就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの手洗いをしよう!おすすめな石鹸や使用時の注意点

赤ちゃんの手洗いをしよう!おすすめな石鹸や使用時の注意点

赤ちゃんの手洗いをするときどんな石鹸を使いますか?赤ちゃんのからだを洗うときと同じ石鹸を使う人や大人と同じ手洗い用の石鹸を使ったりと家庭によって様々かもしれません。そこで、赤ちゃんの手洗いをするときにおすすめの石鹸や使用時の注意点についてご紹介します。

赤ちゃん用のベビーソープについて知ろう!

ベビーソープって何種類あるの? 

赤ちゃん用のベビーソープはどんなものがあるのでしょうか。赤ちゃんのお手入れをするベビーソープは、大きく分けて3種類のタイプがあります。

まず一つめは、固形タイプとして泡立てて使う固形石鹸です。時間がかかりますが、よく泡立てることによって、赤ちゃんの肌を優しく洗えます。二つめは液体石鹸で、ポンプから液体を出して泡立てて使います。

液体石鹸の量は、一押しでかなり出るので出し過ぎに注意しましょう。三つ目は泡石鹸で、ポンプを押すと泡状の石鹸が出てきます。

泡立てる手間がないので、手早く使うことができますよ。赤ちゃん用のベビーソープは、ママの使いやすさで選ぶということも重要ですね。

使う手間などを考えて選ぶと失敗がないですよ。

ベビーソープと大人用との違いとは?

赤ちゃんのからだや手を洗うとき、ほとんどはベビーソープを使います。大人用の石鹸はどうして使えないの?と思っているママもいるのではないでしょうか。

実は、生まれてきたばかりの赤ちゃんは、まだ肌が敏感でデリケートです。大人用の石鹸は、殺菌作用や洗浄力を強めるために添加物を多く含んでいるので、デリケートな肌を持つ赤ちゃんには刺激が強く、肌に合わないことも考えられます。

そのため、赤ちゃんに初めてからだや手を洗うときの石鹸は、赤ちゃんの肌を考えて作ったベビーソープがおすすめです。ベビーソープを必ず使う必要はありませんが、ベビーソープは敏感な赤ちゃんの全身を洗うことができるのでとても便利ですよ。

赤ちゃんの肌の様子を考えて使いましょう。

ベビーソープはいつからいつまで使うもの? 

ベビーソープの使い始めや切り替える時期は、いつからだろうと考えるママも多いのではないでしょうか。実は、ベビーソープから大人用の石鹸に切り替える時期は、とくには決まってはいません。

多くの家庭は、赤ちゃんが1歳、2歳になったころ、赤ちゃんの肌の状態をみながら大人用の石鹸に変えていくことが多いようです。もちろん長く3歳過ぎまで使ったり、ベビーソープ1本使い終わると大人用の石鹸に切り替えてしまうこともあるようです。

ベビーソープは敏感な赤ちゃんの肌のための石鹸なので、赤ちゃんの肌が大人用の石鹸でも大丈夫だとなればいつでも大人用の石鹸に切り替えることは可能です。赤ちゃんの肌の様子をみながら、石鹸を切り替えると失敗ないですよ。

赤ちゃんに優しいおすすめの手洗い用石鹸

多くのママから支持されているキレイキレイ

赤ちゃんの手洗い用石鹸は、ライオン株式会社のキレイキレイ薬用ハンドソープがおすすめです。100%植物性洗浄成分なので、肌の敏感な小さな子どもからお年寄りまで使うことができますよ。

キレイキレイの手洗い用石鹸は、泡切れがよく、すすぎも早い泡ハンドソープと、たっぷり泡立ち、すばやく泡切れる液体ハンドソープがあります。泡ハンドソープは、バイ菌を増やさない抗菌ポンプヘッドを使い、殺菌成分を配合したきめ細やかな泡で汚れを落とします。

シトラスフル―ティ、フルーツミックス、フローラルソープの3種類の香りも楽しめます。液体ハンドソープは、天然香料や植物性洗浄成分を配合し、手肌にやさしいですよ。シトラスフルーティの香りもおすすめです。

低刺激で保湿力の高いシャボン玉石けん

手洗い用石鹸は、低刺激で保湿力の高いシャボン玉石けんもあります。シャボン玉の無添加石けんは、化学物質や合成添加物を一切含まない天然素材だけの無添加石鹸です。

石鹸成分だけで作られ、蛍光剤、漂白剤、着色料が入っていないので肌のデリケートな小さな子どもからお年寄りまで安心して使えます。洗い心地も、つっぱることもなくしっとりとした洗いあがりが期待できます。

赤ちゃん用の石鹸は、自分で泡立てるベビーソープ固形タイプと、ふわふわの泡で出てくるベビーソープ泡タイプです。どちらの石鹸も全身に使え、保湿に優れた天然のアボカドオイルの力で保湿され、赤ちゃんにもぴったりです。

赤ちゃんと一緒に大人も、洗顔やボディソープとして使うことができます。

コスパが高く肌にも優しいビオレu

花王のビオレuは、素肌と同じ弱酸性です。洗っているときも肌を弱酸性の状態に保ち肌に負担をかけずに洗えます。液体タイプ、泡タイプのボディウォッシュは汗や汚れをきちんと落とし赤ちゃんから大人まで使うことができます。

赤ちゃんは、肌に負担をかけないボディウォッシュで手を洗うのをおすすめします。ビオレuは薬用泡ハンドソープも出ているので、手の汚れ具合によって併用していくと便利です。

殺菌や消毒効果も期待できるハンドソープは、ばい菌から赤ちゃんを守れてママも安心できますよ。ボディウォッシュやハンドソープは、詰め替え用も売っているのでコスパもよく便利です。

香りもいろいろとあるので、その日の気分に合わせて選びましょう。

ベビーソープを使用する際の注意点

使用するベビーソープの成分を確認すること

ベビーソープを使うときは、成分を必ず確認して使いましょう。ベビーソープは、「赤ちゃんに優しい」「赤ちゃんにおすすめ」「無添加」などと書かれていますが、実際は成分をみると赤ちゃんに刺激が強い成分が使われています。

保湿剤として使われるDPG(ジプロピレングリコール)は毒性が強く皮膚炎の可能性や、胃や腸から吸収されると心臓、腎臓、肺に機能障害を起す危険性もあります。洗浄成分のココイルアラニンTEAは発育障害、酸化防止剤のBHA(ジブチルヒドロキシアニソール)は胃がんなど動物の実験で報告があります。

保存料メチルパラベンやプロピルパラベンは皮膚炎やアレルギー性湿疹の可能性もあるので、赤ちゃんに使うのは避けるのをおすすめします。

洗剤を残さないようによく洗い流す

赤ちゃんの沐浴に使うベビーソープは洗い流さなくても大丈夫かな?と思っているママはいませんか?赤ちゃんの沐浴に使う入浴剤の沐浴剤は、洗浄成分と保湿成分が含まれています。

赤ちゃんの入浴時に沐浴剤を入れたときは、洗い流しすすぎはしないで短時間で赤ちゃんの入浴ができますよ。沐浴時にベビーソープを赤ちゃんに使うときは、赤ちゃんのからだを洗った後に、ベビーソープのすすぎ残しがないようによく洗い流してあげましょう。

ベビーソープは、赤ちゃんのからだの汗や汚れを落としてくれるものです。赤ちゃんを洗いあげた後、そのまま放っておくとデリケートな赤ちゃんの肌が荒れてしまいます。

洗い残さないように、ママが気をつけてあげましょう。

誤飲しないよう赤ちゃんから目をはなさない

目を離したすきに赤ちゃんがベビーソープの泡や液体が付いた手を口にしていたら、驚いてしまいますよね。ベビーソープの泡を赤ちゃんが誤飲したら、まずは泡を拭き取りましょう。

少量の場合、口の中の泡はガーゼで取り除き白湯や水を飲ませます。赤ちゃんの様子を見て、普段と変わらなければ大丈夫ですよ。ベビーソープの泡を誤飲したからといって、無理やり吐かせるのは危険です。

赤ちゃんが普段と違った様子だった場合は、医療機関を受診するのをおすすめします。ベビーソープの誤飲は避けたいですが、赤ちゃんはなんでも口に運んでしまいます。

そのため、ベビーソープは無添加で安全なものを選んでおきましょう。安心して使えるベビーソープなら、ママも安心できますよ。

まとめ

赤ちゃんの手洗いの石鹸やベビーソープは、種類も豊富でいろいろなものがあります。デリケートな赤ちゃんの肌を考えたベビーソープをママが選んであげましょう。

お風呂や手洗いもかねてベビーソープを選んだり、親子で使えるベビーソープを使ったりと生活に合わせて選ぶのもよいかもしれません。無添加で安心して使えるベビーソープを使えば、ママも赤ちゃんに安心して毎日使えるはずです。

まずは、ママが赤ちゃんに使いたいベビーソープを選ぶことから始めましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018