就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

こいのぼりの洗い方。汚れたこいのぼりをきれいにして保管しよう

こいのぼりの洗い方。汚れたこいのぼりをきれいにして保管しよう

端午の節句が終わればこいのぼりを片付けないといけない時期。いざ片付けようとすると砂埃や鳥のフンなどのさまざまな汚れがついてしまっています。汚れたこいのぼりはそのまま片付けると、汚れが取れなくなってしまいます。今回は意外と知らないこいのぼりの洗い方と、きれいに保管して何年も使える方法をまとめました。

こいのぼりは洗ったりしていいの?

クリーニングや洗濯機は痛みの原因になる

こいのぼりを飾った後、きれいな状態で保管したいけど、クリーニングや洗濯をしても大丈夫なのか悩みますよね。

こいのぼりは表面に特殊な加工や染め方がされていますので、クリーニングに出したほうがよさそうですが、プラスチックの部分が折れたり、金箔付きのタイプは金箔のところが剥がれたり変色の原因になりますのでおすすめできません。

また、最近のこいのぼりはナイロン素材やポリエステル素材のものが多いので、洗濯できるものがほとんどですが、洗濯機でグルグル回して洗う方法だと、金具の部分が傷ついたり、生地が傷んだりする原因になります。

こいのぼりはデリケートですので、ダメージを与えないようにするにはやさしく手洗いするのがおすすめです。

全体の汚れと洗濯できる素材か確かめよう

こいのぼりを片付けるときはまず、全体的な汚れを確認しましょう。洗濯表示や取扱いの注意事項を見て、洗える素材なら洗ってから保管したほうが生地が長持ちします。

汚れ具合によって、丸洗いするか部分洗いもしたほうがいいのか考えましょう。洗えない素材の場合は軽く濡らしたタオルでやさしく丁寧に拭く程度にしておきます。

こいのぼりの素材は一般的にはポリエステル素材かナイロン素材ですので、汚れの種類や素材の特徴に合わせて洗濯しても大丈夫です。

どちらの生地も雨に濡れて色落ちすることはありませんが、酸性雨に濡れると汚れが染み付くことがあります。また、ナイロン素材は濡れた状態で重ねていると色移りすることがありますので注意が必要です。

洗うほどではない汚れが少ないものは?

ベランダなどの屋根付きの場所に小さめのこいのぼりを飾っていて、あまり汚れていないときがありますよね。その場合は表面についたほこりを払って、軽く濡らしたタオルで汚れた部分をやさしく拭き取るぐらいでいいでしょう。

金箔の加工がされている部分は擦ると剥がれる原因になりますので、注意しながらやさしく拭くようにします。汚れている部分を拭いた後は、少し濡れているかもしれませんので、色落ちや色移りすることがないようしっかり乾くまで陰干しします。干すときはシワを伸ばしておけば仕上がりがきれいになります。

こいのぼりは洗濯すると多少は生地のダメージに繋がりますので、無理に洗濯しなくてもいいのではないでしょうか。

自分で手洗いしてこいのぼりをきれいに! 

中性洗剤を溶かしつけおきする

こいのぼりを洗うときは洗浄力のやさしい中性洗剤を使って手洗いするのが基本です。手洗いと言ってもゴシゴシ擦るのではなく、こいのぼりをお湯に浸すだけで充分。こいのぼりは擦ると生地を傷める原因になりますので少しでも負担にならないように心がけてください。

つけおき洗いをする時は約40℃弱のぬるま湯に、中性洗剤を薄めに入れて1時間程度浸してください。こいのぼり全体がお湯に浸っていないと汚れが落ちませんので、浴槽ですると広くてやりやすいです。

汚れがひどい部分があった場合はそこだけやさしく揉むようにするといいでしょう。中性洗剤入りのお湯に浸しているだけで汚れが落ちやすくなっていますので、金箔の部分は触れないように注意しましょう。

金箔部分は触らず軽く押し洗い

金箔付きのこいのぼりは中性洗剤入りのお湯につけおき洗いするだけでも、金の粒子が浮いてくることがありますが少しぐらいなら問題ありませんので心配しなくてもいいでしょう。

金箔の部分はただお湯に浸しているだけでも剥がれやすい状態になっていますので、できるだけ金箔の部分に触れないように気をつけましょう。金箔の部分が汚れていたとしても気になるかと思いますが、ちょっと触れるだけでも金箔が剥がれてしまいますので触れるのは我慢です。

こいのぼりをお湯に浸して1時間ぐらい経つと汚れが浮いてきますので、上から軽く押して汚れを落としましょう。
お湯に浸してすぐは汚れがまだ浮いていなくて、押しても生地をいためるだけですので、時間が経ってからが効果的です。

よくすすいでしぼらず陰干しをする

すすぐ時は洗剤入りのお湯を全部捨てて、新しい水を上から入れてしばらく浸してから、また捨ててを何回か繰り返します。洗剤が薄れるまで繰り返して水の色が透明になってきたら、最後は上から水をかけて生地についた洗剤をしっかり流しましょう。

これを浴槽ですると栓を抜けば簡単にお湯を捨てたり、上から水をかけたり出来ますので手間がかからないですし、シャワーを使うことで楽に全体を流せるのでおすすめ。

すすいだ後はしぼると生地を傷めるので、水を切ってそのまま形を整えて陰干しします。こいのぼりを濡れたまま日光に当てると色落ちや色移りの原因になりますので、日陰で風通しのよい場所に干して早く乾くようにしましょう。

こいのぼりを上手にしまうコツとポイント

竿先の金具部分も手入れしよう

こいのぼりの竿先にくるくる回っている金具部分は、回転球と矢車と呼ばれるもので、ステンレス以外にもブリキが使われています。ブリキはそのままだとサビて2、3年でボロボロになってしまいますが、しっかり手入れをすることで長持ちします。

まず金具部分を乾いた布でよく拭いて、汚れを拭き取ったら回転部分にサビ防止用の油をさします。このときこいのぼりの生地に油が垂れないように注意しましょう。それから布に油を染みこませて、表面や裏側なども全体的に塗るとサビの防止になります。

油はフッ素樹脂を含むタイプを使うと表面に膜ができて、水をよく弾きますし汚れの付着を防ぐ効果もありますので汚れても簡単に掃除することができるようです。

湿気の少ない晴れた日にしまおう

こいのぼりは素材によってはしっかり乾燥していないと、カビがついて変色やシミになることがありますので、湿気がつかないように、しまう日は湿気の少ないよく晴れた日にすると安心です。

洗濯後に干してしっかり乾いてからきれいにたたんで、乾燥剤を添えて大きめの風呂敷や柔らかい布などにゆるく包んでしまいましょう。1度しまうと1年近くは出さないと思いますので、しわにならないようにきれいにたたむことを忘れないようにしましょう。

保管場所は湿気が少ない場所にしないと、しっかり乾燥させた効果がなくなりますので、日の当たらない高い場所に保管します。タンスの上やクローゼットの上にしまって晴れた日に時々空気の入れ替えをするといいでしょう。

こいのぼりの修理と寿命 

こいのぼりが壊れてしまった場合は自分で修理するのは難しいです。購入したお店やメーカーに問い合わせしてみましょう。メーカーのアフターサービスで受付しているところもありますので、費用はかかりますが専門の人に依頼するとできる限りの修理はやってもらえるでしょう。

金具や矢車などが壊れた場合はパーツが別売りしていますので、壊れたパーツだけを購入して自分で交換することも出来ます。インターネット通販で探すと見つけやすいのではないでしょうか。

こいのぼりは素材によって寿命が違い、ポリエステル素材のものは特別な圧力で発色定着されていますので、5~8年で色褪せが始まり、ナイロン素材のものは定着処理がされていますので3年ほどで色褪せが始まることがあります。

まとめ

こいのぼりを初めて飾った時には、ここまでお手入れが大変だとは考えもしませんよね。意外にデリケートなので長く使うためには使ったあとのお手入れが重要です。

こいのぼりを飾る期間や飾り方、雨の日は中にしまっているなど環境によって状態は変わってきますが、思い出がたくさん詰まっているこいのぼりです。自分でできる範囲で洗濯したりきれいに保管したり、修理したりしながら寿命よりもできるだけ長く使えるようにしたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018