就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6月生まれの男の子は負けず嫌い!ママの体調管理のコツや名前を紹介

6月生まれの男の子は負けず嫌い!ママの体調管理のコツや名前を紹介

6月に男の子を出産予定のママは、どんな子が生まれてくるか楽しみにしているのではないでしょうか?名づけの際にも、季節に合ったものを考ている方もいるかもしれません。ここでは、名づけのヒントやママの体調管理のコツを紹介しますので、参考にしてママも元気な状態で赤ちゃんを迎えたいですね。

6月生まれの男の子の性格や特徴とは

細かいことは苦手だけれど行動力は抜群

だんだんと夏に近づき梅雨を迎える6月生まれの人は、直感力が高く、行動力に優れているといわれています。冒険心も強いため、好奇心や興味を持ったものには進んでチャレンジするでしょう。

一方で、細かいことには無頓着な一面もあり、時間や約束事にルーズになってしまうこともあります。思ったことは何でも口にしてしまう性格なので、ときには誤解を招くこともありますが、嘘や隠し事が苦手なため周りからの信頼は厚いかもしれませんね。

また、何に対しても情熱的で、決意したことや好きになったことはとことん突き進めてゆくタイプです。そのため、仕事などでは成果を認めてもらいやすいでしょう。ただし、突き進めた結果、飽きてしまうこともあるのも事実です。

長所も短所も自己主張が強いこと

6月生まれの人は、自己主張が強いという特徴があるようです。これは人によって長所とも短所ともいえるかもしれません。

自己主張が強い人は、自分の意思をしっかり持っており、周りに流されない芯の強さがあります。あまり慌てすぎず、周りの意見にも耳を傾けることを忘れなければ立派な長所といえるでしょう。そして、自分で決めたことには責任を持って取り組み、努力を惜しまない性格のため、成果を残す人が多いといわれています。

また、負けず嫌いの一面もあり、勝負事には積極的に参加するスポーツ向きの性格ともいえます。自己主張が強いと、ときにママは大変かもしれませんが、赤ちゃんがある程度大きくなって、スポーツに興味を持つようなら進んでやらせてみたいですね。

口が達者でコミュニケーション能力が高い

6月生まれの優れている点として、コミュニケーション能力の高さが挙げられます。基本的にポジティブな性格で裏表もないこともあり、ムードメーカーとして多くの友人に恵まれるでしょう。

また、このコミュニケーション能力は社会に出てからも役に立ち、仕事では営業職など人との信頼関係が重要な場面で活躍が期待できます。もともと頭の回転が速く口も達者なので、問題を解決したりアイデアを出したりするときに重要な役割を担うことができるでしょう。

生まれてくる子どもが社会に出る日はまだまだ先ですが、友人に恵まれるというのはママとしては嬉しいですよね。子どもの持つ能力が開花できるように、小さいころからサークルなど親子の集まりなどに参加してみるのもよいですね。

梅雨の時期の出産はママの体調管理も大切

多湿で気候が不安定な梅雨は体調を崩しがち

6月に出産予定の方は、お腹が大きくなってくる時期と梅雨が重なるため、倦怠感や体が重いと感じることが特に多いのではないでしょうか?梅雨どきの体調不良は、原因の一つに湿度が高いことがあります。さらに洗濯物を部屋干しするなどして、部屋の湿度が上がってしまっているかもしれません。

妊娠中は体温が通常より高くなることもあり、なおさら不快感を感じやすいですよね。また、湿度が高いことで汗をかきにくくなるので、体内に水分が溜まりやすくむくみの原因にもなります。

そのため、適度にエアコンの除湿機能を活用したり、洗濯物は乾燥機に頼ったりして、できるだけ快適に過ごせるようにしたいですね。ママの体調がよいことは、赤ちゃんにとっても嬉しいことです。

疲労回復に効くビタミンB群を摂ろう

疲労回復に効果があるといわれているビタミンB群は、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンの8種類の要素を指します。中でも食べ物から積極的に摂りたいのがビタミンB1とB2です。

ビタミンB1は糖質の代謝に働き、エネルギーを生み出す役割があります。スムーズに糖質が代謝されると、疲労感が改善され体が軽く感じるでしょう。ビタミンB1を多く含む食材として、玄米や豚肉、うなぎ、ぶり、鮭などがあります。

また、ビタミンB2は糖質と脂質の代謝に働きます。こちらは、牛乳や卵、魚類、納豆、緑黄色野菜などに多く含まれています。ビタミンB群は必要以上に摂った分は尿中に排出されるので、毎日適度に食べるようにしたいですね。

自律神経を整えて快適に過ごすコツ

梅雨の時期に体調を崩しやすい原因として、自律神経の乱れがあります。人間は、体を活動状態にする交感神経と休息状態にする副交感神経が適切に働くことで体調を保っています。このバランスが崩れやすくなる梅雨は、自律神経を整えることが快適に過ごすコツです。

日中は外気を浴びたり、ストレッチをしたりして交感神経が優位になるようにしてみましょう。だるさや眠気が強かった方は、少し体が軽くなるかもしれませんよ。ただし、お腹が大きくなってくると気候に関わらず疲れを感じやすくなるので、無理せずに休むことも大切です。

また、夜は温かい飲み物を飲んだり、ゆっくりお風呂に入ったりすることで、副交感神経が優位になり寝つきがよくなるでしょう。十分な睡眠をとり、体を休めたいですね。

6月生まれの男の子にぴったりの名前とは

男の子の名前は全体のバランスも重視しよう

赤ちゃんの名前の決め方としては、ママとパパの名前から1字ずつ取ったり、漢字の持つイメージから考えたりすることが多いようです。ただし、男の子の場合は苗字がずっと変わらないため、フルネームでのバランスを重視すると長く愛されるものになるでしょう。

漢字で書いたとき苗字が2文字の場合は、名前が何文字でも比較的バランスが取りやすいです。苗字が1文字の場合は名前を2文字や3文字、苗字が3文字の場合には名前を2文字にすると見た目のバランスがよいでしょう。

また、フルネームで読んだとき、同じ読みが繰り返し入っていないか、苗字の終わりの音と名前の始めの音が同じではないか、ということにも気をつけて考えるようにすると読みやすい名前になります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC