就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子のおむつ替えをパパも学ぼう!気をつけたいことやポイント

女の子のおむつ替えをパパも学ぼう!気をつけたいことやポイント

女の子のおむつ替えのポイントとは?

前から後ろに向かって拭こう

赤ちゃんのお尻に汚れが残らないようにきれいに拭こうとして、うっかり色々な方向から拭いてしまった経験はありませんか?女の子はおしり拭きを前から後ろに向かって拭くことがおむつ替えの大事なポイントになります。

女の子は、尿道や膣が近いため、外部からばい菌が入りやすいのです。ばい菌が入ってしまえば、発熱することもありますので、清潔なおしり拭きを使いましょう。前から後ろに拭くのは、おしっこのときもうんちのときも同じですよ。

おしっこのときのおむつを替えるのに抵抗がないパパも、うんちのときはばい菌を入れてしまってはいけないからと嫌がることがあるようです。前から後ろに向かって拭く方向が間違っていなければ、心配しないで大丈夫ですよ。

割れ目やシワの間もキレイにしよう

女の子のおむつを替えるときは、割れ目や足の付け根のしわの中に汚れが入っていないか確認してきれいに拭くことも大事なポイントです。おしっこだけのときも、うんちのときも同じように割れ目やしわの間も拭くと赤ちゃんも気持ちよいでしょう。

割れ目はおしりふきをうまく使って、中まで汚れていないか確認しながら拭きましょう。ひだの中に汚れが残っていると、そこから炎症を起こしてしまう危険性があります。

清潔にしなくてはとごしごしと拭くことや、長時間ずっと拭き続けることは赤ちゃんの肌によくありませんので、やさしくサッと拭きましょう。パパが忘れずに割れ目やしわの間に意識を向けて拭いていたら、汚れが残ることはありませんので、大丈夫ですよ。

上手に拭けているか不安なときはお湯で洗う

少し下痢気味のうんちをしたときは、きちんと拭けているのか心配になりますよね。そんなときは、お尻だけをお湯につけて洗ってあげましょう。

お尻だけお湯につけて洗うことを「座浴」といい、おむつかぶれにも効果的です。大きめの洗面器でも、ベビーバスでも構いませんので、お湯をはります。肛門や尿道のまわりはせっけんで洗い、ひだの中は手でやさしく開いてシャワーをかけてあげましょう。

おむつ替えのたびに座浴をするのは大変でしょうから、気になったときのみするとよいですね。下痢気味のときなどに、おしりふきで何度も拭くと肌が摩擦によって痛くなり、赤ちゃんが不機嫌になることがあります。下痢気味のときも座浴はよい方法ですね。

まとめ

ママが大変なとき、パパがおむつ替えをしてくれたら大助かりです。パパがおむつ替えに自信が持てたら、赤ちゃんとのお留守番もスムーズですね。

新生児のおむつ替えは1日に10回を超えることがあるかもしれませんが、次第に頻度は少なくなるでしょう。赤ちゃんの肌は敏感ですから、こまめにおむつ替えをして、肌の様子も変化がないかチェックをしましょう。早めに病気に気が付いたら赤ちゃんもママも大変さが軽減されます。

ポイントを押さえておむつ替えができたら、赤ちゃんもパパに素敵な笑顔を見せてくれるかもしれませんね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND