就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんを連れての便利なタクシー利用。気をつけることは?

赤ちゃんを連れての便利なタクシー利用。気をつけることは?

赤ちゃん連れのお出かけはどうしていますか?昨今のベビーカー問題を気にして、抱っこ紐で公共交通機関を利用しているママもよく見掛けます。荷物や天気のことなど、心配ごとが多い赤ちゃん連れのお出かけにタクシーを使うのもよいですよ。今回は、赤ちゃん連れでのタクシー利用で気になる点や、気をつける点をまとめました。

タクシーに乗る際に気をつけることとは

チャイルドシートはつけなくてよいの?

免許を持っていないママや、ペーパードライバーのママが赤ちゃん連れでお出かけするときは、公共交通機関を利用するか、タクシーに乗車することも増えてくるでしょう。とくに、赤ちゃん連れの場合は、おむつやミルク、着替えなどで大荷物になるのでタクシーの利用がとても便利です。

しかし、赤ちゃん連れのお出かけにタクシーを利用するママは、まだまだ少数のようです。タクシーを利用することをためらっているママの中には、チャイルドシートの使用義務について疑問があるという人もいるかもしれませんね。

現在の法律では、タクシーやバスに乗車する際のチャイルドシートの使用義務は免除されています。お客さんとして乗車する際には、チャイルドシートなしでの乗車が可能ですよ。

抱っこ紐を使うのは安全?

シートベルトを着用しないとなると、抱っこ紐を使って赤ちゃんを抱っこしていた方が安全と考えるママもいるでしょう。

抱っこ紐の使用は問題ありませんし、直接抱きかかえているよりも安全といえます。走行中の揺れにともなって、ママもどこかを掴みたい瞬間もあるので、そうしたときに赤ちゃんから片手が離れても、抱っこ紐をしていれば赤ちゃんの安全が保てます。

ただ、シートベルトをする際には、ママだけにシートベルトをしてください。抱っこ紐ごとシートベルトをしてしまうと、赤ちゃんの背中にシートベルトが掛かった状態になります。これでは、強い衝撃が起きた際に赤ちゃんに負担がかかってしまい危険です。必ずママだけにベルトをしましょう。

ベビーカーはどうしたらよい?

タクシーを利用した外出の際にも、ベビーカーを持参したいママは多いはずです。しかし、「ベビーカーはタクシーに積めるだろうか」「ベビーカーを畳むときには赤ちゃんをどうしたらよいのか」などの心配をするママもいるでしょう。

そのようなときには、タクシードライバーさんが協力してくれますよ。畳み方を伝えれば、ドライバーさんに畳んでもらうこともできるので安心してくださいね。もしくは、片手でも楽に畳めるタイプのベビーカーを持って行くとスムーズですよ。

ベビーカーは、トランクに入れてもらえますから、シートが狭くなる心配もありません。もし、心配であればタクシーを呼ぶときに「ベビーカーをトランクに入れていただきたいのですが」と、一言添えておきましょう。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

知っておきたいタクシー利用の豆知識

意外と便利なベビーシート

赤ちゃんを連れてタクシーに乗る機会が多いなら、あらかじめ、ベビーシートを持っていると便利ですよ。ベビーシートは、新生児から1歳までの赤ちゃんに使用するチャイルドシートです。

最近は、ベビーカーに取りつけることができるタイプもあるので、利用している家庭も増えつつあります。このようなタイプのベビーシートは、簡単に車に装着できるので、タクシーだけでなく知人の車で移動する際にも便利です。すぐに座席にセットでき、赤ちゃんの安全を守ることができますよ。

タクシーを降りるときに赤ちゃんが寝ていても、起こすことなくそっとベビーカーオプションに取りつけることができます。ママもスムーズに行動できるなどメリットがたくさんありますよ。

赤ちゃんが泣いたときには

タクシーに乗っている最中に赤ちゃんが泣いてしまうこともあります。そうなると、ママは静かにして欲しいと焦ってしまうかもしれませんね。しかし、そんなときには「騒がしくてすみません」など、ドライバーさんに一言伝えれば、事情を分かってもらえることが多いですよ。

ママが思っているより、赤ちゃんの泣き声が気にならないという人もいるのです。ただ、騒がしくなってしまったときには、たった一言だけでも、相手に配慮する言葉を伝えられるとよいですね。

赤ちゃんが泣いてしまうのが気になるのなら、抱っこ紐やカバンに普段は使わない小さなおもちゃを忍ばせておくのも有効な手段です。見慣れないおもちゃに集中して、泣きやむ赤ちゃんもたくさんいますよ。

子どもを含んだ乗車人数の計算方法

赤ちゃんや上の子を連れて、複数のグループでタクシー移動をすることもあるかもしれません。

たとえば、法事などで親戚がたくさん集まって移動するとなったら、大人と子ども、赤ちゃんが複数名でタクシーに乗ることもあるでしょう。このような場合、乗車人数はどのように計算すればよいのでしょうか。

子どもを含んだ乗車人数の計算方法は、12歳以下の子ども3人=大人2人の換算になります。タクシー会社によって、多少の違いはあるかもしれませんが、セダン型の最大で大人4名が乗車可能な中型タクシーの場合、この換算で大丈夫です。

12歳以下の子ども3人と親1人が乗車した場合、大人3名と換算します。この換算方法を覚えておくと今後も便利ですよ。
38 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版