就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏の出産後を快適に過ごすコツ!夏生まれのメリットやデメリット

夏の出産後を快適に過ごすコツ!夏生まれのメリットやデメリット

夏に出産を控えているママは、「暑い夏を赤ちゃんとどのように過ごせばいいの?」「夏に出産するときに気をつけることはなんだろう?」など、気になることがたくさんある方も多いでしょう。ここでは、夏生まれの赤ちゃんのメリットやデメリット、準備しておくと便利なものなどをご紹介します。

夏に出産することによるメリット

夏生まれの赤ちゃんは風邪を引きにくい

初めての出産を夏に控えているママは「夏生まれの赤ちゃんはどういう感じなのかな」「夏に出産は大変そう」など、様々な不安を感じている方もいるでしょう。気温が高くとにかく暑い夏ですが、夏生まれの赤ちゃんにはたくさんのメリットがありますよ。

夏生まれの赤ちゃんの最大のメリットは、風邪を引きにくいことかもしれませんね。冬生まれの赤ちゃんの場合は、着替えや沐浴、おむつ交換など、何をするにも赤ちゃんの体が冷えないか心配です。新生児は特に抵抗力が弱く風邪を引きやすいので、手際よくお世話をしなくてはいけないと焦りますよね。

育児に慣れるまでは、赤ちゃんのお世話に時間がかかる可能性がありますが、夏だと湯冷めの心配がなく大らかな気持ちでお世話がしやすいですよ。

外出するころには過ごしやすい秋

生後1カ月健診が無事に終わると赤ちゃんとお散歩に行ったり、買い物に行ったりなど、赤ちゃんと一緒にお出かけを楽しみたいと思うママは多いでしょう。しかし、暑い夏は熱中症、寒い冬は風邪を引く可能性があるなど、気候が悪いと赤ちゃんの体に負担がかかるため、お出かけするのが難しいですよね。

夏生まれの赤ちゃんが生後2~3カ月になるころは、1年の中でも気候が穏やかで過ごしやすいといわれている秋になっています。秋は風もゆるやかで気温も丁度よい日が多いので、赤ちゃんとお出かけしやすいですよ。

また、秋は紅葉がきれいなのでお散歩がより楽しいですよね。「葉っぱがきれいな色だね」「気持ちがいいね」など、赤ちゃんに話しかけながらお散歩を楽しみましょう。

新生児期は外出せずに涼しく快適に過ごせる

新生児のころは感染症予防のために、外出を控えているママは多いでしょう。夏生まれの赤ちゃんの場合、気温が高く暑い夏の時期を外出をせずにお家の中で過ごせるため、赤ちゃんだけでなくママも快適に毎日を過ごせますよ。

夏場はエアコンなどの冷房器具を一日中つけている方も多いですよね。赤ちゃんは体が小さく抵抗力が弱いため、エアコンをつけて快適な温度にしないと熱中症になる可能性が高いです。赤ちゃんがいる家庭では夏場は24時間フルにエアコンをつけて過ごしている家庭も多いので、お家の中は常に涼しい状態を保てますよね。

臨月のころは暑くて大変だったママも、出産してからは快適なお家の中で過ごせるので夏の暑さに悩まずに済むでしょう。

夏に出産することによるデメリット

臨月になると暑くて動くのが大変

夏に出産するのはメリットが多いですが、デメリットもあることを忘れてはいけません。出産してからは涼しいお家の中で快適に過ごせるママですが、出産するまでは暑い日でも健診や買い物に行かなければならないので大変ですよね。

特に、臨月に入るとお腹がさらに大きくなるので、少し動くだけでも体力を消耗します。お腹が大きくなるだけでなく重くなってくるため、暑い夏に大きなお腹で過ごすことはママにとって負担が大きいでしょう。

また、妊娠中に骨盤ベルトをしている方も多いですが、大きなお腹に骨盤ベルトを巻くと夏場は汗で蒸れてしまい肌荒れする可能性もあります。暑い夏場に臨月を迎えるママは、熱中症にも注意が必要ですよ。

母体からの免疫力がなくなるのが冬ごろ

赤ちゃんは生後しばらくの間、ママからもらった免疫力で体を守っています。しかし、生後5~6カ月ころになるとママからの免疫がなくなるため、風邪を引きやすくなったり、体調を崩したりする子も多いです。

夏生まれの赤ちゃんの免疫がなくなる時期は、冬の寒いときですよね。生後5~6カ月ころになるとお出かけする機会も増えてくるので、商業施設や子育て支援センターなど、たくさんの人が利用する施設に行く機会もあるでしょう。

冬場はインフルエンザなどが流行することが多いため、人混みの中に行くのは注意が必要です。ママからの免疫がなくなったころに風邪を引く子もいるので、人混みには行かないようにする、赤ちゃんの体調の悪い日は外出しないなど、気をつけてくださいね。

お宮参りの時期がとにかく暑い

赤ちゃんが生まれてから、1番最初に迎える大きなイベントがお宮参りです。お宮参りは赤ちゃんが生後1カ月になる時期に行くのが一般的ですが、夏生まれの赤ちゃんの場合はお宮参りの時期がとにかく暑くて大変ですよね。

お宮参りのときは赤ちゃんはベビードレスを着用し、その上から祝着を着るのが一般的ですが、夏はただでさえ気温が高く暑いため、ベビードレスの上に祝着を着ると赤ちゃんが熱中症になる可能性もあります。

また、パパやママもフォーマルな服装をするので、夏場のお宮参りは赤ちゃんだけでなくパパやママにも負担が大きいでしょう。最近では、夏に生まれた赤ちゃんの場合、お宮参りの時期を少し遅らせて涼しくなってから行う家庭も多いようですよ。
52 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版