就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の顔の洗い方!保湿のやり方や顔のお肌トラブルも紹介

新生児の顔の洗い方!保湿のやり方や顔のお肌トラブルも紹介

赤ちゃんの肌はつるつるで、みずみずしいとイメージする方も多いでしょう。生まれたばかりの赤ちゃんの肌は、デリケートなので毎日、清潔にしていたいですね。そこで今回は、新生児の顔の洗い方や、保湿のやり方、顔のお肌トラブルなどについてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

新生児の顔の洗い方をチェックしよう

新生児の洗顔に石鹸は必要か

新生児はたくさんの汗をかきますね。毎日、ママやパパが洗顔をするように、新生児の洗顔も毎日行いましょう。

体は小さくても、汗腺は大人と同じ数だけあるといわれています。小さな赤ちゃんの体に汗腺が密集しているので、その分、汗もかきやすいのです。

さらに、よだれ、母乳やミルクの吐き戻しなどで、口まわりは汚れやすいです。皮膚の免疫も弱く、刺激を受けやすいので、毎日の洗顔で清潔にしましょう。

洗顔には、低刺激のベビー石鹸を使うのがおすすめです。新生児の毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とすには、ベビー石鹸が適していますよ。

石鹸を使わず、お湯だけで洗うママもいますが、汚れを取ろうとした摩擦で肌を傷つける場合もあるので、石鹸を使う方がよいでしょう。

新生児の洗顔のやり方

洗顔に決まった方法はありませんが、できれば赤ちゃんに嫌がられずにスムーズにすませたいですよね。洗顔をするときは、片方の手で赤ちゃんを支えるので、もう片方の手で、押すと簡単に泡の石鹸がでるポンプ式のベビー石鹸を使うと便利ですよ。

赤ちゃんの肌は傷つきやすいので、泡立てた石鹸をつけたママの手で、優しく洗います。泡で包み込むように、汚れがたまりやすいTゾーンや、頬の汚れを落としましょう。

石鹸が入らないように、目や口のまわりはさけてくださいね。小鼻や耳の後ろにも汚れがたまるので、忘れずにしっかり洗ってくださいね。

石鹸で赤ちゃんの顔の汚れを落とせたら、お湯で湿らせたガーゼや弱めのシャワーで洗い流しましょう。

洗った後のすすぎはしっかりと

石鹸できれいに汚れを落としても、すすぎをしっかりしていないと、肌に残った汚れが炎症をおこし、肌トラブルにつながります。すすぎ残しがないように注意してくださいね。

石鹸で全体的に汚れを落としたら、ガーゼをお湯に浸して軽くしぼり、優しく石鹸を拭います。力が強いと、ガーゼで赤ちゃんの肌を傷つけてしまう可能性があるので、気をつけましょう。

この方法を何度か繰りかえし、赤ちゃんの顔全体をすすぎます。目や口に石鹸が入らないように気をつけながら丁寧に。

赤ちゃんが慣れてきたら、水圧を弱めたシャワーでも大丈夫です。新生児の顔にシャワーをかけるのが怖いと思うママがいるかもしれませんが、赤ちゃんは羊水の中にいたので、反射的に目を閉じますよ。

新生児の顔に保湿剤は塗ってよい?

赤ちゃん専用のものなら大丈夫

新生児の肌はデリケートで、生まれてから生後2カ月頃までは、顔にも乳児湿疹がでやすいようです。また、新生児の肌は薄く、大人の半分ほどしかありません。

摩擦や乾燥など、少しの刺激で傷ついたり肌が荒れたりするので、しっかり保湿をしましょう。新生児に使う保湿剤は、肌への刺激が少ない赤ちゃん専用のものを使うと安心です。

赤ちゃん専用の保湿剤は、無添加や無香料のものが多く、赤ちゃんの肌への負担にならないように作られています。大人用のものは、香料や防腐剤が使われているものが多く、赤ちゃんには刺激が強いので使用は避けましょう。

また、保湿剤の種類もさまざまで、ベビーローション、ベビークリーム、ベビーオイルなどが知られていますよ。

お肌トラブルを防ぐためにも保湿は大事

デリケートな新生児の肌で気をつけたいことは、肌の乾燥です。新生児の肌は、バリア機能が弱く、水分も蒸発しやすいため、乾燥した状態になることが多いです。

乾燥した肌は、さらに肌のバリア機能を低下させてしまい、肌トラブルの原因になります。しっかりと保湿をして、新生児の肌のバリア機能を守りましょう。

ママが乳幼児期だったころは、現代ほど保湿をしていなかったかもしれませんね。清潔さが重視される現代では、赤ちゃんを含め、ほとんどの人が毎日、石鹸を使って手や体を洗いますね。

石鹸を使うことで、体の油分が奪われて肌の乾燥につながるようです。また、大気汚染も肌への影響があるとされていますので、しっかり保湿を心がけたいですね。

優しくたっぷり塗ってあげよう

新生児の保湿を、どの程度すればよいのか迷うママもいるでしょう。赤ちゃんの体の部位に、優しくゆっくりと円を描くように保湿剤を塗りましょう。

保湿のタイミングは、お風呂上りがよいですよ。お風呂上りは、赤ちゃんの肌の水分が蒸発しているので、できれば入浴後5分以内に保湿剤でケアしましょう。また、乾燥しているなと感じるときや乾燥が気になる季節などは、お風呂上がりにくわえて、1日3回程度の保湿を心がけましょう。

保湿剤の種類もさまざまですが、赤ちゃんに肌トラブルが見られない場合は、ベビーローションを使うとよいでしょう。赤ちゃんの肌がしっとりする状態を目安に、優しくたっぷり塗って、赤ちゃんの肌トラブルを防ぎましょう。

新生児の顔のお肌トラブル「乳児湿疹」

ブツブツがあったら乳児湿疹かも

赤ちゃんの顔に突然ブツブツがあらわれて、驚いてしまったというママも多いと思います。そのような場合は、乳児湿疹かもしれません。

乳児湿疹とは、赤ちゃんの頬や口のまわり、あごなどにあらわれる赤いブツブツや、かさかさした湿疹のことをいいます。一般的に、新生児期から1歳頃までに多く見られ、程度に差はあるものの、ほとんどの赤ちゃんが経験する症状です。

ママは、赤ちゃんの顔に湿疹ができてかわいそうと感じるかもしれませんが、この時期の湿疹は、自然におさまるケースがほとんどです。心配しすぎず、毎日の洗顔と保湿で赤ちゃんの肌を清潔にしておきましょう。

もし、赤ちゃんが湿疹をひっかいたり、炎症を起こしたりしている場合は、早めに病院で相談するとよいですよ。

脂漏性と乾燥性でケアが違う

乳児湿疹は「脂漏性」と「乾燥性」に分けられ、それぞれでケアの方法が異なります。脂漏性湿疹は、新生児~生後3カ月頃に多く見られ、ママのお腹にいたときからのホルモンの影響が続いていることによる、活発な皮脂の分泌が原因です。

また、たくさん汗をかく新生児は、皮脂の分泌と汗が毛穴につまりやすく、湿疹がでてしまいます。月齢が大きくなるにつれ、ホルモンの影響も落ちつき、脂漏性湿疹も見られなくなる場合が多いので、様子を見ましょう。

こまめに汗をふき、石鹸で皮脂の汚れを取り除いてくださいね。

脂漏性湿疹が落ちつくと、乾燥性湿疹が目立つようになります。頬が乾燥して赤くなったり、痒みをともなう湿疹がでたりします。毎日、こまめに保湿ケアをしてあげましょう。

こまめなスタイの交換も予防の一つ

乳児湿疹は、顔だけではなく、あごや首にもできる場合があります。赤ちゃんはよだれや、母乳やミルクの吐き戻しなどで、口のまわりが汚れがちですよね。

汚れを防止するために、赤ちゃんにスタイをつけているママも多いでしょう。しかし、スタイを汚れたままの状態で放っておくと、汚れたスタイが赤ちゃんのあごや首に触れて、肌が荒れる原因になります。定期的に様子を見て、こまめにスタイを交換することも大切ですね。

また、とても肌が敏感な赤ちゃんは、スタイの素材で肌が荒れてしまうかもしれません。スタイを使う場合は、赤ちゃんの肌の様子にも気をつけましょう。

湿疹が2カ月以上続く場合は、アトピー性皮膚炎の可能性もあるので、病院に相談しましょう。

新生児の顔のお肌トラブル「顔のあせも」

あせもにも種類がある

あせもといえば夏にできるものというイメージですが、新生児の場合は季節を問わず、あせもができやすいです。新生児にも大人と同じ数の汗腺があり、たくさん汗をかくことから、汗や汚れで汗腺がつまり、汗が皮膚の内部にたまって炎症を起こします。

あせもには「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」と「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」の2種類があります。それぞれ「白いあせも」「赤いあせも」とよばれています。

水晶様汗疹は、透明や白い小さな水泡のあせもで症状は軽く、かゆみもありません。自宅ケアで治ります。

紅色汗疹は、赤い炎症が見られる湿疹で、強いかゆみや、痛みをともないます。汗をかきやすい部分や皮膚と皮膚が密着する部分、お腹や背中の広範囲にもできることがあります。

顔のあせもの対策は清潔にすること

顔にできるあせもは、目立ちやすいこともあり、早く治したいですよね。対策としては、こまめに汗をふく、お風呂で汚れを取り除く、保湿するという流れで自然に治ったり、あせもがひどくなることを防いだりできます。

新生児の顔は、汗のほかに、よだれや母乳、ミルクのあとが残っていても、あせもの原因になってしまいす。きれいなガーゼでこまめにふくことが大切ですよ。

また、あせもができた新生児の顔を洗うときは、昔ながらのものや、無添加の固形石鹸を選ぶようにしましょう。

液体の石鹸は、界面活性剤が使われていることが多く、汚れや皮脂を十分に取り除くぶん、赤ちゃんに必要な皮脂まで奪ってしまうといわれていて、赤ちゃんの肌バリアに影響がでてしまうそうですよ。

ステロイド剤を使うときは受診しよう

赤ちゃんのあせもを早く治してあげたい場合、ステロイド剤を使う方法もあります。ステロイド剤はあせもに痒みや炎症が見られる場合に使用すると効果が得られますよ。

病院や薬局で、手に入れることもできますが、新生児に使用するときは病院を受診をしましょう。ステロイド剤によって、効果はさまざまですが、赤ちゃんは顔の皮膚が薄いので、肌に負担がないものを選ぶことが大事ですよ。

新生児にステロイド剤を使うことをためらうママもいるかと思いますが、正しい使用方法を守れば、問題がないことがほとんどです。ステロイド剤を塗る必要がない部分まで塗らないように気をつけましょう。

もし、ステロイド剤の使用に関して不安な点があれば、医師に確認してくださいね。

新生児の顔のお肌トラブル「新生児ニキビ」

あせもや湿疹と間違えやすい新生児ニキビ

新生児の顔にでる肌のトラブルに「新生児ニキビ」があります。新生児ニキビは、月齢の小さな赤ちゃんに見られ、個人によって差があります。

新生児ニキビは、汗をかきやすい体を中心に見られるあせもとは違い、頭皮やおでこ、頬など首から上の部分に見られます。また、湿疹のように痒みはありません。

新生児ニキビは、生まれて間もない頃から、少しずつ赤いブツブツができはじめます。生後1カ月頃が新生児ニキビが見られるピークとされ、生後3カ月頃には落ちついてくるようです。

新生児ニキビに痒みはありませんが、赤ちゃんの顔が真っ赤になる場合があるので、ママは心配になりますよね。皮脂の分泌が活発な時期に見られる特有のものなので、まずはスキンケアで様子を見るようにしましょう。

原因はママのホルモンによるもの

新生児ニキビがでる原因は、ママのホルモンが影響していると考えられています。赤ちゃんはママのお腹の中にいるとき、ママからホルモンを譲りうけます。

赤ちゃんが生まれてから生後3カ月頃までは、ママから譲りうけたホルモンが赤ちゃんの体内に残っている影響で、皮脂の分泌が活発な時期です。この皮脂の分泌が赤ちゃんの肌のバリア機能になり、水分の蒸発を防いだり、外部の刺激から肌を守ったりします。

しかし、皮脂の分泌が活発なこの時期は、毛穴に皮脂がつまったり、その部分が炎症を起こしたりして、湿疹ができてしまうことがあります。皮脂の分泌量が多いことが原因の脂漏性湿疹と同じで、月齢の小さな赤ちゃんに多く見られますよ。

清潔にしていれば自然治癒することも

新生児ニキビは、赤ちゃんによって程度の差が見られます。生まれてから数週間で落ちつく赤ちゃんもいれば、数カ月は続く赤ちゃんもいます。たいていは生後3カ月頃には落ちつく場合がほとんどです。

自然に治っていることも多く、症状が軽い新生児ニキビの場合は家庭での毎日のスキンケアで様子を見てもよいでしょう。こまめに顔をふいたり、ベビー石鹸を使って洗ったりして、赤ちゃんの顔を清潔な状態に保ち、洗顔後は皮膚の乾燥を防ぐためにもかならず保湿をしましょう。

また、赤ちゃんの身のまわりを清潔に保つことも大切ですよ。たくさん汗をかく赤ちゃんの衣類や寝具はこまめに交換するとよいでしょう。

新生児ニキビを引っかかないように、赤ちゃんの爪も切っておくと安心ですね。

まとめ

生まれたばかりの赤ちゃんの顔に、湿疹ができてかわいそうと感じるママも多いと思いますが、新生児期の赤ちゃんの顔に見られる湿疹は、ほとんどの赤ちゃんが経験することです。ママのお腹の中の環境から、外の環境に赤ちゃん自身が対応しているのですね。

新生児の肌のバリア機能は弱く、ちょっとしたことで肌が傷ついたり、刺激をうけたりするので、ママの毎日のケアやサポートが大切になります。赤ちゃんの肌を守るために、清潔な状態にすることやスキンケアを心がけましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018