就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

40代ママの乾燥肌のスキンケア!乾燥の原因や対策と正しい保湿方法

40代ママの乾燥肌のスキンケア!乾燥の原因や対策と正しい保湿方法

「40代になってから、顔の乾燥が気になり始めた」など、顔の乾燥のほか、肌荒れや化粧のりが悪くなったと悩むママも多いのではないでしょうか。ここでは、40代が乾燥肌になりやすい原因とスキンケアをご紹介します。また忙しいママでも簡単にできるスキンケアのポイントなども、あわせてご覧ください。

40代になると肌が乾燥しやすくなる原因

美肌に必要な女性ホルモンが減少

ドラッグストアに並ぶ、スキンケア用品のパッケージでよく目にする「美肌」。化粧水などで外から与えることも大切ですが、体の中から美肌をつくるのに欠かせないものはなんだと思いますか?

それは女性の卵巣から分泌される女性ホルモンです。女性ホルモンは何種類かありますが、美肌に関係のあるホルモンは「エストロゲン」と呼ばれています。

エストロゲンは、肌のハリやつやを高めるコラーゲンを増やし、潤いのある肌はもちろん、健やかな髪の成長や女性らしい体型をつくるなど、美容に嬉しい働きをしてくれます。

しかしエストロゲンの分泌量は30歳をピークに少しずつ減少し始めます。さらに40歳を過ぎると急激に減り、閉経を迎えるころには分泌がなくなってしまいます。

肌本来が持つコラーゲンが老化している

肌の土台といえる真皮の約7割はコラーゲンでできていて、細胞の働きによって少しずつコラーゲンをつくりだしては分解するというサイクルを、ゆっくりとおこなっています。

しかし加齢にともない細胞やコラーゲン自体も老化するので、コラーゲンの生産や分解するサイクルがさらに遅くなってしまうのです。

先ほどエストロゲンの減少についてお話ししましたが、エストロゲンの分泌が減るということは、コラーゲンの生産も減るということです。

40代は、エストロゲンの分泌が減り、コラーゲン自体も老化します。30代ではあまり気にならなかった肌のハリや潤い、目の周りのシワやくぼみなどが気になり始めるのも、こういった現象が起こっているためなのです。

長年の育児ストレスで肌バリア機能も低下

「肌バリア」とは、皮膚の表面を覆っている角質をふくむ表皮や皮脂膜のことをいいます。表皮や皮脂膜は、肌の水分の蒸発を防ぎ、雑菌や病原菌、紫外線から肌を守ってくれます。

表皮や皮脂膜を1次バリアといい、さらにその下の角質層には水分保持をするセラミドがある2次バリアの細胞脂質があります。

間違ったスキンケアによるダメージのほか、育児などからくるストレスによって皮下組織の毛細血管の血流が鈍くなり、肌温度が低下することでも肌バリア機能は低下します。

肌バリアが壊れてしまうと、皮膚に雑菌などの異物が侵入し、肌が保持している水分が蒸発しやすくなります。その結果、乾燥肌や肌荒れをおこしやすくなるのです。

今からでも遅くない乾燥対策のスキンケア

ゴシゴシ洗いの洗顔とさようなら

どんなに肌によいスキンケア用品を使っていても、最初の洗顔で肌にダメージを与えていることがあるので、注意が必要です。乾燥の原因になる皮脂膜へのダメージで多いのは、間違った洗顔によるものなのです。

皮脂膜は汚れを防ぐ役割をしているので、その汚れを洗って清潔を保つことは大切なのですが、強い洗浄料でゴシゴシ洗ってしまうと皮脂膜を落としすぎてしまいます。

また洗顔すると乾燥しやすいからといって、洗顔せずに放置するとニキビや肌荒れなどの肌トラブルになるので、皮膚を適度に洗って清潔を保つことが大切です。

洗顔をするときに使う石鹸やクレンジングは、なるべく合成の殺菌剤や合成着色料が含まれていない弱酸性で、低刺激のものを選ぶとよいでしょう。

乾燥対策には十分すぎる保湿ケア

ここでは肌を乾燥から守る保湿ケアのポイントをご紹介していきます。

【クレンジング剤は低刺激のものにする】
クレンジング剤は、肌へのダメージが少なく、保湿に優れているミルクタイプがおすすめです。落としにくいポイントメイクなどには専用クレンジングを使えば、洗浄力が強いクレンジングを使わなくても、ミルクタイプで十分きれいになりますよ。

【目元・口元のケア】
顔のなかでも、たくさん動かす部分なので、乾燥しやすくなります。目元ケア用の「アイクリーム」は口元ケアにも使えるので、顔の保湿のあとは部分ケアもしましょう。

【シートマスク】
シートマスク自体の乾燥を防ぐためにも、シートマスクを2枚重ねたりラップをすると、肌に美容成分がしっかりと浸透しますよ。

オイルや高保湿クリームで蒸発を防ぐ

ここでは、おすすめの美容オイルと高保湿クリームをご紹介します。

【coyori美容液オイル】
オイルのベタベタ感や独特の香りがなく、さっぱりとした使い心地とさわやかな香りに癒されるという声もよく聞きます。

また界面活性剤不使用、自然由来成分97%の美容オイルの自然派エイジングケアなので、安心して使うことができますね。

【ディセンシア・アヤナス クリーム コンセントレート】
化粧品メーカーの、ポーラオルビスグループから誕生したスキンケアブランドで、敏感肌・乾燥肌専用の「40代のための保湿クリーム」とも謳われています。

少量でベースメイクが完了できるほどの伸びのよさと、肌のたるみや黄ぐすみをカバーする効力もあるようです。

忙しいママでも行いやすい乾燥対策

オールインワンジェルは時短や節約効果も

オールインワンのメリットは、化粧品、乳液、美容液など個々に買う必要がないので、スキンケアコストを抑えられることや、時短ケア、スキンケアによる肌への摩擦が減ることなどがあります。

気になる乾燥肌にも、オールインワンの優れた保湿力が効果的です。手間やお金がかからず、肌のお手入れが長続きしやすいので、さらに効果が期待できそうですね。

デメリットは、特別なケアの必要がある肌へのトラブル改善がむずかしいことです。例えばニキビや濃いしみなどのピンポイントケアをしたい場合は、専用のケア用品のほうがよいでしょう。

また価格が抑えめなこともある反面、高価なクリームなどと比べると保湿効果が足りないという声もあります。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事