就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児の記録を日記に残そう!日記の種類やアプリ、書き方を紹介

育児の記録を日記に残そう!日記の種類やアプリ、書き方を紹介

子どもの毎日の成長を忘れないためにも、育児日記をつけたいと思っているママは多いですよね。しかし、書き方が分からなくて書かなかったり、面倒になって止めてしまったりする方もいるのではないでしょうか。今回は、どうして育児日記をつけるとよいのかや、いつでも書ける便利な日記方法などをご紹介します。

育児日記を書いた方がいい理由とは?

赤ちゃんの食事等、生活リズムが記録できる

赤ちゃんが生まれてから子どもの成長などを日記に書くママは意外と多いですよね。育児日記は、日記を読み返して子どもの成長を微笑ましく感じるだけではなく、赤ちゃんの授乳や排便などの生活リズムを記録することも大切です。

赤ちゃんの毎日の睡眠や授乳、排便などを記録していると、赤ちゃんの少しの体調の変化や異変にすぐに気づくことができます。また、毎日続けていると、授乳間隔や毎日の排便の回数なども見て分かりやすく、ママが頭で覚えておく必要もないのでよいですよね。

赤ちゃんは言葉で体調不良を訴えることができないので、ママが毎日の赤ちゃんの生活を日記につけて、赤ちゃんの生活リズムを把握し体調の変化に早く気づいてあげられるとよいですね。

日々の成長を残す、思い出を記録できる

赤ちゃんは1年の間に体が成長するだけではなく、できることがどんどん増えてママにとっては感動することがありますよね。しかし、忙しい毎日で「子どもが初めて笑った日や、寝返りをした日がいつだったか思い出せない」と、記録していないことを後悔するママもいます。

日々の成長記録やお出かけの記録などを日記に書くことで、パパやママが見返しても楽しいです。子どもが大きくなったときに、「赤ちゃんのときはこんな遊びが好きだったんだよ」などと、一緒に日々の成長を見返すのもママの愛情が子どもにたくさん伝わりよいかもしれませんね。

「育児に追われて日記を書くひまがない」と悩むママも多いと思いますが、一言だけでもよいので子どもの成長を記録しておくと、思い出に残りますよね。

ストレス発散?書くことでスッキリする

育児をしていると思い通りにいかなくてイライラしたり、なかなか自分の時間を作れずにストレスを抱えたりするママは多いのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんのお世話に追われて上手くストレスを発散できていない方もいますよね。

友人は、赤ちゃんはかわいいのに、時々育児に疲れてイライラする自分がいたそうです。しかし、イライラする自分がママ失格のような気がして、誰にも相談できずにいたと話してくれました。

あるときから、赤ちゃんを出産した頃から書いていた育児日記に、自分の気持ちなどを思うがままに書いてみたそうです。すると、書くだけでも心がスッキリして「自分は今こんな気持ちなんだ」と、客観的に自分を見ることもできて冷静になれたそうですよ。

あなたに合った1冊を!育児日記の選び方

1年がほとんど?書きたい期間で選ぶ

よく売っている育児日記は1冊買うと、1年間記録できるようなものが多いです。しかし、「1年間も毎日続けられるかな」と、続けることに不安になるママもいますよね。そのような方には、期間を半年間など短く設定した育児日記を購入することをおすすめします。

また、「1年よりもっと長く育児日記を書き続けたい」と、思うママもいますよね。そのような方には3年や5年タイプのものを購入すると、赤ちゃんの頃からの日記を1冊で振り返ることができてよいかもしれません。「もっと長期間続けたい」というマメなタイプの方は、10年タイプのものもおすすめですよ。

育児日記は生まれたときから始まるものと、妊娠中から書けるものもあります。お腹の中にいる様子を書くのもよいかもしれませんね。

外出先にも持参する?大きさやサイズで選ぶ

育児日記にはたくさん種類があるので、選ぶときもどれにしようか悩む方は多いですよね。日記を選ぶのに悩んだ方は、外出先にも持参するのか、お家の中だけで書くのかなど、日記をどこで書くかによって選ぶと選びやすいかもしれません。

