就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【第1回】3児のママがパン屋を起業!ママの背中が伝える“0”から“1”

【第1回】3児のママがパン屋を起業!ママの背中が伝える“0”から“1”

塩パンをメインにした宮城県の大崎市にある「パンツクルヒト」は、県内外から多くのお客さんが集う小さなパン屋さんです。このお店のオーナーの大友真弓さんは3人の子どもを育てながら経営をしているオーナーママ。そんな大友さんの子育てと起業についていろいろとお話を聞いてみました。

働きたいママのための第一歩【全4回】

ママでパン屋をはじめました!起業への道のり

お店をはじめるきっかけは「いつか」から「いつ」

「人からありがとう、人と話して笑顔になるのが好き。小さいときから人を笑わすのが好きだったんです。」

19歳のときに1人目の長女を出産し、その後2人の男の子に恵まれた3児のママの大友さん。子育てをしながら介護などの接客業の仕事の合間に趣味のパン作りやお菓子作りを楽しんでいたママです。いつかは、お店を持てたらなという気持ちで趣味を楽しむ1人のママが、今では人気のパン屋のママオーナーとしてお店を切盛りしています。

子どもが生まれ空いた時間に趣味のパン作りやお菓子作りなどを楽しんでいた大友さんは、作ったパンやお菓子を職場や知り合いなどに差し入れをして食べてもらえることが嬉しく、いつかはお店を開きたいと考えていたようで、育児が終わってから、子どもたちが大きくなった10年後くらいからでもいいかなと思い、日々過ごしていたそうです。

そんな話をしたときの同僚からの言葉が本格的に起業を考えるきっかけだといいます。

「いつかやりたいってさ、いつかできると思う?10年後体が動くと思う?いつかやりたいじゃ、いつかできないんだよ。あと何年後という具体的な目標を立てなさい」

この言葉をきっかけに、起業についていろいろと調べ、商工会へ相談に行ったり、食品衛生責任者の資格を取得したりと、できることを1つずつはじめたのがオープンから約3年前のことでした。

開業資金が1円もない状態でスタート

起業の準備を進めていく中で一番引っかかったのが開業資金でした。
「事業計画書を書くために、パンを焼くオーブンや機材の見積もりを取ってみると開業資金に数千万くらいかかるんです。子どもを育てなくてはいけない中、開業資金が1円もない状態でお店を始めることが果たしてどうなんだろうと」

商工会や起業について相談をしてみた中で、心強かったのが実際に開業をした人の声で、リスクも考えた上で、開業資金を借りることに。開業資金を貯めるために働いていた仕事をやめ、パン作りに集中できるようになり、オープンに向け大きく前進できたようです。

パンは、職場の人や近所のママ友のほか、遠方に住む中学時代の先生がパンの試食をするグループ「パンツクルヒト&パンクウヒト」を立ち上げ協力するなど、様々な人が試食を重ねて完成しました。店舗名は恩師が作ったグループ名を由来とした「パンツクルヒト」に決まりました。

パン屋のオープンと家族

パン屋をオープンする前は、共働きをしており、子どもは学校が終わったら児童館に預けている生活を送っていました。

そんな中、児童館に馴染めない子どもの様子に「そこまでして働く必要があるのか」と仕事と子育てについて考えるようになった時期もあったようです。また、近くに住む義理の父の体調もよくないという状況も重なり、嫁としてママとして何かできることないかと考えたとき、そばにいてあげることが一番いいとの思いからお店は自宅横にオープンすることに。

ママがパン屋をはじめることに家族の反応は様々。

「子どもは『学校が終わったら児童館行かないで帰ってきていいんだよね?』と喜んでいました。昔はおじいちゃんやおばあちゃんが家にいて児童館とかに行く子も少なかったのかなと思うんです。やっぱり、家に誰かいるのって安心するんだろうなと思いました」
また、オープンのタイミングは、長女の受験を考え中学2年生の年を目処に進めることになったそうです。

「パパには、最初『パンのことは何もわからないから相談しないでくれ』って言われました。本当にやるとも思ってなかったと思います。準備が進んでいき、お店の配置が決まったときに、本当にやるんだねとそこで実感したみたいです。パパは、反対よりも不安だったんだでしょうね。」

仕事をしていても家の横で、ママがいるということは家族にとっても安心できる環境になります。それとともに、家族がいるからこそ、覚悟を持ってやらなければいけないのも起業をすることの大切な部分になっています。
47 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事