就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児と一緒に楽しくお風呂。入浴方法や注意すべきことは?

乳児と一緒に楽しくお風呂。入浴方法や注意すべきことは?

「赤ちゃんと一緒に楽しくお風呂に入りたい。でもどうやって入ればいいのか分からない」と悩むママは多いです。赤ちゃんとの入浴は意外と大変で、入浴前の準備をしっかりする事も大切です。今回は、親子で楽しく入浴できるように、入浴方法や注意点などを、ご紹介します。

入浴前の前準備や確認しておくこと  

赤ちゃんのお風呂はいつから大丈夫?

新生児を過ぎると赤ちゃんの体も大きくなり、今まで使っていたベビーバスが、少しきつくなってくる事がありますよね。赤ちゃんが生後1カ月検診を受けて、何も問題が無ければ沐浴をやめて、親と一緒にお風呂に入る事ができます。ママと入る場合は、ママも1カ月検診で許可が下りてからにしましょう。

お風呂の入れ方は人それぞれで、「一緒に入ると大変だから」と赤ちゃんだけを先にお風呂に入れてから、ママは赤ちゃんのお昼寝中や夜に入浴するなど、別々に入浴する方も多いです。しかし一緒にお風呂に入る事で、赤ちゃんとのスキンシップがたくさんでき、お風呂に入る楽しさを感じさせてあげる事もできます。

一緒に入ると時短にもなり、時間を有効活用できてママも嬉しいですね。

お風呂の温度と入浴時間

赤ちゃんはまだまだ未熟なので一緒に入浴する時は、お風呂の温度と入浴時間に注意しましょう。夏場は大体38~39℃、冬場は大体40℃位の温度が丁度いい温度です。赤ちゃんがお湯の熱さにビックリしないように、追い炊きはしないようにし、入る前に必ずママの手でお湯の温度確認をするといいですよ。

赤ちゃんは体も小さくのぼせやすいので、入浴時間も大人と比べるとかなり短いです。湯船に入る時間は大体2~3分で十分なので、身体や頭を洗う時間も含めても、10~15分位を目安にするといいでしょう。

入浴は、身体を清潔に保つだけではなく、赤ちゃんの生活リズムを整えるのにも役立ちます。毎日同じ時間帯に入浴する事でリズムが整うので、なるべく崩さないようにしましょう。

入浴前に準備しておく物

まだ首が据わっていない赤ちゃんとお風呂に入る事は、常に抱っこしなければいけないため、なかなかの重労働です。もたもたすると赤ちゃんがぐずってしまうので、スムーズに進めていく必要があります。

入浴前にお風呂セットを準備しておきましょう。ベビーシャンプー、ソープ、ガーゼ2枚位(お風呂中で1枚は使う)赤ちゃんの肌着などの着替え(着せやすいように広げておく)、オムツ、大判バスタオル、保湿ローション、綿棒1、2本(お風呂上りに赤ちゃんの耳周りのケアをするとやりやすいです)

ママが1人で赤ちゃんをお風呂に入れる場合は、ママ用のバスタオルと着替え、脱衣所にベビーチェアや座布団など、ママの着替え中に赤ちゃんを寝かせておける場所を作っておきましょう。


子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

お風呂に入れる手順【赤ちゃん入浴前】

脱衣所に下着や服をセットしておく

赤ちゃんが湯冷めすると大変なので、入浴前には脱衣所に下着や服などをセットしておくと、入浴後の着替えがスムーズに進みます。着替えは脱衣所にクッションマットを置いたり、バスタオルを何枚か重ねて置いたりすると、赤ちゃんを寝かせやすいです。

マットやバスタオルの上に着替えとオムツを置き、その上にバスタオルを重ねて置いておきます。そうする事で、赤ちゃんの体をすぐに拭けて、その後スムーズに服を着せてあげられるので便利です。保湿ローションをつける場合は、ローションも脱衣所に置いておくとすぐに塗ってあげられますよ。ガーゼもよく使うので、脱衣所に1枚は置いておきましょう。

冬場は特に湯冷めしやすいので、赤ちゃんがお風呂から上がってすぐに脱衣所で着替えができると、身体を冷やさずにすみ、風邪をひく心配も減りますね。脱衣所もなるべく温かくしておくと、お風呂上りの着替えもママが焦らずにする事ができます。

綿棒やお白湯などは着替えた後でも問題ないので、温かい部屋に移動してからで大丈夫です。後でいい事は、着替え終わった後にママが落ち着いてしてあげるといいですよ。

先にママが髪や体を洗う

ママと2人で入浴する場合、どのような手順で一緒にお風呂に入ったらいいのか悩みますよね。まずは脱衣所に置いてあるバスタオルの上に赤ちゃんを寝かせて、先にママが髪や体をあらいましょう。

ママが洗っている間も、ママの顔が見えるようにお風呂のドアを少し開けておいてあげて、「もう少し待ってね」「一緒にお風呂入ろうね」などと、こまめに声をかけてあげると赤ちゃんも安心します。ママが先に洗う時に、シャワーを出したりお風呂の蓋を開けておいたりして、お風呂場を温めておくと、赤ちゃんが入浴する時に体を冷やさずにすみますよ。

脱衣所に赤ちゃんを寝かせる時、夏場などの暖かい時期は、オムツ1枚で赤ちゃんを寝かせておいても問題ないですが、冬場などの寒い時期は風邪をひいてしまうので、服を着たままにして温かくしてあげましょう。

最近では、お風呂場で赤ちゃんに待ってもらえるように、ベビーバスチェアやマットなどの便利グッズがたくさん売っています。「脱衣所に寝かせるのは心配」という方は、このような便利グッズを使ってみてもいいですね。

お風呂に入れる手順【赤ちゃん入浴中】   

赤ちゃんを抱っこして体を洗い流す   

ママが洗い終わった後に、赤ちゃんの服やオムツを脱がせて抱っこします。この時、赤ちゃんの首を後ろからしっかり支えて抱っこし、ママのお膝の上に赤ちゃんを抱えます。(縦抱きでも横抱きでも大丈夫です。)

バスタブに浸かる前に、赤ちゃんの体を洗い流しましょう。洗い流す時に、赤ちゃんを落とさないように注意する事が大切です。心配な方はバスマットをお風呂場に敷いておくと、万が一落としてしまっても赤ちゃんにケガをさせずに済みますよ。

洗い流す時は赤ちゃんがビックリしないように、優しくそっと流します。おしりはうんちがついている事もあり、汚れている可能性があるので、体を流した後にもう1度優しく流してあげるといいですね。

バスタブに浸かって温まる

赤ちゃんの体を洗い流した後は、優しく縦抱きし一緒にゆっくりバスタブに浸かって温まりましょう。親子でお風呂に入る事は、最高のスキンシップになります。バスタブに浸かったら、赤ちゃんの体をまんべんなく触ったり、なでたりしてたくさんスキンシップをして楽しんでくださいね。

毎日赤ちゃんのお肌に直接触れる事で、小さな変化に気づく事ができます。湿疹やお腹が張っていないかなど、スキンシップをしながら赤ちゃんを観察してみるといいですよ。

赤ちゃんは体が小さいので、バスタブに浸かる時間は大体2~3分位で十分です。短い時間の中で、赤ちゃんに話しかけたりスキンシップしたりして、赤ちゃんが心身共にリラックスできるようにしてあげましょう。

38 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC