就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳で人見知りをしても大丈夫!原因とママができるフォローとは

3歳で人見知りをしても大丈夫!原因とママができるフォローとは

人見知りは子どもの成長過程で表れます。しばらくすれば無くなる子どももいますが、3歳になっても人見知りをしていると、保育園や幼稚園での集団生活を心配するママもいるでしょう。ここでは、人知りする理由を知って、3歳の人見知りの我が子に対して、ママができるフォローなどを考えてみましょう。

子どもが人見知りする理由を知ろう

人見知りは成長過程の一つ

人見知りは、目が見えるようになり、ママとほかの人を区別できるようになる6カ月ころから始まるといわれています。顔で人を区別できるというのは、成長した証拠ですよね。また、ママを信頼する気持ちが芽生え、ママ以外の人に対しては不安を感じるようにもなるそうです。

大人は、「ちょっと怖いな」と思っても、平気な表情を浮かべたり口では「大丈夫だ」と言ったりすることもできますよね。色々な経験をして、これくらいなら大丈夫という限度も知っています。しかし、子どもは怖ければ泣くし逃げようとするでしょう。まだ、それしか方法を知らないのです。

もっと成長して、怖いものが減ったり言葉で感情を伝えたりできるようになれば、泣く以外の方法も分かるようになってきますよ。

子どもの気質と環境による場合もある

人見知りの程度は人それぞれです。人見知りが強い子どももいれば、まったくない子どももいます。3歳児の人見知りは、その子の気質も関係しているそうです。恥ずかしがり屋、心配性、ひとりでいるのが好きなど、色々な性格がありますよね。3歳はそういう気質が表れ始める時期のようです。

生活環境も影響するといえるでしょう。親戚が多かったり友だちの家によく遊びにいったりする子どもは、ママ以外の人でも安全だと知る機会があるので、人見知りが軽いそうです。

3歳ころは、気質や生活環境の影響が強く表れますが、色々な経験をしながら成長します。恥ずかしがり屋の子どもでも友だちと一緒に遊べるようになり、心配性でもママから離れることができるようになっていくでしょう。

不安や緊張が原因になることも

子どもによっては、不安や緊張を感じやすい子どももいますよね。環境の変化に敏感だったり、相手の気持ちを感じ取ったりしやすい子どももいます。そういう子どもほど、人見知りする可能性があるそうですよ。

たとえば、新しい家に引っ越して、知らない子どもたちの中に入るという状況になったとき、「仲よくなれるだろうか」と気になりますよね。そのときに不安になる子どもは、まだ外にも出ていないのに、頭の中が不安だらけになってしまい、怖くて外では下を向いてしまうそうです。

敏感な子どもほど、大きくなれば相手の気持ちを考えて、優しい子になるともいわれます。人見知りの時期は、ママも気になって心配するかと思いますが、個性を大切にして育って欲しいですね。

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

PR

多くの子が一度は夢中になる汽車や電車のおもちゃ。年齢や興味に合わせ遊び方を変えられるので、長く遊べる点が魅力ですよね。今回は本格的なレール遊びに興味を持ちはじめた3歳頃のお子さまにぴったりなレール玩具・BRIO「スマートテックサウンド」シリーズを紹介します。ワクワクするしかけやアプリとの連携で、楽しみながらテクノロジーにも触れられる最新のおもちゃの世界をのぞいてみましょう。

人見知りを克服するポイント三つ

無理強いをせず寄り添うこと

人見知りは、色々な経験をしながら成長して、自分で不安な気持ちを克服することで軽くなっていきます。ですから、ママが無理強いするのではなく、子どもが自分で克服できるように寄り添うとよいでしょう。

人見知りを気にして、公園で子どもの輪の中に入るように引っ張っていったり、ママの後ろに隠れているのを押し出したりすると、子どもの不安は大きくなってしまいます。さらに人見知りが強くなる可能性もありますし、大人になってもトラウマが残ったり、パニック障害になってしまったりする危険もあるそうです。

子どもが不安を感じないようにすることが、人見知りを克服するポイントです。ですから、ママがしっかり寄り添いながら、人に慣れていくということが大事なのです。

集団生活は園の先生と二人三脚で

入園までに人見知りが終わらなかった場合は、先生に相談してみましょう。園には色々な子どもがいますので、今までにも人見知りの激しかった子どもを受け持ったことがあるでしょう。自分の子が、とくに迷惑を掛けるのではないかと心配する必要はなさそうですよ。

子どもには、園は楽しいところだと伝えましょう。歌ったり踊ったり、おもちゃで遊んだり、子どもが好きそうなことを教えるとよいですよ。

そして、園で楽しく過ごせるように、「自分のことは自分でできる」ように練習してみましょう。自分のことが自分でできないと、周りと比べて劣等感を感じ、余計に人見知りが激しくなるそうです。

園の先生はプロなので、思い切って任せて何かあれば相談し合う関係を築きましょう!

家族以外の人と関わる機会を増やしてみよう

人見知りを軽くするには、まずは人に対する不安を解消していくとよいですよ。色々な人に会って、優しい人、楽しい人もいるのだと感じれば、怖いと感じることが少なくなるのではないでしょうか。

児童館や、地域の行事に参加するのもよいですね。ママが家族以外の人と話しているのを聞いたり、誰かが微笑んでくれたりすると徐々に人に慣れてくるでしょう。

子ども同士で遊ぶなら、同い年の子ども同士で遊ぶよりも、少し年上の年長くらいのお姉さん、お兄さんが遊び相手になってくれる方がよいでしょう。女の子は、年下の子の面倒を見るのが好きですし、まだ子どもらしい強引さもあって、人見知りの子どもを引っ張って行ってくれるでしょう。そうしているうちに、きっと遊ぶのが楽しくなってくるはずです。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND