就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

イブルはベビー布団にも使える?赤ちゃんの居場所づくりに最適な特徴

イブルはベビー布団にも使える?赤ちゃんの居場所づくりに最適な特徴

イブルを購入する前に知っておきたいこと

赤ちゃんの寝返りやハイハイでずれやすい?

薄手で軽くお手入れがしやすいイブルは、その上で寝るにはよいのですがイブルの上で動き回ることを想定して作られているわけではありません。日本ではラグマットとして人気ですが、床に直接敷いてイブルを使うと、ずれやすいという問題もあります。

表面がコットンで作られているイブルは、フローリングに直に敷きその上で赤ちゃんが寝返りをしたりハイハイをしたりすれば、すぐにズレてしまいます。特にハイハイをするときには、足元のイブルが滑りズレるため、ハイハイがしづらくなりますよ。

薄手なので転倒時の衝撃を和らげるほどのクッション性はありません。ハイハイ中にイブルがズレ、それが原因で赤ちゃんが転倒すると痛くて泣いてしまうかもしれませんね。

ジョイントマットなどで滑り止め対策を

赤ちゃんのプレイマットとしてイブルを使うときには、ズレ防止と転倒時の衝撃緩和のを考えることも必要かもしれません。ズレ防止目的だけであれば滑り止めテープをイブルの裏に貼る方法もよいですね。

ただ、赤ちゃんの動きが活発になってくれば、転倒時の衝撃緩和も考える必要が出てきます。そこでおすすめなのがジョイントマットを利用する方法です。

ジョイントマットはクッション性があり多くの子育て中の家庭で利用されていますよね。ただ、いかにも「子育て中」という雰囲気が出るのが嫌というママが多くいます。このジョイントマットの上にイブルを敷くことで、イブルの滑り止めや衝撃緩和対策が可能です。インテリア性もありおしゃれな空間作りができますよ。

成長に合わせて用途に合ったサイズを選ぼう

ベビー布団の上に敷いて使う70cm×100cmといった小さなサイズから、リビングのラグマットとしても使用できる200cm×200cmといった大きなサイズまで、イブルはサイズ展開も豊富です。敷布団としてだけではなく、ベッドカバーやプレイマットなど色々な用途に使えますよ。赤ちゃんの成長や用途に合わせたサイズのイブルを選ぶのもよいですね。

イブルはキルティング加工されているため、カタログに記載されているサイズと実際のサイズに5cm程度の差がある場合もあります。また、素材がコットンなので、洗濯を繰り返すことにより少し縮むこともあるようです。カタログ記載のイブルのサイズは目安としてざっくりしたものと考えるとよいですね。

まとめ

おしゃれな敷物として人気のイブルは、韓国語で布団を意味する言葉で、ブランド名ではありませんでした。多くのメーカーからイブルは販売されているので、用途に合ったサイズや気に入った色柄のものを選ぶとよいですね。

アレルギーが気になる赤ちゃんでも使える清潔が保ちやすいイブルは、肌触りがよくママも思わず赤ちゃんと添い寝をしたくなるかもしれません。赤ちゃんとママのお昼寝スペースや、プレイエリアに使ってみてくださいね。

可愛いわが子の成長記録をおしゃれに残すのにも、イブルは活躍してくれそうですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND