就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働きをすることは当たり前?共働きが増えた理由とそのメリットとは

共働きをすることは当たり前?共働きが増えた理由とそのメリットとは

小さな子どもがいる家庭でも、パパとママが共働きであるケースが多くなってきましたね。なぜ共働きをするケースが増えているのか、その理由やメリットを知りたいと思う人も多いのではないでしょうか。今回は、夫婦共働きのメリットや仕事と家事を両立するコツなどをまとめていきたいと思います。

共働きの家庭が増えている理由とは

家計の収入を増やすため

一生懸命働くことでお給料をもらい、そのお金で毎日の生活が成り立っていますよね。共働き家庭が増える理由は、家計の収入を増やすことが目的である場合が多く、収入が増えれば毎日の生活に金銭面や気持ちに余裕が出てきます。

パパだけのお給料でも生活していくことはできるという家庭もあると思いますが、ママも働くことで少しだけ贅沢することだってできるようになるのです。旅行に行くため、マイホームの資金、将来のための貯金、どんな目的でもよいです。

子どもが保育園や幼稚園に入園したタイミングから仕事を始めるケースが非常に多くなっていますし、産休育休を利用した場合には乳幼児からでも保育園に入園し、ママは復職ということが珍しくない時代になりました。

パパの雇用形態など切実な問題が増えている

大黒柱であるパパは、正社員であることが大前提という考えが世の中では一般的です。しかし、最近では不景気な情勢が続いていることや、住んでいる地域によって求人数が少ないなどの理由で、契約社員や派遣社員などの雇用形態で働くパパも増えてきているのも現実です。

契約社員や派遣社員もしっかりとした雇用形態ではありますが、契約期限があったり、収入が不安定であったりと不安が残ります。正社員の場合でも、リストラされる可能性は0ではありませんが、契約社員や派遣社員などよりは立場が安定していますので無事に定年を迎えられる可能性のほうが高いです。

パパの雇用形態の面で少しでも不安を抱えた状態である場合には、共働きで働くことが不安要素をなくすための方法なのではないでしょうか。

女性が働きやすい社会になったこと

共働きが増えた理由として、女性が働きやすい社会に変化してきたという点があげられます。少し前までは、パパは仕事、ママは家庭というスタイルが一般的ではありましたが、今ではこの考えも古いといわれてしまうようになりました。

アルバイトやパートタイムのみならず、正社員で活躍する女性もたくさんいます。妊娠出産を機に退職せずに産休や育休を取得して復職の時期を迎えたら、お休み前と同様に仕事に戻るママも大勢います。

保育園の受け入れ体制も徐々に改善されて、待機児童問題も少なくなってきました。仕事が好きな女性は、子どもがいてもこれまで同様バリバリと仕事をしていたいと考える人も多いので、さらに多くの活躍する女性が増えるとよいですね。

共働きをすることのメリットとは

収入源が二つあるという安心感がある

共働きの最大のメリットは、金額がどうであれ収入源が二つあるということです。収入が多ければ多いほど、生活は豊かになりますし、なにより安心感があります。

パパの収入だけでも生活するだけであれば不自由しないという家庭もあるかもしれませんが、もしものことを考えると不安が残ります。もしも、というのは、例えばパパがケガや病気をして働けなくなったとき。

一時的であっても収入が途絶えてしまっては困りますよね。生活費、治療費など高額な金額が必要になるかもしれません。

共働きであれば、こんなトラブルが起きてもママの収入があるのでなんとか生活していくことはできるのではないでしょうか。収入源が二つあるということはお金の面でかかるストレスが軽減できますね。

子育てにかかる資金を貯蓄できる

子育てには本当にお金がかかります。幼稚園、小学校まではパパの収入だけでなんとかやりくりできていたとしても、中学校、高校と進学するにあたってどんどん教育費の負担は大きくなります。

塾や習いごと、子どもが行きたいといえば行かせてあげたいですよね。しかし、これらの費用は行けば行くほど家計を圧迫させる恐れがあります。また、教育費でもっともお金がかかるのが大学に行くときです。

私立大学であれば一年に百万円単位のお金が必要になりますし、子どもの人数が多ければ多いほど必要なお金も増えていきます。それらの資金も共働きであれば貯蓄しやすいですし、子どもに十分な教育を受けさせてあげることもできるようになりますね。

ママ自身のやりがいにつながる

仕事をもつママは、朝から夜まで本当に忙しくてくたくたに疲れてしまうこともしょっちゅうだと思います。しかし、仕事をするということは、社会とのつながりができて、ママ自身のやりがいにつながります。

自宅にいては出会えないような人と関わることができたり、職場で親しい友人ができることもありますよね。収入が増えることもメリットの一つではありますが、それ以上に大切なものが得られるのではないでしょうか。

一生懸命仕事をすることで、周囲はしっかりと評価してくれます。それがお給料や昇進など形となってあらわれると、より大きなやりがいにつながりますね。

仕事にやりがいをもっていると、私生活もより充実したものになるのではないでしょうか。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版