就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の寝ぐずりはいつまで続くの?原因や対策の方法を紹介

1歳児の寝ぐずりはいつまで続くの?原因や対策の方法を紹介

1歳児の寝かしつけに手を焼いているママは少なくないですね。1歳くらいだとまだ生活リズムが安定していない場合もあります。毎晩寝ぐずりに付き合っていると、いつまで続くのかとママのストレスもたまるでしょう。1歳児の寝ぐずりの原因や対策を知って、スムーズな寝かしつけができるようにしていきましょう。

寝ぐずりと夜泣きの違いや落ちつく時期

眠たいのに眠れないのが寝ぐずり

赤ちゃんのお世話の中で、一日の締めくくりが「寝かしつけ」ですね。忙しかった一日の終わりに、グズグズいってなかなか眠ってくれないとママの疲れも倍増してしまいそうです。実際「育児の中で寝かしつけが一番つらかった」というママの声も聞こえてきます。

赤ちゃんが「眠たいのに眠れない」という状況が「寝ぐずり」です。ママからすると「眠たいなら静かに寝ればよいのに…」と不思議に思うこともあるでしょう。

しかし赤ちゃんはまだ「眠る」こと自体が上手にできません。おむつを替えて、ミルクも飲んで、室温も適温、それでも眠れないときは眠れないのです。ひとしきり泣いて、泣き疲れた頃にやっと眠る…ということを繰り返しながら徐々に「眠る」ことを身につけていくでしょう。

夜泣きとの違いはぐずって泣くタイミング

「夜寝るときに泣く」という意味で混同されがちなのが「寝ぐずり」と「夜泣き」です。二つの違いはぐずって泣くタイミング。寝ぐずりが眠いのに寝られなくてぐずって泣くのに対して、夜泣きはいったん眠りについた後、なにかの拍子に急に激しく泣き出すことをいいます。

夜泣きの原因はほとんどの場合はっきりわからないので、対応に苦労しているパパやママも多いでしょう。夜中に急にギャン泣きされて跳び起きるということが頻繁にあると、パパやママも睡眠不足になってしまいますね。

寝ぐずりと夜泣きがダブルで訪れることもあります。寝ぐずりでやっと寝かしつけたと思ったら夜中に夜泣きが始まる…ということも。あやしているママも泣きたくなりそうです。

寝ぐずりは2歳頃まで続くことも

「寝ぐずり」といっても、赤ちゃんによって現れ方は十人十色です。ほとんど寝ぐずりをしないという子どももいれば、毎晩眠たくなるとギャン泣きでママのストレスも限界…という子どももいます。

「寝ぐずりがいつまで続くのか」というのも個人差が大きいので一概にはいえませんが、一般的には2歳頃までには徐々に治まってくるでしょう。子どもが1歳で寝ぐずりに悩んでいるのに、それがあと1年近く続くのかと思うとぐったりしてしまいそうですね。

しかし2歳頃まで毎日続くわけではありません。すんなりと寝てくれる日もときにはあるでしょう。基本的には「寝かしつけに時間がかかる」と諦めて、ママができるだけストレスを感じない方法を見つけて乗り切ることです。

1歳児の寝ぐずりの原因を知ろう

空腹感や不快感でなかなか寝つけない

1歳児の寝ぐずりにはどのような原因が考えられるでしょうか。原因がわかれば、それを一つ一つ取り除いていくことで安眠につながるかもしれません。

〈寝ぐずりの主な原因〉
・お腹が空いている
・おむつが気持ち悪い
・体がかゆい
・鼻が詰まっている
・部屋が暑い、または寒い
・体調が悪い(発熱・便秘・下痢など)
・パジャマの着心地が悪い
・部屋が明るい
・周りの音が気になる など

不快に感じていても、言葉で伝えることができないため「寝ぐずり」という形で現れていると考えられます。子どもをよく観察することで不快感の原因が判明することもありますよ。抱っこしたり肌に触れたりして、なにか不快になる原因がないか観察してみてくださいね。

刺激が多い一日で興奮している

不快になる原因はなさそうなのになぜか寝ぐずりが治まらないこともありますね。もしかしたら日中に刺激を受けすぎて、脳や体が興奮状態にあることが原因かもしれません。

好奇心旺盛な1歳児は、日中の遊びの中で様々なことを吸収しています。よちよち歩きができるようになってくると、世界が広がってますます刺激を受けるでしょう。外からの刺激を受けることは、1歳児の健やかな成長にとって必要なことです。

しかしそうした日中の刺激が夜の寝ぐずりにつながることもあります。たくさんの大人に出会ったり、多くの楽しいことを経験したりすることで、夜寝る頃に脳や体が興奮状態になってしまうのです。そして疲れているはずなのに眠れない状況が寝ぐずりとして現れます。

まだ眠くなくて遊びたりない

お天気が悪くて一日中家にいたり、ママの体調が悪くてお出かけできなかったりすると、子どもは体力を持て余して夜眠れなくなることがあります。また、いつものように外遊びをしたつもりでも、日々体力がついてくる1歳児には物足りないという可能性もあります。

好奇心旺盛な1歳児は、眠ることよりも遊ぶことを優先したいと思うもの。まだ遊びたいのに寝かしつけられそうになると、怒ったり泣いたりするでしょう。

ただし1歳児の体力には個人差があります。どれだけ外遊びをしても夜寝つかない子どももいれば、お家遊びだけでもすんなり眠る子どももいます。我が子の体力を知り、夜に眠たくなるくらいの遊びを日中たっぷりさせることが大切です。

1歳児の寝ぐずりを軽減する方法を紹介

部屋の明るさや温度など環境を見直す

1歳児のスムーズな入眠を目指すなら、まずは寝室の環境から見直してみましょう。寝るときは部屋を暗くしますが、その際「常夜灯」も消すようにするとよいですよ。周りが見えると気になって眠れなくなることもあるからです。

また、テレビやパソコンなどの光も見えないようにしましょう。寝かしつけに時間がかかるからとスマホをいじっていると、その光で子どもが眠れないこともあります。

部屋の温度・湿度も大切です。冬に寒いからといって暖房をきかせすぎると、逆に暑くてぐずることがあります。夏はエアコンや扇風機の風が子どもに直接当たらないように注意が必要です。「暗すぎる、静かすぎる」ことが苦手な子どもには、フットライトやリラックスミュージックなどで調節してみてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事