就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

母乳育児に看護が必要な理由は?妊娠中から退院後もあるママへの支援

母乳育児に看護が必要な理由は?妊娠中から退院後もあるママへの支援

地域や研修会で行われている母乳育児の支援

母乳育児に関する看護は、病院内に限ったことではありません。たとえば「ナーシングドゥーラ(別名:産褥訪問看護師)」をご存じでしょうか?

これは専門の資格を持った産褥訪問看護師が、各家庭に訪問し育児のお手伝いなどをしてくれるものです。退院したママが孤立しないよう、育児が軌道に乗るまでママ一人ひとりに寄り添ってくれるので母乳に関する相談もしやすいですよ。

また、地域で行われている母乳育児に関するセミナーなどに参加する方法もあります。妊娠中のママを対象としたセミナーもあり、将来母乳育児を考えているママにおすすめですよ。母乳育児が推奨されている今だからこそ、支援の種類も豊富になってきています。きっとママに適したサポートが見つかるでしょう。

母乳育児にこだわり過ぎない心構えも大切

母乳育児がしたくても、様々な理由により赤ちゃんの健康を考えた結果ミルク育児にした方がよい場合も出てきます。また職場復帰やママの体調不良による薬の服用などで、母乳をあげられないときもでてくるかもしれません。

そんなときは、赤ちゃんの健康とママの状況を考えて一番よい方法を選ぶことが必要です。そのため母乳育児にこだわり過ぎない心構えも大切ですよ。

ミルクは母乳の成分に近づけて作られています。ミルク育児であっても、赤ちゃんの健やかな成長に問題があるわけではありません。母乳育児でもミルク育児でも、赤ちゃんのママであることに変わりはないのです。赤ちゃんとの大切な触れ合いの時間が、楽しみになる方法が一番ではないでしょうか。

まとめ

初めての育児で「母乳育児をしてみたい」と考えているママは多いのではないでしょうか?しかし母乳育児には不安やトラブルつきものです。赤ちゃんとママにメリットの多い母乳育児が、母乳への不安によってママを苦しめるのはよくないですよね。

母乳育児が推奨される現代だからこそ、ママの不安に応えられるように今回紹介したような母乳育児に関する看護や支援の強化が進められています。初めての赤ちゃんの育児が楽しいものになるよう、ママひとりで悩みを抱えずぜひ周りに頼ってみましょうね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND