就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦でも海外のようにヒール靴を履きたい!注意点とお洒落な靴の紹介

妊婦でも海外のようにヒール靴を履きたい!注意点とお洒落な靴の紹介

妊娠するとヒールの高い靴を履いてよいのか悩みますよね。でも海外のセレブを見ると、妊娠中でもヒールを履いているのを見かけます。そこで今回は、海外のように妊婦がヒールを履くのはダメなのか、ヒールを履くときの注意点、おすすめの海外の靴ブランド3選についてお話しします。

海外のように妊婦がヒールを履くのはダメ?

海外セレブは妊婦でもヒールを愛用している

普段からヒールを愛用しているというママも多いことでしょう。中には、自分のファッションにはヒールが欠かせないというお洒落なママもいるかもしれません。

メディアを見ると、海外セレブは妊娠してもヒールを愛用している人が多いようなので、「妊娠中も履いてよいの?」と気になりますよね。海外セレブの中には、パーティーや人前に出るときにだけヒールを履いて、リラックスしているときや休日などにはヒールのない靴を履いている人もいるようですよ。

しかしながら、パパラッチが撮った、セレブの休日の写真を見ても、確かに普段からヒールを履いている海外セレブがいるのも確かです。この辺りは日本の感覚とはちょっと違うのかもしれませんね。

安易に海外セレブを真似するのは危険

メディアで紹介される海外セレブの姿を見ていると、「妊婦なのにヒールを履きこなしていて素敵」と思うかもしれません。しかし妊婦がヒールを履く場合、そこには大きな危険が潜んでいます。

まずお腹が大きくなってくると、ただでさえ足元が見えず、歩きにくいと感じるママも多いことでしょう。特に階段や段差が怖いと感じるママもいるようです。こんなときにヒールを履いていると、さらに転倒の可能性が高くなります。

また、妊娠してからむくみに悩むママも珍しくありません。ヒールを履くと、足の指のつけ根が圧迫され足指を動かしにくくなるほか、ふくらはぎの筋肉をあまり動かさずに歩くため、リンパの流れが悪くなりさらにむくみを悪化させてしまいます。

日本では白い目で見られることも

海外セレブが妊婦姿でヒールの靴を履いていても、現地で論争になるほど妊婦のヒールが批判されることはあまりありません。しかし日本では文化や価値観の違いから、白い目で見られることもありますよ。

数年前に日本の有名ファッションモデルが、妊娠中にも関わらず高いヒールの靴を履いてファッションショーに出演したことで、少し批判を浴びたことがあります。「颯爽と歩く姿は素敵だ」と評価した人がいた半面、「ヒールを履いて転んだら大変」「妊婦なのにヒールなんて違和感」といった意見も目立ちました。同じ女性として、心配する意見が多かったようです。

日本で妊娠中にヒールを履く場合は、周りの人から白い目で見られることもあるというのを念頭に置いておきましょう。

妊婦でもヒール靴が履きたいときの注意点

ヒールの高さは3cm程度のものを選ぶ

足元のお洒落にはヒールが欠かせない、いつもヒールだからヒールの方が歩きやすいというママもいることでしょう。また、仕事をしているママの場合、職場でヒールの靴を推奨されているというケースもあるかもしれません。

妊娠中にヒールを履きたい場合は、ヒールの高さに気をつけるようにしましょう。ヒールの高さは3cm程度のものを選ぶと歩きやすいですよ。

ヒールの高さが4cmを超えると転倒の危険性が高まるので、できるだけ3cm程度のものを選ぶようにしてくださいね。ただ、元々ヒールを履き慣れていないママの場合は、3cmでも高くて歩きにくく感じることもあるので、注意するようにしましょう。この場合、無理せずヒールのない靴を履くことも検討しましょう。

安定性のあるヒール靴を選ぶ

ヒールの靴を履くとき、ヒールの高さに注意することも大切ですが、安定性のあるものを選ぶことも重要です。ピンヒールは、見た目が華奢で素敵に見えるかもしれませんが、ぐらついて安定感に欠けるので、妊娠中のママにはおすすめできません。

まずヒールは太くて安定感のあるものを選ぶようにしましょう。ストラップつきだと足がぐらつかないのでより安心です。

靴の素材は、柔らかく伸縮性のあるものだとむくみ対策にもなります。また、靴底にゴム素材などがついて滑りにくいものを選びたいですね。つるんとした面だと滑ってしまい、危険です。もしついていない場合でも、靴の修理店で後からつけてもらうことが可能ですよ。

足への負担を軽減するために、靴底の厚いものを選ぶようにしましょう。

履き慣れていない場合はヒールは避ける

妊娠前から、普段はぺたんこ靴ばかりでヒールはほとんど履いたことがないというママもいることでしょう。妊娠中もあえてヒールを履かないようにしていても、たまたま結婚式に呼ばれ、ヒールを履くか悩むということもあるかもしれません。

しかしヒールを履き慣れていない場合は、どんな場合であってもヒールを避けた方が賢明です。慣れていない足でヒールを履くと、足がすぐに疲れてしまいますよ。

ここしばらくヒールを履いていない、元々ヒールを履かないというママは、ヒールの靴は避け、ヒールのないものを選ぶようにしたいですね。また、ヒールに慣れているママでも、お腹がぐんと前に出る妊娠後期はヒールを避けた方が無難ですよ。ママとお腹の赤ちゃんの安全が第一です。

妊娠中もお洒落が叶う海外の靴ブランド3選

種類も豊富な「JIMMY CHOO」

妊娠中でもお洒落がしたいというママに、海外の靴ブランドをご紹介します。きれいなヒールの靴で有名な「JIMMY CHOO」からも、履きやすくてお洒落なヒールなしの靴が出ているので、チェックしてみてくださいね。

ヒールのないぺたんこ靴だと、足元が何だかすっきりしない、やぼったくなると感じるママもいることでしょう。しかし一流ブランドのJIMMY CHOOのフラットシューズであれば、そのパンチの効いたデザインで、全体のコーデをぐんと引き締めることができます。

靴底にはロゴをあしらった滑り止めがついているので、つるりと滑る心配もなく安心して歩くことができますよ。少し値段は張りますが、産後まで長く愛用することができます。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事