就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦2人でおすすめ映画を観よう!夫婦時間の大切さと見逃せない作品

夫婦2人でおすすめ映画を観よう!夫婦時間の大切さと見逃せない作品

夫婦2人で最近映画を観ていますか?夫婦2人で映画を観ることにはいくつかのメリットがあります。どんな映画を観たらよいのかよく分からない、というママのためにいくつか映画をご紹介します。パパが興味を示しそうな映画もご紹介しているので、2人で映画を観る時間を作るきっかけにしてほしいと思います。

夫婦で映画を観る時間を作るメリットとは?

たまには夫婦2人の時間を作ることが大切

育児や仕事で、なかなか夫婦水入らずの時間を取れていないママは少なくないと思います。育児中だとどうしても子どもにかかりきりになり、パパとの会話が減ってきてしまいます。

会話が減りコミュニケーションがとれていないと、ちょっとしたことでも目について小言をいいたくなってしまいます。それが続くと夫婦の間に溝ができて、その溝を早めに修復できなければ、どんどん溝が深まってしまうでしょう。

溝が深まってくると、お互いに関心がなくなり、けんかが増えたり、まったく会話がなくなったりするかもしれません。夫婦2人の時間を作って会話をすることは、夫婦円満の鍵にもなると思います。最近パパとの会話が少ないな、と思ったら、意識して会話をするようにしてみましょう。

夫婦での映画鑑賞は離婚率低下と関係する

夫婦2人で映画鑑賞をすると、離婚する確率が低くなる、という結果がアメリカのある大学で発表されました。なぜ映画鑑賞をすると離婚率が低くなるのでしょう。

誰かと映画を観た後は、お互いの感想をいい合ったり、よかったところなどをいい合ったりしますよね。このように映画を観た後には会話をすることが多いので、自然と夫婦の間で会話が弾むことでしょう。

普段は忙しくてすれ違いばかりかもしれませんが、映画を観ている間は同じ時間を過ごすことができます。至近距離での会話やスキンシップなどは夫婦にとって大切なことです。

このように夫婦2人で映画鑑賞をすると、普段よりも近い距離で同じ時間を過ごすことができるため、夫婦の会話が増えてきっと仲よくなれることでしょう。

お家での映画デートはメリットがいっぱい

映画館に2人で行く時間がなかなかとれない場合は、お家で映画鑑賞するのもおすすめです。お家で映画鑑賞するメリットについてまとめます。

まずは、1作品だけではなくいろいろなジャンルの映画を借りてくるなど、一気に観ることができます。同じ作品で次回作があるものも、続けて観ることができますね。

次に、映画館で観るよりも安い金額で観られることです。レンタルであれば数百円で借りられますし、最近では会員になると月額で料金を払えば見放題のプランもありますね。

最後に、映画館とは違って自由に好きなものを食べたり飲んだりしながら観られることです。そして自由な体勢で、例えば寝転がって観ることもできます。これらのようにお家で映画を観るメリットはたくさんありますよ。

夫婦愛について深く考えさせられる恋愛映画

主人公が愛を貫く姿に涙「きみに読む物語」

認知症により過去の記憶を失って療養施設に暮らす老女のもとに定期的に通い、恋の物語を読みきかせる男性が登場します。

その物語は70年前にさかのぼり、身分の差があるアリーとノアは恋におちてしまいますが、アリーの親によってその仲を引き裂かれてしまいます。

そんな2人は7年の歳月を経て再び出会います。最初に出会ったときと2人の状況は違っていて、アリーには婚約者がいますが、彼女は再びノアのところへと戻るのです。

物語を読む男性と、聞く老女の関係は…?この映画は、主人公のノアが生涯アリーという女性をずっと愛し続けるというお話です。どんな困難にあってもその思いが消えることはなく、ひたむきな愛をささげ続けるノアの姿にきっと感動することでしょう。

運命とは何か「いま、会いにゆきます」

妻に先立たれた夫は、ひとりで息子を育てています。その息子が6歳になったとき、亡くなったはずの妻が自分たちの記憶がまったくない状態で目の前に現れます。

実は妻は過去からやってきており、雨の季節が終わると同時にもとの世界に戻ってしまうのですが、元の世界に戻った妻は思い悩むことになります。夫と出会い、結婚したこと。息子を生んだこと、それらが自分の死につながっていると知り、思い悩むのです。

この映画は運命とは何かを問いかけている映画です。自分を犠牲にしてもほかの誰かのためを思ってのことであれば後悔はしないという妻の思いには、感動するママは多いでしょう。

夫婦でこの映画を観ることで、夫婦の絆が深まるかもしれませんね。

夫婦関係を見直す「31年目の夫婦げんか」

結婚生活31年目で、子どもも独立し2人だけの生活の夫婦。寝室は別、会話もない冷めきった関係を修復しようとカウンセリングに通い、お互いに努力をする姿が描かれています。共感できる部分もあるでしょう。

長年一緒に生活していれば、お互い慣れあってしまうのは仕方のないことかもしれません。しかし、それでよいのか、この映画の妻は悩み、行動を起こすのです。

行動を起こさなければ会話も、けんかの種すらなかった2人はカウンセリングをきっかけに互いにすれ違い、ぶつかり合います。そして…。

この映画を観て、将来は同じような気持ちになっているかもしれないと思うママもいるかもしれません。ふと立ち止まって2人のことを考えるよいきっかけになる映画だと思います。
34 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版