就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児は反抗期になるとすぐ怒る?対処法や悩めるママが重宝する本

5歳児は反抗期になるとすぐ怒る?対処法や悩めるママが重宝する本

短時間で読める「感情的にならない子育て」

子どもの乱暴な言動につい感情的になることは、親ならだれでもあることだと思います。育児情報誌「Miku」のアンケートでも、約6割の親がカッとなって子どもに手を挙げたことがあると回答しています。その一方で、手を挙げたことに自己嫌悪する親も少なくありません。

紹介したい本は、育児情報誌「Miku」の編集長、高祖登紀子さんの著書である「感情的にならない子育て」で、子育てに悩むパパママにおすすめしたい1冊です。感情的にならない具体的な対処法が掲載されており、実践しやすい内容になっています。

また本はかわいいマンガとイラストでわかりやすく説明してあります。忙しいパパやママも短時間で効果的に読むことができますよ。

「心を抱きしめると子育てが変わる」

萩原光さんは2児の父であり、子育て相談室の主宰者もされている子育てカウンセラーです。紹介するのは彼の著書、「心を抱きしめると子育てが変わる」で、子育てに自信を無くしたパパやママに優しく手を差し伸べてくれるような育児本です。

ストレスの多い現代社会で活躍しながら子育てでも奮闘しているパパやママが、この本を読んでたくさんの賛同を寄せています。本書では荻原さんの子育て相談の実話も掲載されており、内容にリアリティーがあることも特徴の一つです。

子育ては親、または子どもが我慢をし続けることなく、双方が手を取り合って幸せを目指すものだとこの本は教えてくれます。親子が楽に、幸せになるための子育てを目指す人に、おすすめしたい1冊です。

まとめ

5歳の反抗期には、親がつい感情的になるような言動が見受けられます。しかしこうした子どもの態度は成長の証であるため、まずはありのままを受け止めてあげることが大切です。

見過ごせないひどい言動も一度は受け止め、そのあとで子どもの態度についてママが感じたことを冷静に伝えるようにします。また子どもがどんな言動をしても「愛されている」ことを実感できるよう、しっかりと日頃から愛情を伝えてください。

育児本なども参考に、5歳の反抗期を成長の一過程として前向きに乗り越えていきましょう。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND