就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの髪の毛が生えてこない!どのくらい経過を見ればよいのか

赤ちゃんの髪の毛が生えてこない!どのくらい経過を見ればよいのか

赤ちゃんの髪の毛がなかなか生えてこなかったり、生えていても薄かったりしたらママやパパは心配になりますよね。そこで、今回は赤ちゃんの髪の毛が生えてこない理由やいつまでに生えるのかについて解説します。あわせて、薄毛の予防や対策についてもご紹介します。

赤ちゃんの髪の毛が生えてこない理由は?

産毛の生え替わり「新生児生理的脱毛」

赤ちゃんの髪の毛が多く抜けて、心配しているママやパパは多いようです。しかし、これは「新生児生理的脱毛」と呼ばれるもので、産毛の生え替わりなので安心してください。新生児生理的脱毛とは、柔らかくて薄い産毛が抜けて新たな髪に生え替わることをいいます。

生まれたときの赤ちゃんの髪の毛は、妊娠3~6カ月ごろにママのお腹の中で生える産毛です。この産毛は、胎内で赤ちゃんの頭を守る役割を果たしています。

役目を終えた産毛は、生後1~2カ月ごろになると抜け始めて、6カ月前後には新たな髪の毛が生えてくるのです。抜け毛の多さに驚いてしまいがちですが、病気や栄養不足ではありません。時間が経てば生え替わりますので、安心してください。

枕にすれて抜ける「乳児期後頭部脱毛」

新生児生理的脱毛と同じ時期に、後頭部の髪の毛が薄くなっている赤ちゃんも見かけます。これは「乳児期後頭部脱毛」と呼ばれ、仰向け寝が中心の生後6カ月くらいまでの赤ちゃんに多いようです。

原因は、髪の毛が枕との摩擦で抜けるためです。寝て過ごす時間が長い新生児は、何度も頭の向きを変えることで枕と擦れて後頭部の髪の毛が薄くなってしまいます。

多くの赤ちゃんは、寝返りができるようになるころには治まってくるようです。後頭部を枕に擦ることが好きな赤ちゃんは、2歳を過ぎても頭の後ろが薄くなっていることもあります。

赤ちゃんによって乳児期後頭部脱毛がなくなるのは個人差がありますが、やがては髪の毛が生えて目立たなくなるので、心配しなくても大丈夫です。

湿疹でのかきむしりや自分で抜いてることも

赤ちゃんの髪の毛が薄くなるのは、湿疹でのかきむしりや自分で髪の毛を抜いてしまうことが原因のときもあります。新生児期から生後4カ月ごろの赤ちゃんに多いようです。

赤ちゃんの中には、頭皮に黄色いかさぶたやフケが出て髪の毛が抜けてしまうことがあります。皮脂の分泌が多くて毛穴が詰まり、雑菌が増えて湿疹ができることが原因です。湿疹でのかきむしりは一時的なもので、入浴時にかさぶたを優しくほぐすなどの正しいケアをすれば自然に改善されていきます。

また、手先を自由に動かせるようになった赤ちゃんの中には、自分の髪の毛を握って抜いてしまうこともあります。これも一時的なもので、興味が髪の毛以外に移れば髪の毛を抜く行動はなくなります。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんの髪の毛はいつまでに生えるの?

個人差があるので時期はさまざま

赤ちゃんの髪の毛は、生後6カ月ごろまでに産毛からしっかりとした髪の毛に生え替わるのが一般的です。しかし、赤ちゃんの髪の毛が生える時期には個人差があります。

生まれた瞬間からすでに真っ黒な髪の毛が多く生えている赤ちゃんがいますが、ほんの少しの産毛だけで、髪の毛がほとんどない赤ちゃんもいます。生まれたときの髪の毛の量が少なくても悩む必要はありません。

髪の毛の色についても、真っ黒な色の赤ちゃんから茶色い髪の毛の赤ちゃんまでさまざまです。成長に従って髪の毛の色も濃くなっていきますので、安心してください。

ほとんどの赤ちゃんは3~4歳ごろになれば髪の毛の質や量、伸びる速さが安定してきますので、ゆっくりと待ちましょう。

赤ちゃんによって生え替わり周期も違う

髪の毛が生え替わるサイクルを「毛周期」といいます。成人女性であれば4~6年、成人男性は3~5年をサイクルとして髪の毛が生え替わります。

この毛周期は、三つの時期を繰り返していきます。一つ目は髪の毛が太く伸びる「成長期」で、二つ目は成長が止まる「退行期」、三つ目が髪の毛が抜けて新たな髪の毛を作る準備段階の「休止期」です。

毛周期が安定するのは3~6歳ごろです。それまでは髪の毛が多くなったり少なくなったりを繰り返していきます。

大人と同じように、赤ちゃんでも髪の毛が生え替わる周期には個人差があります。赤ちゃんの髪の毛は細くて抜けやすいのでなかなか伸びないと感じることがありますが、個人差によるものなので心配する必要はありません。

3~4歳くらいまでは様子をみよう

赤ちゃんのときの薄毛はあまり気にならないママやパパでも、保育園や幼稚園に通うころになっても薄毛のままだと心配になってしまいますよね。髪の毛が多い周りの赤ちゃんを見ると、どうしても比べてしまいます。

特に、女の子は髪の毛を結うなどおしゃれな髪型に憧れるものです。もし髪の毛が少なかったり、なかなか伸びなかったりすれば、我が子に悲しい思いをさせてしまいます。

そんな女の子にはカチューシャやヘアバンドを使ってヘアアレンジを楽しんではいかがでしょうか。

ほとんど子どもは、3~4歳ぐらいまでにはしっかりとした髪の毛が生えてきます。赤ちゃんのうちは髪の毛が薄くても心配せず、様子をみていても大丈夫です。

薄毛だと将来は?予防や対策はあるのか

赤ちゃんの薄毛で将来を心配する必要はない

4歳を過ぎても薄毛の赤ちゃんは、大人になっても薄毛のまま成長するのではないかと心配するママやパパは多いようです。しかし、赤ちゃんのころの髪の毛の多さと大人になってからの髪の毛の多さはあまり関係がありませんので、安心してください。

大人の髪の毛が生え揃うのは小学校高学年から中学生ごろの第2次性徴期だといわれています。それまでは成長の途中なので、薄毛を心配する必要はありません。

しかし、まれに注意が必要な薄毛もあります。もしいつまで経っても髪の毛が伸びないようであれば、小児科や皮膚科の先生に相談した方がよいでしょう。また、4~5歳になっても髪の毛が生えてこないようであれば、先天性欠毛症の可能性があるので、受診をおすすめします。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事