友人は、お家の中では育児に追われて日記を書く時間があまりとれないため、外出時も持っていけるように小さいサイズのものを選んだそうです。どこにでも持ち運びすることで、少しのヒマができたときに書くことができたり、子どものことで何か感じたときに忘れないうちに書くことができるので、便利だと話してくれました。

また、時々子どもを夫に預けて1人でカフェに行き、日記を読み返すのがストレス発散になっているそうですよ。

母子手帳も入る?日記以外の機能で選ぶ

「日記を書こうと意気込むけど、マメな性格ではないし続くか分からない」と、日記を書くことを躊躇してしまうママも意外と多いのではないでしょうか。そのような方には、母子手帳に一言日記を書いてみるとよいかもしれません。

母子手帳には月齢ごとにできるようになったことのチェック欄があったり、ママの気持ちを書くスペースが作られていたりします。毎日日記を書くのは難しい方でも、チェックするだけだと簡単にできますし、時間のあるときに一言ママの気持ちを書くくらいなら頑張れそうですよね。

母子手帳は妊娠中の記録や、赤ちゃんの健診の記録なども記されているので、そこにママの手を少し加えるだけでも立派な育児日記として残るでしょう。

残しておくと便利!生活リズムがわかる日記

睡眠、体温、排泄などを記録できる日記

新生児の頃の赤ちゃんは生活リズムがまだ整っていないので、睡眠時間がバラバラで 赤ちゃんによって全然違います。また、排便や授乳なども個人差が大きいため、我が子の生活リズムを知るためにも育児日記をつけると分かりやすいのでおすすめです。  

赤ちゃんの体温は大人より少し高めですが、体温も高めの子や低めの子など個人差があります。毎日計っていると赤ちゃんの平熱がどのくらいか確認できるので、熱が出たときもママは気づいてあげやすくてよいですね。

産婦人科によっては、入院中に赤ちゃんの体温や授乳、排便を記録する所もあります。記録することで赤ちゃんの簡単な健康チェックができて、体調不良に早く気づくことができるそうですよ。

1週間分を見開きで確認できる日記

育児日記は写真が貼れたり、イベントごとのページがあったりと種類が多いので、自分に合った育児日記を選ぶことが大切です。子どもの成長やママの気持ちなどを書くだけではなく、子どもの1日の食事なども書き込むとよいかもしれませんね。

友人は、1週間分の出来事を見開きで確認できる日記を使っているそうです。1日ずつではなく1週間分の子どもの成長を見開きで見られると、1週間の間にも少しずつ成長していることが見て分かり、嬉しい気持ちになると話してくれました。

また、赤ちゃんの離乳食の献立を1週間分まとめて考えているそうで、見開きになっていると献立が見やすいそうです。赤ちゃんが、どの食材をどれくらい食べられたかなども記入して見返せるので、よいかもしれませんね。

授乳タイマーが便利!育児日記アプリ

日記といえば手書きを想像する方が多いですが、最近では、スマホで簡単に育児日記がつけられるアプリもたくさん増えてきています。スマホで日記がつけられると、寝る前やすき間時間に簡単に入力できるので、書く手間がはぶけて忙しいママには使いやすいかもしれませんね。

育児日記アプリは、赤ちゃんの様子や成長を記録するだけではなく、授乳や排便、睡眠などの時刻を記録できるほかにも、授乳タイマーといって赤ちゃんの授乳時間になると、タイマーでママにお知らせしてくれるシステムもあります。

また、授乳するとそのまま履歴がつくので、書くタイプの日記のように授乳時間を自分で計る手間がはぶけてよいですね。授乳時間を覚えなくてもよいので、便利です。

一生の宝物!子どもにプレゼントできる日記

1日1ページ自由に書ける!ほぼ日手帳

「ほぼ日手帳」は 、手帳好きな方ならみなさん知っているものではないでしょうか。ほぼ日手帳は1日1ページの広めのスペースに自由に書くことができます。

たとえば、赤ちゃんの毎日の成長の写真を貼ってもよいですし、絵が得意な方なら4コマ漫画のようにして、その日の子どもの様子を描いても面白いですよね。1日に1ページ自分の好きなように書けるので、書くことが好きな方や「普通の日記帳には飽きた」という方などにもおすすめですよ。自由に書くことでストレス発散ができるとよいですね。

しかし、日記を書くことに慣れていない方や、どう自由に書いていけばよいか分からないという方は一般的な育児日記を使用したほうが使いやすいかもしれません。

5年分記録を残せるアルバム日記

子どもが5歳になるまでの記録を残せるアルバム日記も、ママには人気が高いようです。文章を書くのが苦手と感じる方も、アルバム日記にすると写真に一言言葉を添える程度でよいので続けやすいですよね。

また、アルバムと日記帳を一緒にすることで、別々に作る手間もはぶけるので忙しいママにも作りやすいかもしれません。最近ではスマホに写真を残す方が多くアルバムがある家庭が少なくなってきていますが、子どもが大きくなって自分のアルバムを見ると親からの愛情をたくさん受け取ることができますよね。

赤ちゃんの時期はお宮参りやハーフバースデーなど、イベントごとに写真を貼るスペースがあるものもあります。生まれたときの手形や足型を残せるページがあるものもありますよ。

成人のお祝いに!20年間コツコツ日記

育児日記はパパやママが子どもの成長を振り返るために書くだけではなく、子どもにプレゼントするのもよいですね。子どもから大人になる成人のお祝いのときや、結婚するときに子育て日記をプレゼントするのもおすすめですよ。

20年間コツコツ日記は、成人のお祝いにプレゼントできるように、20歳の誕生日まで毎年記入できるようになっています。1歳の誕生日までは、一般的な育児日記のように毎日記録するようになっています。翌年からは1年に1回誕生日がくるたびに記入します。

誕生日以外にも、はじめてできたことを記録しておくページなどの項目が色々あり、充実した中身になっています。また、20年後の子どもへのメッセージを書く項目もあるので、パパやママは感動してしまいますよね。

専用ノートは使わない!手作りノートを作る

自由度高め!手作りノートを使うメリット

育児日記を始めるときに売られている日記帳を買うのもよいですが、自分で手作り育児日記ノートを作るのもおすすめですよ。手作りにすると自分の好きなようにノートのデザインができ、自由に書くことができるのでママも描いていて楽しい気持ちになれますよね。

友人Dさんは、書く項目などが決まっている日記が苦手だったので手作りノートを使っているそうです。手作りノートはマスキングテープを貼るなど作るのも楽しくて、中身も自由なので書きたいときに育児日記を書いていると話してくれました。

また、予定などを書き込んだり時々子どもの写真を貼ってみたりと、自由にノートを使えるので「毎日日記を書くのは苦手」「項目が決まっているのが嫌」という方は手作りノートが楽しめそうですよね。

予防接種や病気など、必要な時だけ記録する

「毎日日記を書くのは難しい」と感じる方には、予防接種や病気などの必要な記録を残しておくようにするとよいですね。子どもが小さい頃は健診や予防接種などが頻繁になるため、記録しておかないとどれに行ったか分からなくなることもあります。

特に、育児に追われて疲れているママは「この予防接種受けたかな」と、心配になったことがあるのではないでしょうか。予防接種の受けられる期間は決まっているので、しっかり必要なことは記録しておくことをおすすめします。

また、小さな子どもは病気になることも多いので、病気になった日や症状、病院での処置などを記録しておくと、また体調が悪くなったときに対応しやすいかもしれませんね。

愚痴や不安を吐き出すこともできる

ママも1人の人間です。育児をしていると愚痴がたまったり、不安になったりすることもありますよね。しかし、「夫にぐちぐちいうのも、喧嘩になるし言いたくない」と、愚痴や不安を誰にもいえずストレスを抱えているママも意外と多いです。

そのようなときに手作りの育児日記帳だと、自分の気持ちを吐き出すことができてストレス発散に活用できそうですよね。また、専用ノートだと嬉しいことや楽しいことを書くような項目が多いですし、子どもや夫に見られる可能性もあります。

「不安や愚痴を書いているのを見られたくない」というママは、育児日記帳のほかにもう一冊、自分のストレスを吐き出すためのノートを作ってみるのもよいのではないでしょうか。

忘れずに記録できる!育児日記アプリ

家族専用SNSで写真や成長を記録しよう

子どもの成長は家族みんなで見守っていきたいですよね。お家が近ければ気軽に会うことができますが、遠方に家族が住んでいる場合は年に数回しか会うことができなくて、「子どもの成長や普段の生活を見せてあげたい」と、感じているママも多いのではないでしょうか。

SNSをしていると家族にも写真などを見てもらいやすいですが、家族だけに報告したいプライベートなことや写真もありますよね。最近では家族専用のSNSがあり、家族だけで子どもの成長や写真を共有できるようなアプリがあります。

妊娠中からも使用することができ、エコー動画を保存できたり妊婦健診の記録をつけられたりと、出産する前からみんなで赤ちゃんに会える楽しみを共有できてよいですよね。

必要な事だけをシンプルに残す!

「育児日記を毎日細かく書いていきたい」と思う方以外に「毎日書くのは負担になるし、必要なことだけを記録して残したい」というママも多いですよね。そのような方には、赤ちゃんの予防接種の内容や健診の内容など、赤ちゃんにとって大切なことだけを記録しておくアプリもあります。

手帳やノートなどに書くのが面倒臭い方や、スマホに様々なデータを残しておきたい方にはおすすめです。また、子育てをしていると「子どもの写真がたくさん増えすぎて、整理ができない」と困ることもありますよね。

そのようなときにアプリを使って写真を撮ると、アプリが写真をきちんと整理してくれるので便利です。また、一言だけメッセージを添えることができるので、忙しいママにもおすすめです。

記録したものを電子書籍化できる!

子どもが小さい頃は育児に必死で、時間に追われる毎日ですが、子どもが大きくなると「育児日記をつけておけばよかった」と、後悔するママも多いです。ですから、少しでも「子どもの成長を記録しておきたい」と思っている方は、自分に合った育児日記をはじめましょう。

スマホでよく子どもの写真を撮る方は、アプリで日記をつけると写真の扱いなどが簡単にできてよいかもしれませんね。最近の育児日記アプリには、記録したものを電子書籍化できるものもあります。

無料で電子書籍化できるものもあり、パパとママがデータを共有できるので、2人で子どもの成長を記録していくのも楽しいですよね。様々な記録ができるだけではなく、データのバックアップ機能がついているものもあり安心です。

読むのも楽しい!人気子育てブロガー

書籍化などもされている有名ブロガーさん

日記は書くだけではなく、育児ブログなどでほかの人の子育てを読むのも楽しいですよね。特に、書籍化されている有名ブロガーさんの育児ブログは読みやすく、ママとして読んでいて共感できる部分も多いのではないでしょうか。

友人Eさんは子どもが寝た後に、有名ブロガーさんのブログを見るのが楽しみだそうです。子どものおやつの作り方やおもちゃの収納方法など、ママが知りたいことがたくさん載っているのでとても参考になっているそうです。

また、時々有名ブロガーさんでも育児に疲れているようなブログを読むと、「完璧に育児をしているように思える方でも、ストレスは私と同じように溜まるんだ」と、育児をしている仲間として、ブログを読んで安心することもあると話してくれました。

育児の情報も多くて勉強になる

子育てブログは普段の子どもの様子を書いているだけではなく、おすすめの離乳食の作り方や子どもとお出かけしやすいスポットなどを紹介していることも多く、「これは使うと便利なんだ」と勉強になることも多いですよね。特に、自分の子どもと同じくらいの子を育てているママのブログには、知りたいことや共感できることがたくさん載っているかもしれませんね。

「育児本はどの本を買えばよいか分からない」という方でも、ブログなら子どもが寝た後や、家事のすき間時間に簡単に見ることができるのでおすすめですよ。育児ブログはたくさんの方が投稿していますが、育児のやり方は人それぞれなので自分が共感できるブログを探すのも楽しいかもしれませんね。

兄弟、双子の情報満載なブログ

育児ブログの中には、兄弟や双子育児について情報がたくさん載せられているブログもあります。「そろそろ2人目がほしい」と思っている方や「双子を妊娠しているけど、双子育児はどんな感じなのだろう?」と、不安に思っている方が見ると勉強になりよいかもしれませんね。

友人Fさんは2人目を出産したときに、なかなか上手くいかない2人育児に悩んでいたそうです。同じように兄弟を育てている方のブログを見て、上の子との接し方や上手な家事の手抜きの仕方など、参考になることも多くブログに助けられたと話してくれました。

子育ての悩みは、同じような境遇の方じゃないと理解してもらえないこともあります。ブログで同じような悩みを抱えているママがいると、悩みが解決できるかもしれませんね。

1歳になったら育児日記はおわり? 

1歳以降も育児日記をつけるメリット

育児日記は赤ちゃんの授乳間隔や排便など、赤ちゃんの健康状態を管理するために書いている方も多いですよね。出産してから1年くらい続けている方が大半ですが、引き続き続けられそうな方は日記を続けることをおすすめします。

日記を続けるメリットは、1歳以降の子どもの成長記録を残せ、子どもが大きくなったときにプレゼントできます。1歳以降も子どもはどんどん成長するので、ママも日記を楽しく書けるかもしれませんね。また、2人目を考えている方は日記を書くことで、「上の子の育児はこんな感じだったな」と2人目の育児の参考になってよいですよね。

日記帳にも3年や5年タイプのものも売られているので、「長い期間育児日記をつけたい」と思っているママにおすすめですよ。

1歳以降は普通の手帳で書くのもおすすめ

1歳以降は子どもが歩くようになり、ますますママは目が離せず忙しくなりますよね。また、仕事復帰するママも多く、仕事をはじめると育児日記をつける時間がなくなる方も多いかもしれません。

1歳以降に日記を気軽に続けたい方は、普通の手帳に日記を書きたいときに書くようにするとよいですね。育児日記を買うと「書く項目が多くて、書く時間がない」と途中で止めてしまうママもいます。

書くことが好きな方は育児日記を続けられてもよいですが、続けられるか不安な方は手帳に書きたいときに書くスタイルにすると、ママの負担も少なく楽しく続けられそうですね。また、手帳を使うと、子どもの健診や予定なども一緒に書き込めたり確認できたりするので、忙しいママにおすすめですよ。

気負いすぎずに書くのが長続きのコツ?

育児日記を長続きさせるためには「頑張って書くぞ」と気負いしすぎずに、自分の性格に合った日記スタイルを選ぶことが大切です。書くことが好きな方は手帳タイプ、簡単に育児日記をつけたい方はスマホのアプリを使うと記録が簡単でよいかもしれませんね。

「毎日書かなければ」と、無理に書いていると日記を書くことが楽しめなくなり、書くこと自体がママの負担になってしまいます。書くのがしんどいときは少し休んだり、書きたいときに書けるタイプの日記に変更したりと、育児を振り返ったときに楽しい気持ちになるような日記にしたいですよね。

また、育児はママにとって大変なことです。楽しいことだけではなくしんどいことや辛いことなど、自由に日記を書きましょう。

まとめ

育児日記は子どもの成長を書くだけではなく、子どもの健康チェックにも活用することができます。ママの性格に合わせて日記のタイプを選ぶことで、日記を書くのが負担にならず長続きすることができますよね。

また、日記を書くことでママ自身のストレス発散になることもあります。楽しいことだけではなく、大変なことも書きながら世界で一冊だけの特別な育児日記ができると、思い出にも残りよいでしょう。家族みんなで育児日記アプリを共有するのも、新鮮でよいかもしれませんね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018