就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

結婚記念日を子どもと一緒に楽しもう!自宅や外で祝うアイデア満載

結婚記念日を子どもと一緒に楽しもう!自宅や外で祝うアイデア満載

子どもが生まれる前は、毎年結婚記念日にパパとお祝いをしていたママも、子どもが生まれてからはお祝いすることを面倒に感じてしまっていませんか?結婚記念日はパパとの記念日だけでなく、家族がスタートした記念日です。そこで、結婚記念日の過ごし方を迷っているママに、子連れでも楽しめる過ごし方をご紹介します。

子どもがいる家庭の結婚記念日の考え方は?

子どもがいても恋人気分を大事にしたい

子どもが生まれると、どうしてもパパとの関係が「家族」になってしまって、恋人だった頃の2人が嘘のように思えてきたりします。

しかし、お互いがこのまま家族だけの存在になってしまうのはさみしいですよね。やはり恋人気分は忘れないでいたいものです。

日常生活で恋人気分に戻るのは難しいかもしれませんが、結婚記念日くらいは恋人気分に戻りませんか。ママが毎日すっぴんでおしゃれもせずに子どもを追いかけている姿しかパパに見せていないと、パパもよそのきれいな女性にクラクラ…なんて嫌ですよね。

ですから、結婚記念日はいつも以上にきれいにお化粧をして、おしゃれをしましょう。恋人時代のママを思い出させて、パパをドキドキさせてみませんか。

結婚記念日は「家族の始まり」の大切な日

「結婚記念日」というとママとパパだけの記念日に聞こえますが、最近では「家族の誕生日」という考え方もあるようです。とても素敵な考え方ですね。

確かに、ママとパパが結婚したから子どもも生まれて…と考えると、結婚記念日が「家族の誕生日」という考え方もしっくりきますね。

家族の誕生日であれば、子どもも一緒にお祝いするという流れもありだと思います。誰かに子どもを預けて2人でお出かけしなきゃと思うよりも、子どもも一緒に楽しめる予定をカジュアルな感覚で考えるのもよいかもしません。

「パパ、結婚記念日どうする?」というのが気恥ずかしいママは、「家族の始まりの日なのだから何かしようよ」という言い方であれば、パパに提案しやすくありませんか。

特にお祝いをしないというのは少数派

仕事が忙しい、パパがあまり気にしていないのに自分だけで盛り上がるのも悲しい…などの理由で、特に結婚記念日のお祝いをしないママもいるようです。

しかし、8割くらいのパパやママは、結婚記念日にはいつもと違う特別な過ごし方をしているようですよ。意外と多いですよね。それだけ、結婚記念日というのは重要な意味を持った記念日なのかもしれません。

「特にお祝いをしない派」の中には、「手紙やメールで感謝の気持ちを伝えるだけ」というママもいました。特にデートや食事に行くわけではないけれど、感謝の気持ちをお互い伝え合うのも素敵ですよね。様々な事情でお祝いできない場合は、そんなふうにお互いの気持ちを確かめ合うだけでも十分だと思います。

記念日を子どもとお家で祝うアイデア3選

自宅で豪華な食事をしよう

さて、結婚記念日のお家での過ごし方をご紹介したいと思います。

子連れで外食だと、子どもがぐずり出すなどしたら周りの目も気になるし落ち着きませんよね。ここは一つ、割り切ってお家ご飯でお祝いしてみましょう。

普段は買わないような高級な食材とワインを買って来て豪華な食事をするのはいかがですか。パパにも手伝ってもらって、一緒に子どもの好きなものを作るのもよいでしょう。子どもと一緒にあたたかい時間を過ごせそうですね。

でもやはりママも家事をお休みしたい場合には、少し奮発してお家にシェフの出張サービスを頼んだり、オードブルの出前などを頼んだりするというのも特別感がありますね。誰にも気兼ねなく家族でゆったり食事ができそうです。

家族で記念写真を撮ろう

子どもとお出かけはまだ無理だけど何か特別なことがしたい、という場合には家族で記念写真を撮るというのはいかがでしょうか。

写真館などで家族写真を撮るのも素敵ですが、子どもがぐずってなかなか撮影が進まないなんてこともありますよね。ですから、お家の玄関や庭で家族水いらずで撮影会をしてみるのはいかがでしょうか。子どもがぐずっても家族だけなら、泣き止むまでゆっくり待ってあげられますね。

毎年、同じポーズをして同じ場所で撮影するのも楽しいですよ。特に子どもは1年で大きく成長するので、そんな変化を楽しむのもよいでしょう。

はたして何年、家族写真の撮影が続けられるのか挑戦してみませんか。家族の絆が深まるちょっとしたイベントになりそうですね。

家族で思い出の写真や動画を見よう

子どもが少し大きくなったら、パパとママの思い出の写真やDVDの鑑賞会をするというのもよいでしょう。

パパとママの結婚式のDVDや子どもが誕生した瞬間を撮影したもの、家族旅行のスナップ写真などを見ながら、家族みんなで笑ったり、懐かしくてほろっと泣けたりして、特別な時間になりそうですね。

子どもが小さいとパパとママだけで楽しむ時間になってしまいますが、ある程度成長すれば、子どもも一緒に楽しめそうです。自分の赤ちゃんの頃の姿や、若くてきれいだったり、痩せていてかっこよかったりするママとパパの恋人時代の写真などを見て、新鮮な気持ちになるかもしれません。

家族みんなで楽しく過ごす、その時間こそがよい思い出になりそうですね。

記念日に家族でお出かけするアイデア3選

子連れで楽しくランチをしよう

子どもが生まれる前は、結婚記念日になるとレストランを予約して食事を楽しんでいたママも多いと思います。子どもが生まれたからといって、その時間をあきらめるのも、ちょっとさみしいですよね。そういったママは、思いきって子連れランチをしてみましょう。

しかし、事前に子ども向けサービスが充実しているお店かどうか確認することも大切です。まず、ハイチェアの用意があるか、子ども向けメニューがあるかなどは確認しておいたほうがよいでしょう。

また、お店の形態はランチビュッフェやテラス席がある所が子連れママに人気のようです。ファミリー対応であることが多く、テラス席は店内ほど声が響かないので安心ですよ。

子連れでもお店選び次第で、楽しいランチタイムを過ごせそうです。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版