就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

在宅ワークでママライターに!ライティングのコツや報酬について

在宅ワークでママライターに!ライティングのコツや報酬について

「働き方改革」によってママにも仕事の選択肢が増えたとはいえ、実際仕事と子育ての両立は大変なことです。そんな中、子どもとの時間を大切にしながら在宅でできる仕事として注目されているのが「ライター」です。そこで今回は「ママライター」として働くためのコツや報酬、注意点などを紹介していきます。

子育て中のママが家で仕事をして稼ぐには

ママが子育てをしながら働く方法

妊娠・出産を機に仕事を辞めたというママは多いですね。幼い子どもを育てながら仕事を持つことは、周囲の協力や保育機関との連携などが不可欠です。また、子どもが幼いうちはできるだけ一緒に過ごしたいと希望するママも多いでしょう。

しかし一方で、子育てには想像以上にお金がかかるもの。幼いうちはもちろん、子どもが大きくなってから必要になる教育資金などを準備することを考えると、ママ自身も働くべきか悩みますよね。

ママが子育てしながら働く方法として今注目されているのが「在宅ワーク」です。パソコンと通信環境さえあれば、家事育児のちょっとした合間に仕事ができます。「内職」とは違い、雇い主のない「フリーランス」という自由な働き方がママに合っているのでしょう。

在宅ワークをするメリット

子育て中のママが在宅ワークをするメリットはたくさんあります。

・働く時間や場所が自由に決められる
・子どもと接する時間が多く持てる
・子どもやママの体調に合わせて働くことができる
・通勤する必要がない
・収入を調整することができる など

雇い主がいないため「すべて自己責任」になりますが、それで得られる「自由」という部分が一番のメリットでしょう。会社に勤める場合、勤務時間以外にも通勤やそれにともなう身支度などに時間がかかり、子どもとゆっくり過ごす時間は減ってしまいます。

幼い子どもの成長は早く、短いものです。日々できることが増えていく我が子の様子をいつも身近に感じながら働けるというのは、ママにとって幸せなことではないでしょうか。

在宅ワークの注意点とは

在宅ワークはメリットばかりではなく、注意点もいくつかあります。会社勤務であれば不明点をすぐに確認することも可能ですが、在宅ワークでは基本的にネットワーク上でのやり取りになるため、すぐに解決できないことがあります。

だからといって不明点をそのままにしたり、わからないまま放置して納期を守らなかったりすればクライアントとの信頼関係は築けません。顔が見えないからこそ、一つ一つの仕事に対して真摯に、丁寧に対応することが不可欠です。

また、中には悪質な企業も存在します。契約前に会社の所在地や実績等調べて、被害にあわないようにすることも大切です。家事育児やママ自身の体調を最優先にしつつ、自分に合った仕事内容の安全な取引先を見つけましょう。

ママにおすすめな在宅ワークのライターとは

時間がない子育てママができる仕事

在宅ワークには様々な仕事があります。システム開発やウェブデザインのような専門知識を必要とするものもあれば、アンケートに回答するだけといった経験不要の単発案件もあります。

仕事内容にもよりますが、時間のない子育てママでも比較的取り組みやすいのが「ノルマや納期のない案件」です。子どもの機嫌や体調次第で仕事の時間が作れないこともあるので、ハードスケジュールな案件はあまりおすすめできません。

忙しい子育てママにぴったりのお仕事が「ライター」です。自分のペースで、やった分だけ報酬が貰えるという案件が多いので、時間に追われることもなく安心して取り組むことができます。また、未経験から始められるというのも嬉しい点です。継続することでスキルアップも目指せるでしょう。

ママだからこそ子育て経験を活かした働き方

ライターとしての経験はなくても、「ママ」としての経験が豊富であるというのが、じつは強みになるのです。妊娠・出産・子育てを経験しているママは、まさに「ネタの宝庫」。

悩んだり苦しんだりしながらそれらを乗り越えてきたからこそ、同じような悩みを抱えるママたちのために文章が書けるのです。「ママ」をターゲットとしたウェブサイトは非常に多くあるので、「ママライター」の需要は高まっています。

