就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと暑い夏を快適に!入浴する際のお風呂の入り方や注意点

赤ちゃんと暑い夏を快適に!入浴する際のお風呂の入り方や注意点

たくさん汗をかく暑い夏の赤ちゃんが喜ぶ快適な入浴方法を知りたい!どんなふうにお風呂に入れてあげるとよいのか、気をつけたい注意点などとあわせてチェックしていきましょう。この記事では赤ちゃんの夏のバスタイムがより快適に楽しくなるコツをお教えします。

夏のお風呂に赤ちゃんを入れる際のコツ

1日にお風呂に入る回数と入浴時間

気温が低い冬より湯冷めの心配が少ない夏場はお風呂に入れやすい季節です。汗もたくさんかくので、肌トラブルを防ぐためにも汗を流して清潔を保ってあげたいですね。

回数としては1日に2~3回程度程度なら問題ありません。ただし、回数が多いと赤ちゃんも疲れてしまうので気をつけましょう。なお、お風呂のたびにせっけんでしっかり洗うと肌の潤いを保つために必要な皮脂まで流れてしまうので、せっけんの使用は1日1回で十分です。

お風呂の時間は長くても15分程度にとどめましょう。回数が多いときは1回あたりの時間を短めに心掛けてくださいね。夏場は水遊びの感覚でお風呂に入ると体もさっぱりとしますし、適度に疲れてぐっすりお昼寝してくれそうです。

お湯の設定温度に注意!

赤ちゃんが快適に入れるお湯の温度は夏なら38~39℃、冬は40~41℃くらいが目安です。大人にとっては「ちょっとぬるい」と感じるくらいの温度ですよね。しっかり温まらないのでは?と少し心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

この温度は赤ちゃんがお腹の中にいた羊水の温度に似ています。羊水はだいたい37.8℃なので、それに近い温度で赤ちゃんはとても安心するのですね。

また、赤ちゃんの皮膚は大人の半分の厚さしかなく、とても敏感です。あまり熱いお湯では体の潤いを守る皮脂も流してしまうので乾燥などの肌トラブルの原因になります。デリケートな赤ちゃんがのぼせてしまったり、寒いと感じないように湯温計を使って温度をチェックしながら入れてあげたいですね。

赤ちゃんのやさしい洗い方

赤ちゃんをお風呂に入れるときは、耳に水が入るのを防ぐために身体を洗う手と反対の手の親指と小指で、しっかりと赤ちゃんの耳をふさぎます。

洗う手順は、赤ちゃんを仰向けにして頭から下に向かって洗います。顔→首→胸→お腹→うで→わきの下→手→足と洗ってから、うつ伏せ状態にして背中→お尻・おまたの順です。うつ伏せ状態にするときに首がしまらないよう、赤ちゃんの手が大人の腕をつかむような体勢にしてあげてください。

赤ちゃんは首や手足にしわが多く、しわの間に皮脂やごみがたまりやすいので、優しく伸ばして洗います。手はぎゅっと握っていることが多いので、手のひらにゴミが溜まっていることも。赤ちゃんの手の指を開きながら手のひらや指の間もきちんと洗ってあげましょう。

夏だから!シャワーでの対応について

赤ちゃんのシャワーはいつからOK?

赤ちゃんを産んだときに、産院の沐浴指導で「赤ちゃんをお風呂に入れるときはお腹にガーゼなどを乗せて優しく入れましょう。」などいわれませんでしたか?こういわれると赤ちゃんにはシャワーを使うことがNGのように思えますが、シャワーは新生児期からOKです。

ただし、赤ちゃんを怖がらせないようシャワーの水圧は弱くしましょう。やさしくそっとかけることが基本です。首が据わっていない赤ちゃんをささえながらシャワーを使うのは難しい場合もあるので、首が据わってからシャワーを使うママが多いようです。

シャワーの適温はお風呂と同じく38~40℃くらい。ベビーバスにお湯をためて…となると大仕事ですが、シャワーならサッと汗を流してあげたいときに助かりますね。

シャワーは軽く汗を流す程度で

敏感な赤ちゃんのお肌は汗の刺激ですぐにかぶれたりあせもができたりしてしまいます。そんなときはシャワーで汗を流してあげましょう。

お風呂できれいに洗ってあげることはお肌の清潔が保たれてよいのですが、あせもやかぶれた状態のお肌は温めると血行が促進され、余計にかゆくなってしまいます。お湯の温度をぬるめの38~39℃に設定したシャワーなら必要以上に体を温めてしまうこともなく、お肌を清潔に保てます。

ただし1日に1回はシャワーでなく、お風呂でせっけんを使って体の汚れをしっかり落としてあげましょう。逆にシャワーのたびにせっけんで体を洗うと、肌の保湿に必要な皮脂まで流れてしまい、肌の乾燥を招くので、シャワーは軽く汗を流す程度にしてくださいね。

シャワーを使用する際の注意点

シャワーでお湯を出すと、はじめのうちは冷たくなったり逆に熱くなったりして温度が定まらないことがあります。このときに気をつけたいのが、シャワーヘッドを赤ちゃんに向けた状態でお湯を出さないこと。いきなり冷たい水や熱いお湯がかかると赤ちゃんがびっくりしてしまいますし、シャワーに恐怖心を覚えてシャワーのたびに泣いてしまうなんていうこともあるかもしれません。

必ずお湯の温度が安定したことを確認した上で、赤ちゃんの足元から少しずつシャワーをかけてあげましょう。「シャワーをかけるよ」と声かけするのもよいですね。水圧が強いことも赤ちゃんを驚かせる原因になるので、水圧は弱めに調整してくださいね。水圧を調整できるシャワーヘッドに付け替えることも有効です。

赤ちゃんが夏のお風呂で気をつけるべきこと

夏だからといって水風呂はダメ!

夏場、いくら暑くても赤ちゃんを水風呂に入れるのは絶対にやめましょう。大人でも突然水風呂に入れられたらびっくりするように、当然赤ちゃんだって冷たい水につけられたらびっくりしてしまいます。サウナに入ったり激しい運動をしたりして汗だくになったときに水風呂でスッキリするのは大人だけです。

水風呂は赤ちゃんを驚かせるだけでなく、体調を崩してしまう原因になります。大人と違い、赤ちゃんは体温調節の機能が未熟です。冷たい水風呂に入れてしまうとスッキリするどころか急激に体が冷えて結果的に夏風邪をひかせてしまう可能性があります。

暑い日にお風呂はのぼせてしまいそう…というときは、36℃くらいのぬるめのお湯に軽くつかる程度にしましょう。

入浴後はしっかり保湿する

湿度の高い夏はすぐに汗ばむから、空気が乾燥する冬のようにお風呂上がりの保湿を頑張らなくてもよいと考えていませんか?たしかに冬はすぐにお肌がカサカサしますが、夏も意外と空気が乾燥している場合もあります。例えば、涼しく快適な室内にしてくれるエアコンは、実は空気を乾燥させる原因にもなるのです。

また、お湯で体を流すと季節関係なく肌の保湿に必要な皮脂も流れ落ちていきます。特に夏場は汗をかくたびにお風呂に入れたりシャワーしたりする回数も増えるので、必然的に皮脂が少ない状態に。

冬と同じような高保湿のクリームを塗るまでしなくてもよいですが、夏場もお風呂上がりには保湿ケアをしましょう。ローションタイプの保湿剤ならサラッとした使用感で赤ちゃんも快適です。

お風呂上がりは水分補給も十分に!

お風呂に入るというのは赤ちゃんにとって、なかなか体力を消耗するものです。身体が小さいため脱水症状も起こしやすいので、赤ちゃんのお風呂上がりには水分をしっかり補給してあげることが大切です。

離乳食が始まっている赤ちゃんなら、ベビー麦茶やほうじ茶などがすっきり飲めるのでおすすめですよ。離乳食前の赤ちゃんにはおっぱいやミルクをあげましょう。一昔前には赤ちゃんの水分補給といえば果汁や白湯といわれることもありましたが、現在の水分補給として推奨されているのはおっぱいとミルクです。

喉が渇いていると赤ちゃんも不機嫌になります。お風呂上がりに手早く保湿ケアや着替えを済ませて、しっかり水分補給してあげてくださいね。

まとめ

夏のお風呂は38℃くらいの温度にしてあげることがポイントです。基本的に体を洗うときもお湯をかけるときも赤ちゃんが怖がらないようにしやさしく丁寧に、を心がけましょう。

夏場は汗をかきやすいので、肌トラブル予防のため、こまめにシャワーやお風呂に入れてあげたいですね。注意点をしっかり守ることが大切ですが、難しく考えず赤ちゃんのご機嫌を見ながら入れてあげてください。

赤ちゃんの夏のお風呂タイムが楽しいものになりますように!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018