就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

オーガニック腹巻きで赤ちゃんを守ろう!寝冷えを防いで風邪対策

オーガニック腹巻きで赤ちゃんを守ろう!寝冷えを防いで風邪対策

赤ちゃんが寝ているときに、布団がめくれたり布団から飛び出したりしていることがありますよね。風邪をひかないか心配でママが夜中に何度も起きてしまう、というのは多くのママが悩むこと。そんな赤ちゃんにおすすめしたい腹巻きをご紹介します。寝ている間だけでなく夏にも上手に使って風邪対策をしましょう。

赤ちゃんにオーガニック腹巻きがよい理由

そもそも腹巻きって赤ちゃんに必要?

おなかの周りにはたくさんの神経が通っています。そのため、おなかは第二の脳と呼ばれることも。おなかが冷えると自律神経が乱れて体調を崩してしまいます。

腹巻きというと秋冬の防寒対策のイメージが強いと思いまが、夏はクーラーやエアコンを使うことが多く、熱中症対策に一日中つけっぱなしにするご家庭は多いですよね。そのため、夏でもおなかが冷えすぎてしまうことがあるので、腹巻きは効果的です。

赤ちゃんはとても汗っかきですが、汗をかいていなく手足や関節が冷たいときは冷えている証拠。手足ではなく腹巻きで体温調節をしてあげるとよいですよ。

おなかが冷えてしまうと、下痢や腹痛、風邪などの症状が出やすくなるので、しっかりと温めてあげたいですね。

寝相の悪い赤ちゃんの寝冷えを防止

寝返りができるようになってくると、布団で寝てくれることのほうが珍しくなりますよね。ベビーベッドを卒業すると、ママもびっくりするようなところで寝ていることも。

赤ちゃんは自分でパジャマや布団を直すことができないので、ママやパパは冷えてしまわないか心配になるかと思います。ですが、ずっと見守っているわけにはいかないので、こういったときに上手に腹巻きを使いましょう。

秋冬には、寝冷えによる風邪防止に。また腹巻きが必要なさそうな春夏にも、パジャマや肌着がはだけたりスリーパーがずれたりするのを防ぎます。

ただし、赤ちゃんはとても汗っかきです。汗で濡れたまま放っておくと、それが原因で冷えてしまうので、吸水性のよいものを使うとよいでしょう。

素材はオーガニックが一番おすすめ!

赤ちゃんの肌はとってもデリケート。少しの刺激でも、肌が赤くなったりあせもや湿疹ができたりしてしまうこともあります。

そんな赤ちゃんの肌には、オーガニックコットンでできた腹巻きがおすすめです。オーガニックコットンは化学肥料や農薬を使わずに栽培された天然素材。低刺激で通気性がよいので蒸れにくいため、赤ちゃんの肌にも優しいです。

「オーガニックコットンは少し高いな」というママには、綿もおすすめです。静電気が起こりにくいので冬でも快適に使うことができます。また、タオル生地はしっかりと汗を吸収してくれ、肌触りもよいので人気が高いです。

素材によっては赤ちゃんがつけたがらないことがあるので、色々と試してみるとよいですね。

赤ちゃんの腹巻きのタイプは三つ

筒タイプはおむつ替えがしやすい

筒タイプとは、定番の形の腹巻です。腹巻きといったらまず思い浮かべるものではないでしょうか。名前のとおり筒状になっていて、ウエストがゴムになっているものが多いため簡単に着け外しができます。

ねんね期や寝返りの赤ちゃんには寝ている状態でも着けてあげられ、たっちができるようになった赤ちゃんには、上からすっぽりと被せてあげられます。

筒タイプは何といってもおむつ替えがしやすいのが特徴です。肌着や服の上から着けていたとしても、おなかの部分に巻いてあるだけなのでおむつ替えの度に脱がせたり履かせたりする必要はありません。ねんね期の赤ちゃんはもちろん、歩き始めた赤ちゃんやトイトレ中の子どもにも使いやすいですね。

着け外しが楽々できるオープンタイプ

オープンタイプは、マジックテープがついていておなかに巻きつけて使います。大人の腹巻きではあまり馴染みが無いかもしれませんが、赤ちゃんにはこのタイプがとても使いやすいのです。

ねんね期であれば、腹巻きを広げた上に寝かせて着けることができるのでとても楽ちんです。おむつ替えが多い時期はこのタイプがおすすめです。また、腹巻きを着ける前に寝てしまったとしても、このタイプであれば起こさずに着けることができます。

サイズ調整ができるので長く使うことができるのも、このタイプの特徴。赤ちゃんはあっという間に大きくなってしまうので、長く使えるとママも嬉しいですよね。オープンタイプは緩すぎずきつすぎず、いつでもぴったりで着けてあげられます。

腹巻き付きパジャマを選ぶのもあり

たっちやあんよが上手になってきた赤ちゃんは、セパレートタイプのパジャマを着ていることが多いのではないでしょうか?そんなときには、腹巻き付きのパジャマがおすすめです。

パジャマのズボンや布パンツのウエスト部分が腹巻き状になっているもの。ですので、お尻からおなかまですっぽりと覆い冷えを防ぎます。

また、活発に動き回ってパジャマがずれてしまうのを防ぐ効果もあります。パジャマに腹巻が付いているので、着ける前に寝てしまったなどということもありませんね。

夏用パジャマにも腹巻きが付いているものがあるので、夏の寝冷え防止にも使えます。ただし、赤ちゃんは寝ている間にたくさんの汗をかきます。通気性や吸湿性の高いものを選んであげましょう。

オーガニック腹巻きで人気の商品はこれ

はりねずみ刺しゅうが可愛い「ほっぺった」

一つ目は、ベビー用品やマタニティ用品を取り扱う「Hoppetta」の腹巻き。一見すると腹巻きには見えないほど可愛らしいデザインで、ワンポイントのはりねずみの刺しゅうが愛らしいです。

オーガニックコットンを使用しているので、柔らかな色合いと手触りが特徴で、新生児期にも安心して使えますね。おなかについている紐でサイズを調節することができるので、新生児期から2歳頃まで使うことができます。また、伸縮性に優れていているのでよく動く赤ちゃんにもよくフィットします。

赤ちゃんに大人が使うようなデザインの腹巻きを着けるとなると、少し抵抗があるかもしれませんが、この腹巻きなら可愛い新生児期でもお洋服感覚で着けてあげられますよ。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC