就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の子育てが楽しいと思えない!かわいいと思えないときの対処法

新生児の子育てが楽しいと思えない!かわいいと思えないときの対処法

お腹を痛めて産んだ子どもは、ママにとって大切な存在に違いありません。ただ、そんな中なぜか新生児の子育てが楽しいと思えないママが増えています。なぜ楽しくないのか、ママの赤ちゃんに対する思いと、かわいくないと感じてしまう原因などをまとめてみました。

楽しいと思えないママも多い新生児の子育て

体調が万全になる前に始まる新生児の子育て

自然分娩、帝王切開、どちらの方法で出産したとしてもママの体に大きなダメージを与えることには違いありません。自然分娩の場合には超安産といわれる人でも数時間は陣痛に耐える必要がありますし、難産の場合には何十時間という長い戦いになることもあります。

一方、帝王切開はお腹を切る手術をすることになります。お腹にメスを入れることはそれなりのリスクもありますし、術後のお腹の傷の痛みは長い間ママを苦しめます。

そのような状態であっても新生児のお世話がスタートします。完全に回復しない状態で授乳やおむつ替えなどのお世話を昼夜関係なく行いますので十分に体を休ませることも難しいです。

産後の体が辛すぎて、新生児のことまで頭が回らないママもいると思います。

小さな命を目の前にして感じるプレッシャー

新生児の赤ちゃんは、本当に体が小さくて、少し力を入れすぎたら壊れてしまいそうだと感じるほどです。特に初めての子どもの場合、赤ちゃんの扱いにも慣れていませんし体に触れることが怖いと感じてしまう人もいるかもしれません。

新生児の赤ちゃんを目の前にしてママがよくしてしまうことの一つが、赤ちゃんがちゃんと呼吸をしているかどうかの確認です。ただ寝ているだけだとはいえども、少し睡眠時間が長いと呼吸が止まっているのではと心配になり、呼吸音を確認するケースも多いようです。

このように、小さな命を目の前にしてママはとても強いプレッシャーを感じますし、神経質になりやすいのです。時間が経てば、自然にプレッシャーからも解放されるようになるのですが。

わからないことだらけで不安に襲われる

初めての妊娠出産は分からないことだらけで、楽しいマタニティライフが過ごせなかったというママも多くいます。それと同様に、子育ても分からないことだらけの連続で、何をどうすればよいのか分からず不安に襲われるママもたくさんいるのです。

子育てのやり方は人それぞれ、パパママによっても時代によっても考え方が違います。ですので、マニュアルが無い状態だともいえますよね。

正解も不正解もない状態がママを余計に混乱させ、不安を強くさせてしまいます。分からないことだらけの中、一生懸命に子育てをしていればやがて気持ちの余裕も出てきますし、よい意味の雑さもでてくるかもしれません。

そうなって初めて子育てに対する不安が軽減できたという先輩ママの声もありますよ。

かわいいと思えない私はダメなママ?

新生児をかわいいと思えないママは案外多い

お腹の中で約10カ月間赤ちゃんを育てていきますので、ママは赤ちゃんが産まれる前から母性がでてくるともいわれています。実際にお腹に向かって絵本を読んであげたり、お喋りをしてあげるママも多いですよね。

しかし、出産を終えてからは、子育てに対する自分の理想と現実とが大きく違いすぎて新生児の赤ちゃんをかわいいと思えないママもいます。これは決して珍しいことではありません。実際に、口に出していうママもいますし、口には出さないだけで心の中で思っているママもいるかもしれません。

新生児の間は、赤ちゃんのこと、自分のことを同時に両立させなければなりません。いろいろなことが思うようにいかず、ストレスを感じてしまうのかもしれません。

安心して!成長とともに愛情も育まれる

新生児の子育てが楽しいと思えないママも、赤ちゃんの成長とともに愛情も育まれるようになるはずです。ママの体調も回復しますし、赤ちゃんのお世話も毎日続けていれば、どんどんコツをつかめるようになってきます。

すると、最初の不安やプレッシャーが嘘のように飛んでいき、赤ちゃんの何気ない仕草や表情がとてもかわいくて見えるようになるかもしれませんね。ママに気持ちの余裕ができると、赤ちゃんとしっかりと向き合う時間も持てるようになります。

すると、これまで気付かなかった新しい発見ができるようにもなりますし、愛おしいという気持ちも溢れんばかりに出てくるでしょう。「親ばか」という言葉があるほど、自分の子どもは特別かわいい存在になりますよ。

強いストレスはママの心を曇らせる

子育てにストレスはつきものです。どれだけ子どもをかわいいと思っていても、一度もストレスを感じたことがないというママはおそらくいないでしょう。

しかし、子どもや自分の子育てに対しての強いストレスは、ママの心を曇らせる原因にもなります。ストレスを感じると、冷静な状態で子育てができなくなる場合もあるのです。

すると、子どもに対して強く当たってしまう恐れもあり、それが後になって後悔に変わります。この悪循環が続くと、育児ノイローゼにつながってしまう原因にもなりかねません。

強いストレスを感じる前に誰かに相談したり、少しの間子どもと距離をおくことでママの心を楽にできるかもしれません。自分を追い込みすぎないようにしてくださいね。

新生児期は短い!楽しい子育てのために

今しか見られない原始反射を楽しもう

新生児期の赤ちゃんは、原始反射という特別な体の動きをします。突然大きな物音がするときにビクッと両手を伸ばして抱き着くような格好をとります。これをモロー反射と呼びます。

赤ちゃんは誰にも教えられることなくママのおっぱいを吸うことができますよね。これも原始反射の一つで吸啜(きゅうてつ)反射といいます。お腹がいっぱいであっても口が動いてしまうのでおっぱいやミルクを飲みすぎてしまう原因になります。

ほかにも原始反射は何種類かありますが、これらの反応は赤ちゃんが成長するにつれてどんどん消失していきます。ですので、ママはある日突然、赤ちゃんが反射反応をしなくなった、と気付くのです。

原始反射を一番楽しめるのが新生児期です。じっくり観察してみてくださいね。

かわいい姿を目に焼き付けよう

子どもの成長は本当にあっという間です。毎日長い時間赤ちゃんと過ごすママにとって、あまり大きな変化は感じられないかもしれません。

しかし、写真やビデオを見て振り返ってみるとこんなに短期間の間でも急成長をしているなと実感するはずです。体の大きさのみならず、顔や仕草もどんどん変化していきます。

だんだん自我が芽生え、最初の反抗期であるイヤイヤ期が始まったり、ママよりお友達と遊びたいということも増えてくるので、子どもが成長して嬉しいような寂しいような、複雑な気持ちになるかもしれませんね。

一番小さくて守ってあげたいと強く思う新生児期も、長い子育ての中ではほんの一瞬です。かわいい姿をしっかりと目に焼き付けて思う存分愛情を注いであげてくださいね。

たまには周りを頼って息抜きしよう

赤ちゃんのお世話はママだけが行うものだと思っているママも多いと思います。

また、自分が一番子どもを理解しなくてはいけないという思いを抱くママもいれば、自分を犠牲にしても子どものために尽くさなくてはと、自分に自然とプレッシャーをかけてしまうママもいます。

このような状態では気持ちに余裕を持つこともできませんし、子育てに自信がつく前にストレスに押しつぶされてしまうかもしれません。

子育てはママだけが一生懸命になるのではなく、パパやおじいちゃんやおばあちゃん、親しい友人など、たまには周りを巻き込んでおこなってもよいものなのです。周りを頼って息抜きができれば、きっと楽しい子育てができるようになりますよ。

まとめ

やっとの思いで出産を終えたママですが、生まれた瞬間から子育てがスタートします。出産で痛めた体が完全に回復する前に慣れないお世話をしなくてはいけないのは大変ですよね。

愛しいはずの赤ちゃんをかわいいと思えないと、それがママの罪悪感につながり、母親失格、育児ノイローゼかもとさらにマイナスな思考になっていき自信を無くしてしまうかもしれません。

しかし、多くのママが多かれ少なかれこの思いを経験しています。赤ちゃんの成長とともに愛情も芽生えてきますから、今は考えすぎないようにして周りを頼ってくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018