就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊活中におすすめの食事!控えるものや食生活の注意ポイントも紹介

妊活中におすすめの食事!控えるものや食生活の注意ポイントも紹介

食生活に気を付けるのは妊娠してからではなく、妊活中から心がけたいものです。妊活によい食事をとることを意識すれば妊娠力アップも期待できます。では、どんな食事が妊活によいのか、逆に控えた方がよいものは何か、食生活の注意ポイントとともにご紹介していきたいと思います。

妊活におすすめの食事・食べ物はコレ!

体をあたためる食材を積極的にとろう

妊活にとって冷えは大敵です。女性の中でも冷え性の悩みを抱えている人が多くいると思いますが、体をあたためることで妊活力アップの効果が期待できます。

体をあたためる方法として、毎日の食事の中に体をあたためる食材を積極的に取り入れることをチャレンジしてみましょう。しかし、体があたたまる食材とは何かわからない人もいますよね。

体があたたまる食材は基本的に冬の時期に旬を迎えるものだと思っておくとよいでしょう。にんじんやごぼうの根菜類、かぼちゃやしょうがもおすすめです。

煮物やお鍋などで、あつあつの状態で食べると、汗ばむほど体がぽかぽかになりますよ。また、飲み物では、ホットルイボスティーもおすすめです。

卵子や精子の質を向上させる食べ物

卵子や精子の質を向上させることで、妊娠する可能性もぐっとあがります。質のよい卵子と精子にするためには、抗酸化作用のある食べ物を取り入れることがポイントです。

そもそも、私たちの体は毎日少しずつ酸化していき衰えています。これは仕方ないことではありますが、抗酸化作用のある食べ物を取り入れることで酸化する動きを制御することができるのです。

抗酸化作用のある食べ物の一例としては、かぼちゃ、ほうれん草、アボカド、トマトなどの野菜、落花生やアーモンドなどのナッツ類、ごまや豆腐などがあります。ほかにも種類は豊富にありますが比較的にどこでも簡単に手に入れることができて食事にも取り入れやすいものばかりですので、ぜひ意識して食べてみてくださいね。

葉酸は妊活中にもしっかりとろう

妊活を始める女性は、葉酸を取り入れることから始めるケースが多いようです。実際に葉酸を十分にとることは、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げるといわれているので、重要な栄養素だともいえます。

最近では、葉酸サプリも多くのメーカーから販売されていて、1日に必要な葉酸を簡単に取り入れることができます。しかし葉酸は、サプリのみではなく、食材からも一緒に取り入れることが望ましいでしょう。

葉酸を多く含んでいる食べ物といえば、枝豆や焼きのり、きな粉やレバーなどです。しかし、サプリと食べ物で同時に摂取していると、葉酸の過剰摂取になるのではという点も気になりますよね。

葉酸は、体に多く取り入れたとしても余分な分は尿から出てしまいますので心配ありません。

妊活中に控えたほうがよい食べ物は?

体を冷やす食材は控えよう

赤ちゃんを望む女性の体が冷えていると、妊娠力が落ちるのみならず体のあらゆる部分の機能が本来の力を出せないようになります。体を冷やす食べ物の例として、キャベツ、きゅうり、トマトなどの夏野菜や、冷たい料理、ざるそばや冷たいスープ、アイスクリームや冷蔵庫でしっかりと冷えた麦茶やジュースなどがあります。

当然あたたかい状態で食べたり飲んだりするものよりも、冷えたものを口にすることで体が冷えるようになります。冬であればそういったことは少なくなりますが、特に注意したいのが暑い夏の時期です。

冷房の効いた室内で、体を冷やすような食べ物を食べていれば当然体は冷えていきます。なるべく体をあたためる食べものを選ぶようにして、冷えを予防しましょう。

トランス脂肪酸には注意しよう

トランス脂肪酸という成分をご存知でしょうか。トランス脂肪酸は主にバターやマーガリン、ショートニングといった日ごろよく口にする食べものに入っている成分です。

このトランス脂肪酸は通常量体に入る程度であれば健康上の問題はありませんが、多量に摂取し続けることで糖尿病やがんなどの病気につながる恐れもあると言われています。妊活の面では、排卵障害や妊娠しにくくなるという影響がでる可能性があるため摂取量を減らすように心がけるとよいでしょう。

また、トランス脂肪酸の摂取量に気を付けたいのは女性だけではありません。男性の精子の質にも影響がありますので、夫婦そろって過剰摂取をしないように食生活に気をつけましょう。

妊活を機にアルコールをやめよう

アルコールを楽しむ人もたくさんいると思います。料理のおいしさがさらに引き立ったり、アルコールを飲むことでほどよい高揚感を得られ、会話が弾むきっかけにもなりますよね。

しかし、アルコールはよいことばかりではありません。たまに楽しむ程度であれば健康上の問題も少ないかもしれませんが、毎日多量に飲んでいると、肥満や肝臓障害を引きおこす原因にもなります。

特に妊活中の女性は注意が必要で、アルコールの量を減らすよりもこの機会を使ってアルコールをやめる方向に考えた方がよいでしょう。アルコールを飲んでいると卵子の質が落ちる原因にもなりかねません。

妊娠時には、もちろんアルコールは一切飲めなくなりますので、その前に断酒に挑戦してみてくださいね。

妊活に大切な食生活のポイント三つ

朝食をとり規則正しい食事をしよう

妊活中の食生活で気を付けたいのは、1日3食規則正しい食事をすることです。昼食や夕食を食べない人は少ないと思いますが、朝食を食べない人は意外とたくさんいます。

仕事をしていて朝の時間がない人だと、朝食の時間をカットする傾向が高いです。栄養補助食品や飲みものだけで済ませてしまうというケースもあるようですが、それが毎日続くとなるとやはり不十分です。

朝食をしっかりと食べることで生活リズムも整いますし、1日のパワーがみなぎるようになります。毎日の起床時間を少しだけ早めて、しっかりと朝食が食べられるように意識してみてくださいね。

最初は食欲がなくて食べられない人であっても、リズムがつかめてくると自然とお腹がすくようになりますよ。

バランスの取れた食事をしよう

忙しいと、お弁当やさんやファーストフードで食事を済ませたりする方もいると思いますが、回数が多くなればなるほど栄養バランスが崩れやすくなります。また、自炊をしていても好き嫌いが激しいなどの理由でバランスが偏っている方もいるかもしれません。

妊活を成功させるためには、妊娠しやすい体作りが最大のポイントになります。妊娠しやすい体とは、体のコンディションが万全な状態のことをいいます。

肉ばかりを食べていて魚を食べる頻度が少ない、野菜が苦手で食べられる種類が少ないなどの場合には、十分な栄養が体に摂取できていない可能性もあります。まんべんなくいろいろな食べものを食べるように心がけましょう。

バランスの取れた食事をして妊娠力を高めましょうね。

ストレスなく食事を楽しもう

妊活中には、いろいろ考えなくてはいけないことがあったり、夫婦間で喧嘩をするなどの機会が多くなったりする傾向があります。また、妊活期間が長ければ長くなるほど焦りや不安感も強くなりますよね。

これに加えて、食生活の面でも妊活を意識しなくてはいけないとなるとさらにストレスが大きくなるかもしれません。しかし、食生活は体にダイレクトに作用するものですので、しっかりと考えたいポイントです。

ただ、あれもこれも妊活に悪い、よい、といった食べ方ではなく、無理のない程度にしておいたほうが気分的にも余裕がでると思います。また、食事をする際には、食事自体を楽しむことも大切です。

たまには妊活のことは忘れて、好きな食事を楽しむようにしたいですね。

まとめ

普段何気なく食べている食事でも、食べ方や食材の選び方次第で妊活に大きな影響力が出てきます。卵子や精子の質を高めるものを積極的に食べるようにする、逆に体に負担をかける食べ方や食材は控えることで、妊娠に少しでも近づけることができるとよいですよね。

また、妊活中にはストレスを普段より多く感じる傾向が高いようです。夫婦で楽しく食事をとることは、ストレスを軽減させたり、夫婦の絆を強くしたりする効果もありますので意識してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018