就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生理中に倦怠感があるのはどうして?仕事を乗り切る対策方法とは

生理中に倦怠感があるのはどうして?仕事を乗り切る対策方法とは

産後に生理がはじまり、なんだかがっかりしてしまったというママはいないでしょうか。生理中はなんだかだるい、疲れやすい、イライラするなど体調不良とはまた違ったもどかしさを訴える女性が多くいます。仕事や子育てをしていても快適に過ごしたいママへ、生理中の倦怠感を乗り切るための対策方法をご紹介します。

生理前や生理中に倦怠感がある理由

倦怠感はPMSによる症状の一つ

生理前に起きるさまざまな不調が、PMS(月経前症候群)です。この症状は幅広く、だるさや眠気、むくみやイライラなどがあり、症状をまったく感じない人もいれば立ち上がれないほどつらいと感じる人もいます。

倦怠感もPMSの一つで、これらは女性ホルモンの働きが大きく関係しています。生理前は女性が妊娠するための準備をしていて、卵胞ホルモンや黄体ホルモンによりホルモンバランスが大きく崩されます。

このホルモン変動の影響を大きく受けて、精神的、肉体的にさまざまな症状をもたらします。受精卵が着床しない、つまり妊娠が起こらないと症状が一気に治まることが多いため「月経前症候群」と呼ばれますが、なかには生理中にも倦怠感などが続く人もいます。

PMSは個人によって症状や程度が違う

PMSの症状は幅広く、肉体的だけでなく精神的にも影響を受けることがあります。個人差があるのはもちろんですが、産前、産後でも生理の重さやPMSの症状が変わってきます。

また、まじめで几帳面な人やストレスが多い人の方がPMSの症状が重いともいわれていますので、そのときの精神的な状況、仕事や家庭の環境によっても左右されることがあるかもしれませんね。

男性はもちろん、PMSや生理痛などがない、または軽い人には、症状の重い人の気持ちや辛さはなかなか想像できません。

PMSは病気ではありませんが、症状が重い人にとってはとてもつらい期間です。症状や程度がさまざまであるからこそ、自分の症状をよく理解して対処していくことが大事ですね。

食べ過ぎやむくみで身体が重い場合も

生理前の身体は妊娠の準備をするために、女性ホルモンの働きで身体を休ませ栄養や水分を多くため込もうとします。そのため、生理前や生理中は食欲が増して食べ過ぎてしまうことがあります。

生理前に鏡をみると、なんだかお腹や腰回りが大きくなったと感じるのは食べ過ぎやむくみが原因であるかもしれませんね。むくみで水分がたまり、便秘にもなりやすいので実際に体重が増えていることもあります。

この時期は精神的に不安定になる人も多いようです。太ったことに落ち込んだり、さらにやけ食いをしたりしてストレスが重なります。メンタルにダメージを受けることで、身体も気持ちも重く憂鬱になってしまいますが、「これもすべてPMS」と割り切って気分転換することが大事です。

仕事前や休憩中にできる倦怠感の対策方法

摂取する栄養を意識して食事をしよう

日々の食事から必要な栄養素を摂取しておくことでホルモンバランスを整えることができ、PMSそのものやそれによって起こる諸症状を抑えることができます。

鉄分:生理で失われがちな鉄分を補給して貧血やだるさなどの症状を改善します。レバーやひじき、プルーンなどに多く含まれます。

大豆イソフラボン:女性ホルモンと似た働きをすることでホルモンバランスを整えることができます。豆腐、豆乳などの大豆製品に含まれます。

カリウム:むくみの改善に欠かせない成分です。バナナやきゅうりを食べて、むくみからくる倦怠感を除去しましょう。

ビタミンE:卵巣を健康に保ち、正常なホルモンバランスに整えます。オリーブオイルやアーモンドに含まれ、美容にも欠かせません。

アロマの香りで気分転換も効果的

イライラする、憂鬱な気持ちが払しょくできない、怒りっぽいなどの精神状態では仕事も子育てもうまくいきませんね。リラックスして気分転換する方法を試してみましょう。

嗅覚による刺激が脳や精神に与える影響が大きいのはご存知ですか?アロマの香りで精神的な癒しが期待できます。基本的には好きな香りでOKですが、なにを選んだらよいか迷ったら以下のアロマを参考にしてみてください。

ペパーミント:清涼感のあるすっきりした香りでリフレッシュしたいとき。
イランイラン:ホルモンバランスを整え、気持ちを落ち着かせます。
ラベンダー:リラックス効果と安眠に。
カモミール:気持ちを前向きに、生理痛も和らげます。
ゼラニウム:憂鬱な気持ちを消して、ホルモンバランスを整えます。

朝や就寝前のすきま時間で運動しよう

倦怠感があるときはなるべく動きたくないと思ってしまいがちですが、そんなときこそ適度に身体を動かすことが気分転換になります。運動をしないでダラダラ過ごしているとますます動くのが億劫になりますので、生理のときこそ意識して運動しましょう。

とはいえ、体調がすぐれないときに無理に激しい運動をすることはありません。むくみやだるさの原因は血行の悪さが原因になっているので、筋肉を気持ちよく伸ばすようなストレッチを行ってみてください。

まとまった時間が取れないママは、朝や就寝前のちょっとした時間に軽くヨガのポーズをとるだけでもOKです。朝は目覚めをよくして1日をポジティブに、就寝前はほどよい疲労感で安眠効果にも期待できます。

生理で倦怠感があるときに気をつけたいこと

カフェインによる眠気覚ましは注意

眠気覚ましや気分転換に飲むコーヒー。会社でも仕事中に飲むことができるので、ママも眠気対策にしているかもしれませんね。

ですが、生理前や生理中にはカフェインの摂取は控えた方がよいそうです。カフェインには興奮作用があるため、リラックスしたい生理前、生理中には逆効果になってしまうことも考えられます。

また、カフェイン効果の持続時間には個人差があり、8時間から長い人で半日以上続くことがあります。さらに効果が現れるまで3~40分程度かかるので、眠いときに飲んでも目を覚ますまでには時間がかかり、お昼以降に飲み過ぎると夜眠れなくなってしまうことも。

カフェインはコーヒーだけでなく、紅茶やエナジードリンクにもたくさん含まれていますので、注意しましょう。

倦怠感が長く続くときは別の病気の可能性も

生理前や生理中には疲労感があるというママも、これが長く続く場合は要注意です。強い疲労感や倦怠感が6カ月以上続く場合は、ほかの病気の可能性も疑ってみましょう。

日本人の約45.0%が「慢性疲労」を抱えているといわれています。疲れを癒そうとあれこれ試しても強い倦怠感が続くときは、低血圧や内分泌ホルモンの乱れ、心疾患や肺疾患など思いもよらない病気が隠れている場合があります。

これには肉体的な疾患だけでなく、うつ病や不安障害など精神的なものも含まれます。ママは睡眠不足に陥りやすいので、睡眠障害にも注意が必要ですね。

運動やハードワークによる疲労は休むことで回復しますが、病気が原因の場合は病気そのものを治療しなければ改善しません。

仕事や育児に影響が出そうなときは病院へ

ママは「疲れていても当たり前」「少しぐらい大丈夫」と思ってしまいがちです。実際、疲れを癒すために休んでも、その分後の仕事が増えてしまい、ますます疲れがたまるという事態になってしまいます。

しかし、無理をして万が一ダウンしてしまったら、家族が悲しみますよね。ママが疲れて仕事や家事も手につかない事態になってしまう前に、きちんと病院に行って検査や治療をするようにしましょう。

早期発見、早期治療が家族のためにも、ママ自身のためにも大切です。PMSも、強い症状に悩まされている場合は医療機関への相談ができます。

ほかの病気が潜んでいないかチェックでき、身体に合う薬の処方などもしてもらえますので、気になる症状がある場合は病院にいくようにしてくださいね。

まとめ

女性であれば大なり小なり憂鬱な気分になる「生理」ですが、ママになるために必要な機能には違いありません。まだまだ先の話かもしれませんが、いつかは生理もなくなるときがきます。

そのときまではPMSとも上手に付き合っていくことが大事ですね。イライラや落ち込み、不安感など生理前にはいろいろな症状が襲ってきますが、仕事も育児も待ってはくれません。

自分の状況を受け止めて少しでもストレスを減らし、心が軽くなるような対処を心がけたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018