臓器が集まった大切な場所です。腹巻をして温めることでそれらの臓器を守りつつ、寝冷えの予防にもつながります。

パジャマのズボンに腹巻が一体になったものも売られています。これならお腹が出ることもなく安心ですね。

腹巻は寒い冬だけでなく、夏にも活用することができます。暑くてお腹を出して寝る赤ちゃんも、腹巻があれば安心です。

冬は厚手の暖かい腹巻、夏は薄手のコットンなど通気性のよい素材で、寝冷えを予防してあげましょう。

掛け布団を諦めてブランケットにする

赤ちゃんが布団を蹴ってしまう理由として、布団が暑すぎることや重くて不快であることをご紹介しました。いくらかけても蹴り飛ばす場合、布団はあきらめて軽いブランケットなどを利用してみましょう。

ブランケットは赤ちゃんのお腹を中心に掛けます。手足を出すようにすれば、蹴ったり手を動かしたりしたときも、ブランケットは掛かったままです。

ブランケットは小さめのものを選べば、お昼寝のときなども使用できます。また丸洗いできる素材なら、汗をかいても清潔に保てますね。

ブランケットの素材は基本、通気性のよいコットンがおすすめです。とても寒い日には、コットンブランケットの上にアクリルやウール素材のブランケットを重ねて、暖かくしてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんは大人よりも暑がりで汗をかきやすいです。そのため赤ちゃんが冬に快適に眠るためには、布団の掛けすぎや衣類の重ね着に注意します。

布団も衣類も、基本は大人より1枚少な目にしましょう。着せすぎると汗をかき、汗を放置すると低体温の原因になってしまいます。

赤ちゃんが布団を蹴ってしまう場合は、スリーパーや腹巻がおすすめです。また通気性のよいコットン素材やブランケットなどを利用して、快適に眠らせてあげましょう。

ときどき赤ちゃんが寒くないか、汗をかいていないか、確認するとよいですよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事