もちろん子育て系のサイトだけでなく、ファッションや芸能など、自分の得意分野を探してライティングすることもできます。記事を書くということは自分自身の勉強にもなるため、報酬を得ながら知識も得ることができて一石二鳥ともいえるでしょう。

子育てと仕事をうまく両立すること

ママライターとして心がけたいのは「子ども最優先」という点。仕事を頑張りすぎるあまり子どものことが二の次になったり、ママが体調を崩したりしてはよくないですよね。

そのためにも、仕事をする時間を自分なりに決めておくとよいでしょう。例えば「子どもが昼寝をしている間」「子どもが寝た後、23時まで」など。それでも仕事中に子どもが「ママ~」と起きてくることもあります。そんなときは仕事の手をいったん止めて「子どもを優先する」などルールを作っておきましょう。

その分家事に関してはある程度手を抜くというのもポイントです。パパの理解も得つつ、妥協しながら仕事との両立を目指しましょう。すべてを完璧にこなそうとすると、どこかでつまずきます。バランスを大切にすすめましょう。

ライターの仕事での報酬や働き方のコツとは

相場の平均文字単価は0.5円

ライターとしての仕事は、書きたいサイトの募集に直接応募するパターンと、仲介業者を通して案件を探すパターンが一般的です。未経験からスタートするのであれば、後者の方がスムーズに取引先が見つかるでしょう。

大手の在宅ワークマッチングサイトで検索すると、ライティング案件は非常に多いのがわかります。しかしよく見ると、報酬にばらつきがありどれを選ぶべきか迷うところです。

経験の浅いママライターとしての平均文字単価は0.5円程度。3000文字書いて、1,500円の報酬を得るということです。しかし同じクライアントと継続して安定的に納品することができるようになれば、文字単価は0.7円、1円、1.5円と上がっていくことも十分にあり得ます。

初心者でもできるライティングのコツ

「文章を書くのはあまり得意じゃないし…」というママでも大丈夫。ライティングはコツさえつかめば、あとはひたすら経験を積むだけです。

〈ライティングのコツ〉
・文章の語尾を統一
・一文が長くなりすぎないようにする
・読み手の人物像を具体的にイメージする
・結論をはっきりさせる
・他サイトからのコピーは厳禁
・自分の得意分野、興味のある分野を書く

また、長い文章を書く際は「構成」が重要になります。テーマだけ提示されているものよりも、構成までできていて、あとは文章を書くだけという仕事であれば、効率よく進められてよいですよ。

最初は1本の記事を書くのに数日かかってしまうこともあるかもしれませんが、慣れてくると数時間で書けるようになっていきますよ。

スキルアップを目指すことも可能

ライターの仕事を家事育児の合間にするというスタンスであれば、最初は少ない収入でも満足できると思います。しかし継続していく中でだんだんとスキルアップしていくと、単価も上がりいずれ本格的なフリーライターとして仕事を受注することも夢ではありません。

ライターの仕事が楽しい、向いていると感じたら、お小遣い稼ぎ程度に考えるのではなく、せっかくなら高みを目指してみるのもよいですよ。ライティングに関する書籍を読んで勉強したり、読みやすいと感じる記事についてよく観察してみたりするなど、日ごろから文章に触れることが大切です。

短時間で質のよい文章が書けるようになれば、「お小遣い稼ぎ」ではなく「仕事」として自信をもって取り組むことができますね。

まとめ

子どもが幼いうちにママがフルタイムで働くというのは、まだまだハードルが高いですよね。子育てと仕事の両立を考えたとき、手軽に始められる仕事として人気が高いのが「在宅ライター」です。

働き方の多様化が叫ばれる中、ママが自宅にいながら収入を得ることができるというのは大きなメリットです。文章を書くことが得意なママも苦手なママも、まずは始めてみることが肝心です。自分に向いているかどうか見極めて、子育てとうまく両立できる仕事ができるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR